FC2ブログ
2007 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
つるつる 2
2007/09/29(Sat)


久しぶりにアンダーヘアーの処理をした。

愛人B君との最後の逢瀬から1ヶ月近く経ち、海外出張などもあって

すっかりご無沙汰にしていたら、ウインブルドンのセンターコート並みに

しっかり生えそろってしまっていた。

明日の久々な逢瀬に対応するべく、きっちり処理をするため

まずは愛用の泡ソイエをフル充電する。

soie

(私の愛機は左側のライトグリーンです♪)

バスルームでボディーソープを泡立て、アソコにたっぷり塗った。

泡ソイエにも直接ソープを垂らし、水で濡らして電源を入れると

見る間に泡が吹き出してくる。

泡だらけのソイエヘッドを芝のコートにあてがい動かしていく。

ブチブチブチと言う景気のいい音と共に、肌が引きつれ感電したような

痛みが襲ってきた。

「うぅ…いったぁっ….」

やはり久々の処理はカラダがすっかりその痛みを忘れてしまうようで

余計に痛く感じてしまう。

が、しばらく唇を噛みしめ堪えているとようやくカラダがその痛みを思い出し

これ以上の痛みは来ないのだと認識すると、とたんに安心感からかその痛みが

薄れてくるから不思議なものだ。

一週間ごとくらいに処理をしていれば、カラダが痛みを忘れることなく

「軽い痛みを伴う刺激」くらいにしか感じなくなる。

それどころか、私の場合その刺激が痛気持ちいいように感じきて

芝の徹底伐採をするのが楽しくなってきさえするのだ。

そうこうしているうちに一面に生えていた芝のコートがすっかり

つるつるのスケートリンクに早変わり。

何度か手のひらでなでまわすようにしてチェックしたら伐採完了。

ついでにワキも足も処理して、なんだか一皮剥けた気分。

後は今日一日かけてお腹の中をすっきりさせ、夜には持って行くオモチャの

メンテナンスと電池類を補充すれば準備万端整うはずだ。


逢瀬前のひとときは、うきうきと航海道具を手入れする出港前の

船乗りのような気分かもしれない。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 まとめ
2007/09/28(Fri)


とうとう年をまたいでなんとか終了した愛人欠員募集の実技面接 四の巻【ウール】

途中まで表題【ウール】の意味が明かされず、そのベールを脱いだ途端

女性陣の悲鳴(歓喜?恐怖?)が寄せられました~♪

ここで簡単にウールなダルマ氏(通称)のプロフ紹介。


■46歳(2007年5月現在) 173x76 既婚 都内在住 

職業 : ITデザイナー

嗜好 : スパンキングにちょっと興味のあるご奉仕され好きライト系エロ・サディスト

スパンキング・テクニック : Good

得意技 : ウール(純毛)責め 乳首舐めさせ責め など

特典 : 毛深い男性が好きな方には堪らないボディのダルマ氏
      そのウールに埋もれた乳首をかきわけ好きなだけ舐めることができます。


服装はイタリアちょい悪系、でも顔の雰囲気は「ダルマさん」でずんぐり色黒な和風。

年齢、身長体重はそれぞれちょっとサバを読んでる感じの少しきどった風な中年男性。

サディストと言うより「ご主人様」、いや「王様」願望が強いタイプ。

M奴隷にかしずかれ、全身ご奉仕をしてもらうのが大好きなマグロ系S。

「淫乱で貪欲な女は痴女的で、相手かまわず自分からむしゃぶりついてくるものだ」と

信じて疑わないエロオヤジな面も。

スパンキング自体は「ぱぱのお仕置き」ムードがあって、なかなか。

ただし、スリッパのかかと部分でのスパはかなりハード。

全身ウール(純毛)に覆われているので、抱きつかれると春夏時はかなり暑いという難点も。


★ダルマ氏との実技面接(お試しプレイ)詳細はこちら★
  注) 文中に出てくる『杏(仮)』は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一
面接 四の巻 「ウール」 中の二
面接 四の巻 「ウール」 中の三
面接 四の巻 「ウール」 中の四
面接 四の巻 「ウール」 中の五
面接 四の巻 「ウール」 中の六
面接 四の巻 「ウール」 下

