FC2ブログ
2007 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
病い猫
2007/11/30(Fri)


この年末の忙しい時期真っ只中に、胃腸にくる風邪にやられてすっかりダウン。

こういう時は体力と一緒に気力も持ってかれてしまうから何もする気になれず

ただひたすら布団の中でごろごろと丸くなる。

もう少し、もう少ししたら....復活する、たぶん。

それまでは、もう少しだけコタツの中の猫のように丸くなってじっとしていよう。

この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
オオカミ少年
2007/11/26(Mon)


珍しく今週は月曜筋肉痛症は発症せず。

昨日まではあちこちギシギシいっていたが午前中いっぱい爆睡し

早めにビタミンとプロテインサプリを摂取したためか

二日目の今日はけっこうすっきり。

次回もこの手でやってみよう。

とは言え、さすがに来月は年末でバタバタ。

今月のように毎週末逢瀬は無理なのでほとんどの週末は

カラダのメンテと休養にいそしむことになるだろう。

宿題【実技面接シリーズUP】もたまっていることだし

書きかけの記事も仕上げてしまいたい。

が、なぜか今回【四の巻】はなかなか筆が進まず停滞中。

どちらにしても、ここを頑張らないと次にいけない訳だし…

気を入れますか(かけ声だけ?^^;)


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
以外と高い?
2007/11/25(Sun)

能力メーカー
熟桃の能力 


『羞恥心』がこんなにあるとは!(*0*)

それにしても『フィジカル』低すぎ~(^^;

だから月曜筋肉痛症になるのか....(--;

今回は日曜筋肉痛症だけど(^^;

さすがに今日はしんどくて午前中爆睡。

なのに友人に引っ張り出されてこれからワイン会へ出席(^^;

こういうところが『おバカさ』なのかも~

いつになったら【実技面接シリーズ】が完結するのか...orz

ご興味のある方は→能力メーカー


この記事のURL | 占い・診断・あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪帰り
2007/11/24(Sat)


ようやく雪籠もりから帰還。

すでに少々筋肉痛。

まさに籠もりきりで、あちこちに縛られ

拘束されて叩かれたり、嬲られたり

カラダも心も倦んだようにぐったり。

帰りの車の中ではほとんど口もきけず

半分寝ながら帰ってきた。

今晩はこのまま、夢の中へ。

この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雪籠もり
2007/11/23(Fri)


前回さんざん楽しかったと吹聴したお陰でまたこの前の別荘を再度借りることに成功♪

これから愛人B君の車が待つターミナルへ大きな荷物を抱えて出発。

やっぱりお泊まり逢瀬はちょっと環境が変わった方がより楽しい。

この前よりはずっと寒いだろうから防寒具もばっちり用意。

とはいえ、どうせ室内籠もりきりで1日半過ごすことになるのだけど。

例の【実技面接シリーズ】は帰ってきてから取りかかることにしよう☆


この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
3万アクセス感謝
2007/11/22(Thu)


この前(3ヶ月前)2万を超えたなぁと思っていたら早いものですね~(*o*)

これも日頃、お越しいただいている皆様のおかげ、ありがとうございますm(__)m

ちょうどgooブログからFC2に移転して1年、素敵な節目になりました。

移り気で飽きやすい性格の自分が亀の歩みながら、なんとか続けてこれたのも

皆さんが刻んでくださる毎日のアクセスのお陰なのだなぁと改めて思い

感謝の意をここに表させていただきます。

木枯らしの吹き始めた作今、みなさまもどうか御身大切になさってくださいませm(__)m


熟桃

この記事のURL | ひとりごと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
幸運は忘れた頃に
2007/11/21(Wed)


