FC2ブログ
2006 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2006 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
準備
2006/09/30(Sat)


明後日の愛人C氏との逢瀬には前々日から準備がいる。

C氏は私のカラダを縛り上げた上に、前もアナルも全て責めないと気がすまないから。

愛人B君も、最近は彼氏も私のアナルで楽しむことがあるのだけれど

C氏ほど執拗にオモチャや自身で責めはしない。

前々日の夜に薬を飲み、前日一日かけて中をすっきりさせておく。

C氏との逢瀬はいつも日曜だから、土曜出勤している仕事先で、

こっそりとウォシュレットを使って、まるで一人で秘め事をするように処理をする。

水流がアナルを責めるたびに、翌日のC氏からの責めを妄想しアソコまでも淫らに

とろけてしまい、どちらもC氏の責めを受け入れる準備がすっかり整ってしまう。

あとは...心の準備をするだけ。

この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
裏腹
2006/09/27(Wed)


いつものように出張先から、愛人C氏からのメールの雨が降り続く。

今週末の逢瀬のためにわざわざ木製パドルまで購入する熱のいれよう。

土曜の夜からホテルで過ごし、場所をかえて日曜一日逢いたいという申し出に

心はNOでカラダはOK。

結局、心を優先して日曜だけの逢瀬にしてもらった。

それでも、カラダは甘い痛みと不自由さと開放感を伴う快感を思い出して

疼きはじめる。

愛人B君とのような心もカラダも開放感いっぱいの逢瀬も素敵だけど

心とカラダが裏腹な、ふらちな気分で身を任せる逢瀬もたまらなく美味なのは

やっぱり私のM性のなせるワザなのか。


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
余韻
2006/09/18(Mon)


昨日は久しぶりの愛人B君との逢瀬。

ホテルのフリータイムをフル活用して10時から17時までゆっくり過ごした。

駅近くのカフェで待ち合わせて、いつものホテルに直行する。

もとはオフィスマンションだったものを改装したこのホテルはフロントスペースも

落ち着いた雰囲気で、秘密クラブで背徳的な時間を過ごすような気分にさせてくれる。

いかにもいかがわしい猥雑な雰囲気のホテルも嫌いじゃないし、むしろそういう

ムードを楽しみたい時もあるのだけど、B君との時間には落ち着いた雰囲気を

選んでしまう。

下手なビジネスホテルよりずっと広くも内装もしっかりしている部屋に入ると

まずはB君から渡される媚薬をカフェで持ち帰りしたアイス・ティーで流し込む。

媚薬がカラダに染み込むまでの時間を利用してシャワーを浴び、お互いに

持ち寄ったオモチャや革パドルをベッドサイドに用意する。

そのままプレイに突入することもあるし、B君の膝の上や四つんばいになって

スパンキングされたり、今回は私のリクエストで軽く手首を拘束して目隠しを

した状態でベットに転がされた。

仰向けにされ下半身を大きく広げた状態でB君が間にカラダをいれて

私の敏感な部分に顔を近づけているのが彼の息遣いでわかる。

徐々に媚薬が効き始めたのか頭の芯が少しぼやけて、心臓の鼓動だけが

はっきりと感じられる中、視覚以外の感覚が研ぎ澄まされて、彼の次の行動を

ドキドキしながら待ち受けていた。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
結局
2006/09/16(Sat)


会社大好き&仕事大好きな彼氏君は都合がつかず日曜はフリーに(^^;

代わりに風邪気味だった愛人B君が野菜ジュース大量摂取&睡眠を取って復活☆

スケジュール的に元のさやに戻ったって感じかな。

明日は朝から夕方までB君とラブホでまったり逢瀬を過ごせそう。

クールでクレバーな彼との会話も楽しみだし、オープンにエッチを楽しむ

スタイルも久しぶり。

さぁ明日は日ごろのことを忘れて楽しもう。

C氏からの、雨のように降ってくるラブメールもちょっとお休み

携帯の電源を落として、世間の雑音をシャットアウトして

二人だけの空間で心もカラダも開放しよう。


この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
優先順位
2006/09/16(Sat)


恋人ひとりに愛人3人、お互いそれぞれ仕事やプライベートも忙しくて

それぞれとの逢瀬も月に一度、スケジュールを合わせて「その時」を楽しむ関係。

でも、時たまどうしてもスケジュールが重なってしまう時がある

そんなときは・・・・やっぱり自分の気持ちに素直に優先順位をつけてしまう

普段はほぼ平等に彼らとの逢瀬を楽しんでいるけど、このときばかりはやっぱり

恋人である彼を優先してしまう。つくづくゲンキンな女心☆

実は彼と愛人A氏は同じSM出会い系で知り合って、同じ4年間を過ごしたけれど

A氏には妻子があったことと、プレイ以外にお互いの共通項を見つけられ

なかったことがA氏と彼氏との違いを決定づけたみたい。

それでもA氏と過ごす逢瀬は私にとってスパ欲を満たしてくれるかけがえのない

時間だからこの先も大事にしていくつもりだけど。



実は今週末は愛人B君との一ヶ月半ぶりの媚薬プレイ逢瀬♪

すごく楽しみしていたけれど彼氏から予定伺いのメールが入ってきてしまい・・・(--;

もし彼が大好きな会社に行かず時間を作るなら、やっぱり私はB君との時間を

延ばしてしまうだろう。

これが惚れた弱みってことなのかも(^^;

そ・の・か・わ・り! 彼氏にはたっぷり苛めてもらうつもりだけど、ネ。


この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに
2006/09/04(Mon)


愛人C氏と逢瀬を楽しんできた。

とはいえ先月にもちゃんと逢っていたんだけど。

体調不良と精神的に「書きたいモード」からかけ離れていたのでブログはお休み中。

その間に彼氏&愛人A氏&愛人C氏としっかり楽しみました。

おかげでだいぶ元気になったみたい♪

気持ちのいいエッチは気持ちの活力源だなぁとつくづく実感。

ただ...愛人C氏のテンションのバランスが崩れてきてるのが、ね。

「一人恋人祭り」&「一人ご主人様祭り」になりつつあるのがちょっと頭痛の種(--;

残念ながらC氏には「恋人役」も、ましては「ご主人様役」もお願いした覚えは

ないんだけどなにか勘違いさせてしまったみたい(><)

逢っているときはお互い恋人同士と言うのはまだわかるんだけど、C氏の「奴隷」や

「M女」って言われてもまるでその気がないし、そういう風に接していたはず

なんだけどボタンが掛け違ってしまったみたい。

気まぐれ猫は「その場限りのペット」にはなれても従順な奴隷やM女は到底

無理な話だからそろそろC氏のテンションを軌道修正させないといけないかなぁ。



この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。