<記事UP時:2008/02/09>


この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ニンジン
2007/09/28(Fri)


帰国早々逢うはずだった彼氏君との逢瀬がドタキャンになり

その上、仕事で缶詰にされて半分腐っていたところへ

愛人B君より帰国伺いのメールが届いた。

「そろそろ帰国してますか?ずっと逢ってなくて悶々としてます。」

おぉ、ナイス・タイミング♪

私もちょっと疼いてたとこだよ。

「急だけど、今週末はどうですか?良ければ連絡よろしく。」

うん、大丈夫。何とかしちゃうから。

疲れ切って膿んでいた頭が、霧が晴れてくようにすっきりと覚醒する。

目の前に魅力的なニンジンをぶら下げられたような気分だ。

オモチャの手入れ、ヘアーの手入れ、久々の逢瀬準備に心が躍る♪

まずはエンジンを掛け直して、この仕事の山をやっつけよう。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 下
2007/09/28(Fri)


『ダルマさん』から『冷凍マグロ』に変身したダルマ氏の、薄っすらと湿った上半身を

ウール(体毛)をかき分けつつ乳首を愛撫し、同時に私の小さめな手にすっぽりと収まる

小振りなモノをかなり長い間刺激していたが、、ダルマ氏の方はいっこうに次のステップに

移行する気配がない。

多少でも相手に対して情でもあれば、こういう一方的な展開も悪くはないが

今日がお初の相手では、元々責め好きなではない私がそこまで気分が乗る訳もなく

せっかくスパンキングで盛上がったカラダもすっかり冷め気味。

完全にお任せマグロモードを堪能しているダルマ氏のモノを握りながら

さてどうしたものかと思案した。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一
面接 四の巻 「ウール」 中の二
面接 四の巻 「ウール」 中の三
面接 四の巻 「ウール」 中の四
面接 四の巻 「ウール」 中の五
面接 四の巻 「ウール」 中の六

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の六
2007/09/28(Fri)


ベッドサイドから私を見下ろしていたダルマ氏の身体は全体に浅黒く

そのほとんどが黒々としたウール(純毛)で覆われていた。

確かに服を着た状態でも手の甲がふさふさとしていたが、まさかそこまでとは

想定外のことに一瞬固まってしまった。


「さぁ、まずは舐めてもらおうかな。」


あ、あぁそうだった。ご奉仕系のことをして欲しいんだったよね。

その言葉で我に返り、視線をウールから黒いビキニに移した。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一
面接 四の巻 「ウール」 中の二
面接 四の巻 「ウール」 中の三
面接 四の巻 「ウール」 中の四
面接 四の巻 「ウール」 中の五

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の五
2007/09/28(Fri)


「杏(仮)、これから俺の言うことを聞くと約束できるかい?」

ダルマ氏の想定外の問いかけにとまどい、どう答えたものか迷い

肩越しにダルマ氏の顔を見つめた。

私の沈黙を意味を察したのか少し言葉を付け足した。

「汚れることや傷つけることはしないから、安心していいよ。」

あぁ...それなら『ご奉仕系』のことを要求したいんだな。

それとも『拘束系』か?

「約束できなければ、お尻がもっと腫れ上がることになるよ。」

まだ少々迷っている私に圧力をかけるように硬く腫れ上がりかけたお尻の表面を

下から上へすぅーっと撫で上げた。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一
面接 四の巻 「ウール」 中の二
面接 四の巻 「ウール」 中の三
面接 四の巻 「ウール」 中の四

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の四
2007/09/28(Fri)


ダルマ氏の、思いの外がっちりした膝の上で下着を剥かれ外気に肌をさらしながら

次の一打を待つほんの1-2秒がまるで何分にも思えてくる瞬間。

振り返らずとも感じる気配で、ダルマ氏の右手が振りかぶられたのが分る。

枕に顔をうずめ両手はしっかりとシーツを掴んでいるが、背筋がぞくぞくとうずいてくる。

次の瞬間、お尻のちょうど真ん中辺りに弾けるような衝撃を感じ、背中が反り返った。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一
面接 四の巻 「ウール」 中の二
面接 四の巻 「ウール」 中の三