最近また新しく素敵なブログ(Slave-Spirit様 オリエンタルチョコレート様)な方々と

お付き合いができ、コメントをいただいたりリンクさせていただいた関係で

新しいお客様がいつもの2-3割増しでいらっしゃっているようです。

中にはやっぱり奇特な方がいらっしゃって、きっちり最初から読んでくださったり。

面白いのがけっこう前の記事に拍手がついていたりすること。

書いた本人がすっかり忘れているような(^^; そんな懐かしい記事に

拍手をいただくと、また一味違った感慨深いものがありとても嬉しいもの。

また特に明記はしてこなかったけれど、気になる記事があれば

新旧関わらずどこにでもお好きなところにコメントをどうそ♪

必ず見つけてお返事させていただきます♪(いらない?^^;)

ただし『女優xxxの衝撃セミヌード!』などの宣伝コメの場合は

すみやかに退場していただくことになりますが(^^;


嬉しい拍手をいただいたので、また気を入れて【実技面接シリーズ】を

完結させないといけませんね~(^^;


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
冬の嵐
2007/11/20(Tue)


先週日曜のお仕置き逢瀬、私のなまったカラダには余程ハードだったらしく

昨日に引き続いてまだ筋肉痛が取れずに苦しんでいる。

四肢の筋肉痛に続いて、昨日の午後から腹筋までつれてきて笑うに笑えない。

そういう時に限って社内でトンチンカンなことをしでかして、人を腹痛に

陥れる輩がいるのでおちおち気も抜けない。

本当は昨夜は早めに帰ってゆっくり静養するつもりが、急遽接待に借り出されて午前様。

和食好きなスペイン人と小料理屋で食事だったから、そんなにヘビーではなかったが

やっぱり睡眠不足はお疲れ気味のカラダにけっこう応える。

で、今日も接待で深夜帰宅予定。

もちろん週末の連休は愛人B君との逢瀬の予定がしっかり入っている。

なんだか【夏の嵐】が私の体調不良で不調に終わった分、そのしわ寄せが

【冬の嵐】となって押し寄せてきたようなかっこうだ。

ちょうど彼氏君が長期出張なのが幸いと言うか、なんと言うか。

あんまり疲れすぎるのも本末転倒.......だけど心はしっかり満たされてるのだから

まったくもって始末に負えない。


貪欲もほどほどに、だ。

この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
成り下がり
2007/11/19(Mon)


矢沢栄吉の自叙伝に『成り上がり』というのがあったような気がするが

最近SM系ブログで良く見かけるのがその逆の『成り下がり』

女性のM奴隷さんが女性的な心情を露わにすることを『女に成り下がる』と

表現されている。

もしこれが男性のM奴隷さんだったら『男に成り下がる』ということだろうか。

総合的に言うと『人間に成り下がる』と言うことになる。

うん?奴隷って人間より上に位置するものなのか?

奴隷とは人間扱いされない不幸な人々のことを言うものだと思っていたのだが....

『女に成り上がる』または『男に成り上がる』の方がしっくりくるような気がする。

人間に成り上がり、もう一度人の心を取り戻してよく見てみると、

あら不思議、完璧と思っていた相手のアラが見えてくるかもしれない。

『人間』である限り、完璧な人間などいないのだから。

この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
休日の夜
2007/11/18(Sun)


休日の夜は、明日の準備を早々に済ませお気に入りのCDをかけて

爪のお手入れか美容パックでもしながらネットサーフィン...

なんて洒落こみたいとこだが、新愛人氏とのお仕置き逢瀬の後だとそうもいかない。

PCの前に座っているだけでお尻はジンジンと痛むし、全身倦んだようにだるい。

たぶん明日は持病の月曜筋肉痛症が発症しそうだ。

なにしろお仕置きだけで膝上スパ1時間+拘束スパ1時間の念のいれよう(--;

今回はそれだけじゃなく脅威の拘束状態、連続指責めですっかり声が八代亜紀。

いや、あれは指じゃない。第二のペニスと言った方が正しい。ぜったい。

長くしなやかな両指で、クリとポルチオとGスポ同時責めなんて酷すぎる。

もう、情けない悲鳴と喘ぎ声をあげつづける以外、私にどうしろ言うのか。

それも「も、もう無理!」「いや!いやぁっ!」「助けてぇ!」と叫び続けても

知らぬ顔で拘束した私を弄び続け、ズリズリと掻きまわし悲鳴を絞り続ける。

思考能力と視野がどんどんと狭まり、二本指がぐりぐりと回転しGスポをえぐりながら

ペニスのように出し入れされる度、遠慮なしの大きな悲鳴をあげ、陸に打ち上げられた

魚さながら大きく口を開け荒い呼吸を繰り返す。

カラダの内奥から溶かされるような情動に翻弄され頭の中が真っ白に染まっていった。

新愛人氏は自分の指に踊らされて、のけぞり悲鳴をあげつづける人形を

飽きずにそのまま1時間以上も弄りつづけたのだ。


さすがの私でも、いつものような休日の夜は過ごせそうもない。

ここは無理せず早めに床に着き、明日の病状を少しでも緩和しておかないと。

もちろん、まだ熱を持つお尻をかばって枕を抱きしめうつ伏せに休もう。

この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宣戦布告
2007/11/16(Fri)


昨日は久しぶりにダーリン(彼氏君)からの電話で浮かれていたら

新愛人から週末の逢瀬について気合いの入ったメールが届いた。


この前は平手中心だったから時間が短かったけど、今度パドルと半々にして
ばっちりお仕置きするからね!』



え?

短かった?

確か1時間連続で叩かれたような記憶があるんだけど....


『膝の上で真っ赤に腫れ上がるほとお仕置きしたらソファに拘束して
泣き叫ぶくらい叩くよ!覚悟しなさい。』



げっ!

新愛人氏なら.....やりかねない(><)

そう言えば新しくマジックテープ系の拘束具を買ったとかなんとか言ってたし。

愛人C氏なら、私が甘えればすぐに手加減(スパに関しては)してしまうけど

新愛人氏は私が甘えようが、許しを請おうが、悲鳴をあげようがお構いなし。

その徹底ぶりがスパンカーらしくって好きなんだけど。

それに拘束されてのスパは、実はまだ未経験。

本格的な懲罰系スパンキングでは当たり前のことだけど

完全に身動き取れない状態でのお仕置きは肉体だけでなく

精神的にもかなり追い詰められそうだ。


怖さ半分、好奇心半分。

うずくスパンキー心は止められない。


なんだか、とんだ【バースディ・スパンキング】逢瀬になりそうだ。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
年に一度
2007/11/15(Thu)


歯が浮くような甘い言葉は苦手なくせに

蜜がたっぷりつまったような態度も苦手なくせに

時には、たった一言の言葉が欲しくなるときもある。

それは気まぐれな風の便りのように届くメールではなく

遠く離れたかの地で孤軍奮闘する彼から

小さな受話器を通して耳元でささやかれる一言。

「誕生日、おめでとう!」


年に一度の私のおねだり。


この記事のURL | ひとりごと | CM(10) | TB(0) | ▲ top
スカイダイビング 後編
2007/11/14(Wed)


ソファに押しつけられ、愛人C氏の愛撫を受けながら耳元で選挙の宣伝カーのように

「大好きだよ、熟桃」「大好きだよ」と何度も何度も繰り返され、ローターで

せっかくカラダが熱くなっていくのを、その度に気をそがれて中途半端な状態に。

そんなセリフは一逢瀬に三回まで!と制限を設けたい気分になってくる。

のべつまくなしで言われると自分が叩き売りか歳末セールの商品にでもなった感じで

どうも居心地が悪いし、なんだか小さい子に「ママ、だぁいすきぃ☆」と抱きつかれて

いるようで少々鬱陶しい。(小さい子ならかわいいが^^;)

C氏本人も自分は<甘えた>だと自負しているが、私は甘えられ嫌いな野良猫。

さすがにこのまま中途半端な状態に堪えられず、ベッドに行かせてくれと嘆願した。


スカイダイビング 前編

この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スカイダイビング 前編
2007/11/14(Wed)