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の三
2007/09/28(Fri)


ダルマ氏が案内してくれた店から歩いて5分ほど、そこはいわゆるホテル街。

「河岸を変える」とは言ってももちろん飲み直す訳ではなく

大仰な門のあるちょっとレトロなタイプのラブホに入った。

中は思ったより小綺麗でかなり広めなタイプ。

最近リフォームしたのか水回りも新しく、アメニティも充実していた。

いつものクセで、ついあちこち室内をチェックをしていた私の後ろから

ふいにダルマ氏ががばっと覆い被さるように抱きしめてきた。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一
面接 四の巻 「ウール」 中の二
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の二
2007/09/28(Fri)


待ち合わせ場所は駅ビルの向かい、1Fにカフェの入っているビルのロビー。

カフェの入り口に近い柱にもたれ、道を行き交う人々を見るともなしに眺める。

最初の面接の待ち合わせで、私はいつも自分から相手を探すことはない。

先に服装と髪型、バッグの形状まで知らせてあるし、なにより見た目で言ったら

相手が私をみつける方が数段楽なはずだから。(激ポチャな為)

初めて逢う応募者に対して、あまりイメージを持たないようにしているのも

理由の一つかもしれない。

「今電車に乗ります」のメールから約15分後、近くに人の気配を感じて振り返った。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上
面接 四の巻 「ウール」 中の一

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の一
2007/09/28(Fri)


半分勢いで決めてしまった実技面接の日程、土日に他の応募者との面接を

入れてしまったため前日に最終確認が取れず当日を迎えた。

当日の朝、取り急ぎ最終確認のメールを入れる。

が、午前中いっぱい待っても返事がない。

さて、どうしたものか。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 上
2007/09/28(Fri)


実技面接四人目と初めて逢ったのは、二人目の候補者「パパ」と三人目の候補者

「ガチムチ氏」との逢瀬が期せずしてダブルヘッダーになってしまった週末明け

早々のことだった。


      注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仕事奴隷 3
2007/09/25(Tue)


半分時差ぼけの頭で今日から何とか出社。

惚けた頭で仕事しても仕方ないので緊急案件だけすませて

とっとと帰ろうと思ったら新着メールが200通超えていてぐったり (--;

運良く入れ替わりに上司が出張に出ていたので、報告レポートは後回しにして

先々週のやりかけ仕事とメール対応に終始しているのだが終わりゃあしない。

そりゃそうだ、一通を各3分で処理したって10時間かかるんだもの。

ぶつぶつ文句をいいながらアウトルックとにらめっこしていたら

隣の同僚が一言。

「出張前にためてたメールの返信、いっぺんに50通も出すからでしょ。」

はぁぁ…..はいはい、仰るとおりです。

でも出さないで出張に行ったらそっちに被害が及ぶでしょうが。

こんなに同僚思いなんだから、もう少し優しい言葉とか….ま、無理か。

しょうがない、今日は内容だけ見て火を噴いてるものだけ返信して帰ろう。


と言うわけで、欧州出張よもやま話&実技面接レポートの続きは

もう少々お待ちくださいませm(__)m

この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無事帰国
2007/09/24(Mon)


なんとか帰還いたしました。

帰ったとたん、こちらの暑さで倒れそうになりました(*o*)

ようやく昨日から涼しくなってくれてやれやれです。

出張の間、そこそこ面白いこともあったので

忘れない内にちょっとレポートする予定です。


で、帰国早々に彼氏君との逢瀬♪

出国前にバタバタと出かけたため、修羅と化した部屋を

これから片付けないといけません(T-T)

「また、片付けて行かなかったの?」

なんて言われてお仕置きされるのはちょっと嬉しいけど♪

いまから心とお尻がうずうずします☆


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
国外逃亡
2007/09/13(Thu)



今週末から一週間ほど出張のため欧州某国へ行ってまいります。

(泡系ワインを死ぬほど飲まされる予定です(^^;)