今回の愛人C氏と待ち合わせは若者であふれるターミナル駅から坂を上り

高級ブランドショップとコンサートホールが連なったビルの向かいのカフェ。

となりに人気のディスカウントショップがある賑やかな場所で

黄色いビニール袋を持った若者で店内はほぼ満杯。

先に到着して端の席に大きな黒いバッグと共にひっそり座っているC氏も

少々肩身がせまそうに見えた。

私の注文したホットショコラを早々にやっつけ、コンビニ経由でラブホに避難した。

この記事のURL | 逢瀬 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
BLUE MONDAY
2007/11/12(Mon)


今日は朝から立て続けにコーヒー二杯とタフマン一本。

頭の芯がぼやけるような眠気はなんとか抑えられたけど

膝上、太ももの内側の筋肉痛はいかんともしがたく

上腕から肩、背中にかけて重くだるく澱んでいる。

今朝、無事日本上陸したボージョレー・ヌーボー御一行様を確認すべく

倉庫でバタバタしながら「アイタタタタッ!」やら「だるぅ~….」と

口八丁手一丁で作業していたら例の後輩に「またですかぁ(――;」という

目で見られてしまった。

ごめんね。君の先輩は月曜筋肉痛症という重い病に掛かっているんだよ。


たぶん.....来週も発症すると思うから、よろしくね。


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
不眠逢瀬
2007/11/10(Sat)


久しぶりに愛人C氏からお泊まり逢瀬のリクエスト。

この忙しい時期に、と思ったが泊まり逢瀬だと日曜の半日は解放されるので

それはそれでいいかも♪と承諾。

リップサービスで「一晩まったり過ごせるね。」とメールすると

「今からワクワクしてるよ。熟桃、明日の晩は寝かさないからね~♪」ときた。

ハードな出張から帰ってきたばかりなのに、それは無理だろうと笑ってしまう。

その部分はスルーして待ち合わせ場所や時間について返信を送った。

「場所はそこでいいよ。明日は一晩中快楽責めだ。熟桃、寝かさないよ!」

あぁ…はい。もう頭の中で盛上がってるのね。

面倒なので一晩返信を放っておいたら朝一でまたメールがきた。

「おはよう。朝から雨だね。あと13時間後だね。熟桃。寝かさないからね!」

……はいはい、わかったから….(--;

もし、先に寝やがったらただじゃおかねぇ!

って、ぜったい寝るのはわかっているんだけど。

あ!私を縛り上げあちこち棒を突き刺しといて自分は眠る戦法なのか?

まぁ、いいや。

縛られたまま私も寝てしまおう。

不眠逢瀬まで、あと10時間。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
桃を割ると 2
2007/11/08(Thu)


開けぇ~ゴマ!


この記事のURL | 占い・診断・あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ツケ
2007/11/06(Tue)


愛人B君との別荘での逢瀬から二日、まだ膝上と腿の内側がつるような筋肉痛。

膝裏からスネにかけてと腰のあたりはどんよりと重い。

今回は拘束された状態でのプレイが多かったので、無理な態勢を

とり続けたツケがまわってきたようだ。

媚薬が効いている間は筋肉の痛みや辛さより快感の方を追求してしまうので

ついついカラダに無理を強いてしまう。

毎度のことなので、できるだけお風呂でマッサージをするようにしたけれど

やはり多少のダメージは残ってしまうようだ。

またそういう逢瀬の後に限って、仕事で肉体労働が待っていたりするのだ。

イベント準備でワインの納品をひぃひぃ言いながら手伝っていたら

背中に冷たい視線を感じ、ふと振り返ると週末に会話した後輩がいた。

はいはい、悪さもたいがいにしないとね。

また、隊長のとこに入隊してカラダを鍛えないといけないかなぁ。

この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
別空間
2007/11/04(Sun)


ようやく愛人B君との逢瀬から帰宅した。

今回はいつもの都内のホテルではなく、めずらしく郊外へ足を伸ばし

B君の知り合いの別荘で過ごした。

この記事のURL | 逢瀬 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
一粒9時間
2007/11/03(Sat)


急ぎの仕事を片付け、チョコレートを二粒、口に放りこんだ。

午後からの愛人B君との逢瀬に備えて、今朝から何も口にしていなかったから。

予定では明日の昼までは絶食になるので簡単な栄養補給も必要だろう。

箱に残ったチョコレートを後輩の机に置いて帰り支度をする。


さて、久しぶりの耐久18時間トライアスロンに出かけるか♪

この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
凝った舞台
2007/11/03(Sat)


明日は久しぶりに愛人B君とお泊り逢瀬

昼の3時から翌朝10時までの19時間のトライアスロン。

B君から新しいオモチャと拘束具が届いたとメールが入った。

役者は揃った。後は幕をあけるだけ。

ご機嫌な私の様子に怪訝そうな様子で年若い後輩が声を掛けてきた。


「週末なにか楽しいことでもあるんですか?」

うん、例の20代のボーイフレンドと遊ぶんだよ♪

「最近よくその人と遊んでますよね~」

まぁね~(他の人の話をしてないだけなんだけど、ね^^;)

彼氏は出張中で当分逢えないしね~

「凄く楽しそうですけど...何して遊んでるんですか?」

え?...ふっふっふっふ♪....ひ・み・つ☆

「な!なんで『ふっふっふ』の後が『ひ・み・つ♪』なんですかぁ(~O~)」

知りたい?

「もったいつけないで教えてくださいよぉ~」

ん~....じゃ、一緒に来る?

「えっ?....(*o*)」

自分の目で確かめるのが一番でしょ?

「うっ....それは...ちょっと...」

私はかまわないけど~♪

「xxさん(本名)の遊びって...なんか濃そうですよね~」

ま、薄くはないね♪

「こ、今回は遠慮しときます~」

そう、それが懸命だね。

若いんだから小細工なしでもっと弾けときなさい。

まだまだ箸が転がっても楽しくて仕方ない年頃でしょ?

もう、箸が転がったくらいじゃ笑えない私は

もう少し仕掛けの凝った舞台で遊ぶのさ。

そうね、あと20年経ったら貴女にも分かるかも...ね☆

この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
返歌
2007/11/02(Fri)


彼氏君へ夜中にラブメールを送って2日後、日付が変わる時刻に返事がきた。

ずいぶん早い返信にちょっと驚く。

普段、デートのスケジュール調整など要返信的な内容の時以外

たいがい1週間くらいしないと返ってこないのに。

特に仕事が火を噴いている今は、放っておくと平気で2週間くらい音沙汰がない。

もちろんこちらも慣れたもんで、というより慣れすぎて1週間くらい

返信が来なくても気がつかないほど。

そんな彼が2日後にメールを寄越したので何か悪い知らせかと勘ぐってしまう。


『今ホテルの部屋に帰ってきたよ。誕生日当日には戻って来れないけど、
近々お祝いをしようね。』



私以上に照れ屋な彼にしては精一杯なラブメール。

いいよいいよ、気持ちだけで充分だから。

それにしても相変わらず短いメールだ。

たぶん、彼もメールや電話が苦手なのだろう。

不思議なことに私から彼へのメールも、短い文章の時ほどレスポンスが早い。


いつものようにつるんで飲みながら、元同僚の悪友(男)にその話をし

「3行メールが一番返信が早いんだよね。ほら、平安時代の短歌のやりとりみたいに♪」

と言うと、悪友はいきなりおしぼりで口元を押え、口に含んでいたジントニックを吹き出すのを

寸でのところで回避した。

「勘弁してくれよ~おまえが十二単で扇に和歌を書いてる姿を想像しちゃったじゃないいか~(--;」

失礼な!愛する彼のためなら紫式部にでもなんにでもなって頭を絞って

短歌ならぬ3行メールを送るんだよ。

彼からの短い返歌を楽しみに、ね。


この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。