前準備などでバタついてしまうため、実技面接レポート

【四の巻】【伍の巻】は無事帰国してからのUPになりますので

よろしくご了承いただけますよう伏してお願い申し上げますm(__)m


この記事のURL | ひとりごと | CM(12) | TB(0) | ▲ top
眠り猫
2007/09/10(Mon)


先週末、めずらしく連休を取った。

と言っても泊まり逢瀬や連チャン逢瀬とかではなく、完全フリー。

土曜は来週の出張準備で実家にスーツケースを借りにいったり

病院に気管支炎の薬を多めに出してもらいにいったり。

一日飛び回って部屋に帰ったのが深夜になった。

日曜は溜まった洗濯をたっぷりこなし、はためくシーツをながめて

ベッドでゴロゴロしているうちにそのまま爆睡。

気がついたら日が傾いていてびっくりした。

薬を飲んでいたとはいえ、それはないだろうと思ったが

まぁ、今日は休養日と思い直してまたベッドへ。

少しうつらうつらしてたら、本格的に夜になりそうだったので

慌てて洗濯物を取り込んで、その勢いのまま買い物にでかけた。

これだけ寝たら夜は寝付けないだろう…と言うことは

私には当てはまらず日付が変わる頃にはまた眠くなりそのままダウン。

この特技があるので飛行機で12時間なんて出張も

爆睡したまま到着なんて荒技が効くのだけど。


週末さんざん惰眠をむさぼったのに、どうして今日も眠いのかは...謎だ。

この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏休みの宿題
2007/09/03(Mon)


夏休みの宿題、間に合いませんでした。

今週末に【実技面接シリーズ】を少しでも書き進めようと思っていたものの

外出した上に帰りにまた性懲りも無くHMVに寄ってしまったのが運のつき(--;

ちょっと気分転換しようと入って、足の疲れでふと我に帰ってみると

もう2時間以上経過している!(*o*)

ぜったいあそこは時空がねじれているに違いない...ぜったい!

なんて言い訳、小学生並みだなぁ(--;


と言うことで、【実技面接シリーズ】の続きをお待ちの奇特なお客さま

申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちくださいませm(__)m


この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スパンとスパ
2007/09/01(Sat)


スパンとは距離・期間・長さなどを表し

スパとは温泉など水による健康を意味する...


のとは別に『スパンキング』の縮めた言い方だったりする。

最近は「スパン」と称されることの方が多いようだ。

が、ことスパンキング・マニアの中では「スパン」と言う言葉を

使うことは極々まれ、いやほとんどないと言っていいかもしれない。

スパンキング・マニア(スパ人やスパンコとも言う)とは

自分のことをスパンキー(キー)またはスパンカー(カー)と言い

OTKとかベンド・オーバー、ディシプリンなどという言葉が

まるで日常会話のごとく通じる種族だ。


旅行雑誌の温泉特集「スパ天国」や、パスタ屋のメニューの

「和風ツナスパ」や「スープスパ」などと言う言葉に異様に反応し

スパ・チャットなどでのスパ人同士の自己紹介は

「東京在住の大学生、お仕置きスパ派のキーです♪」とか

「関西出身の会社員、ラブ・スパもOKなカーです。」となる。


かくいう熟桃もどっぷりとその水に浸かっている一人。

なので、最近普通に見かける「スパン」と言う言葉に妙な違和感を

ついつい感じてしまう。

確かに「スパンキングをする」と言う意味の動詞は「Spank~スパンク」で

ネイティブが発音すると「スパン」に聞こえたりもするのだが。

この違和感、例えて言うなら「ブラジャー」のことを「ブラ」と言わずに

「ブラジ」 と言われているような感じと言ったら伝わるだろうか。

「xxちゃんのブラジのサイズ、いくつ?」みたいな。


とは言え、泡の出るワインをぜんぶ「シャンパン」と言ったり

ディズニー・ランドのことを「デズニー・ランド」と言ったって

まぁいいじゃない♪みたいな大勢に影響のない話だけれど。


ちなみに今日のブラジの色は薄いマリン・ブルーです☆


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。