FC2ブログ
2008 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Un Homme et Une Femme
2008/03/31(Mon)

先日またまたネットでお世話になってる方々とオフでお会いする機会があり

グラス片手にアブノーマル談義に花を咲かせるという楽しい時間を持つことができた。

M嗜好の女性にS嗜好の男性、それぞれ違うバックグラウンドを持つものが

一つ所に集い、あれやこれやと話をするのは本当に面白い。

その中で、いくつか喧々囂々(ケンケンゴウゴウ)となった話題うちのひとつがこれ。


「男と女、どちらが優秀か。」


こういう変態仲間(失礼^^;)の会に限らず、宴席ではよくある話題のひとつだと思うが

見事に正反対の意見がぶつかってとても興味深かった。

その話にいたる前に「なぜホテル代を出すのは男性の場合が多いのか」とか

紆余曲折あってのことなのだが。

で、そこに出てきた意見が二つに分れた。


片や「やはり人間的に優れているのは断然男性側。匠といわれる技術者は全て男性だし。」

片や「男性はもの凄く優秀な人とどうしようもないグループに別れる。平均値は女性が上。」



どちらもなるほど、と思う意見。

で、私の見解はというと........「老若男女関係なく、優秀な人は優秀。だめな人はダメ。」

答えになってないじゃーん!って怒られそうだけど、本当にそう思う。

生物学的な目で見れば女性、社会学的な目で見れば男性かな?と、わずかには思うけれど。

それについても何をもって優秀と取るか(筋力か?個体繁殖力か?)によって変わってくるだろう。

男らしさ、女らしさも時代によって移り変わる。

その「らしさ」という洗脳によって、持っている能力が伸ばされたり押さえ込まれたりもするだろう。

個人的な感覚からいえば、男女差の優劣より個体差の優劣の方を肌で感じる。

私を含め、外資系企業育ちの人間はそういう考えを持つ人間が往々にして多い。

同じ外資系でも米国(ユダヤ系)資本とフランス資本の両方で働いた経験から

より強くそういう概念を持ってしまうのかもしれない。


私がかつて属した企業では男女差や年功序列なんてまるで関係なく、それこそ国籍も人種もバラバラ。

上司への根回し(ゴマスリ)や自己アピールも含め、結果を出した人間はその報酬を受け取る。

が、それもあくまで四半期単位の評価で、結果が下がればすぐにそれが給与に反映していく。

年俸制や出来高制のスポーツ選手をイメージしてもらえればわかりやすいかもしれない。

男性か女性か、若年か高齢か、白か黒か黄色か...ビジネスの上では関係ない。


人種によるステレオタイプだってかなり怪しいものだと最近は思うようになった

時間に正確でもの凄く働きモノのイタリア人もいれば、気弱でいい加減なドイツ人もいる。

ワインやチーズが苦手で和食、それも納豆好きのフランス人も結構いるのだから。


同じような環境で育てられ、男女差・国籍人種差に関係ない倫理感と教育を与えられたら

分野はそれぞれ違っても、単純に個体差による優劣がつくのではないだろうか。


男って~だからダメだよね、とか

だから女は~なんだよ、とか



なんて嘆いてみてもはじまらない。

それは『男女差』ではなく、たぶん『個体差』

話を聞かない女も、地図の読めない男も結構いるものだ。

そういう個性もひっくるめてその人の魅力。

それが自分にとって困った個性だったら、是正してもらうべく根気よく働きかけていくしかない。


往々にしてどの世界に属しても異端者(変わり者?^^;)になってしまう私はそう思ってしまうのだ。

(女性なのに男性脳、Mなのに隷属嗜好なし、スパンキーなのにスパ後のエッチ好き...etc.^^;)


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Just for Laughs 5
2008/03/31(Mon)

すっかりお気に入りになってしまった、【Just For Laughs】 カナダ版どっきりカメラ。

思わずシリーズ化してしまいましたが、とりあえずこれで一旦終了です。


場所はとあるオープンカフェの一角。

陽気で多芸なウエイターのお兄さんとマネージャーらしきオジサンのパフォーマンスに

ターゲットの女性客たちの反応が素直で可愛らしく素敵です♪


今までの中で実は一番お気に入り☆を最後にお楽しみください。


タイトルは『Just for Laughs - Cafe dancer』

この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Just for Laughs 4
2008/03/29(Sat)

溜まったストレスもこれですっきり、【Just For Laughs】 カナダ版どっきりカメラ。

場所はとあるショッピングモールにある男性用香水のプロモーションカウンター。

『Don Juan』という銘柄の香水を使うと、あら不思議!

その効果に釣られたターゲットの男性陣の反応と表情、その後には思わぬ悲劇が。


男心は...辛いよね(^^;


タイトルは『Just for Laughs - Strong perfume』


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Just for Laughs 3
2008/03/28(Fri)

深夜残業のお供、【Just For Laughs】 カナダ版どっきりカメラ。

場所はとあるスーパーマーケットのレジカウンター前。

ふと見上げると防犯用とおぼしきモニターに不審なモノが....

とにかく仕掛け人のオジサンと、ターゲットの方々の反応と表情が秀逸!


今回の状況、日本人だったらこんなに焦らないかもしれない。

これも子供の頃から培われた風土・宗教的なものなのかも。

シリーズの中でも結構お気に入りの一つです。


タイトルは『Just for Laughs - Death』


この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Just for Laughs 2
2008/03/27(Thu)

お気に入りの動画シリーズ【Just For Laughs】 ~カナダ版どっきりカメラ。

やっぱりスパンキー(スパンキング・マニア 叩かれ好き)としては

これを載せない訳にはいかないだろう。

が、見方によっては痴漢の冤罪話のような男性にとってはちょっと怖い状況かも。

私は単純に仕掛け人と被害者の対照的な表情に笑ってしまった。


タイトルは『Just for Laughs - Girl Gets Spank!』



この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Just for Laughs 1
2008/03/24(Mon)

最近、深夜残業中のお楽しみはこれ♪

【Just For Laughs】 カナダ版どっきりカメラ。

これのせいで残業してるんだろう!という突っ込みはなしで(^^;

こんな状況で笑って楽しんでる女性たちに拍手☆

身を乗り出して眺めている姿はお見事です。


タイトルは『Just for Laughs - Underwear cops』


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第五の男
2008/03/24(Mon)

【ドタキャンの神】は気まぐれなのか一昨日はご光臨もなく

久しぶりに以前のスパンキング・パートナーと逢瀬を楽しんだ。

今回はわざと逢瀬前に深夜残業を組込んで、体力的にはドタキャンしてくれてもいいかなぁ...

みたいな状況にしてみたら、効果テキメン!きっちり時間通りの逢瀬と相成った。

どうやら【ドタキャンの神】は私ががっかりしてくれないとつまらないらしい(^^;


今回の元パートナーの彼とはすでにパートナー関係を解消して数年経っているが

ひょんなことで最近再会し、そのままの流れで据え膳をいただいてしまった。

その後もなんとはなしに連絡があり、彼のリクエストでまた逢うことに。

彼には今現在、私に恋人がいることもそれ以外にもパートナー(愛人)がいることも知らせてある。


「こちらも独り者じゃないし、熟桃にとって2番目でも3番目でもかまわないよ。」


いや5番目なんだけど...なんて野暮なことは口には出さず

お互い都合が逢えばその時間を楽しむ気安い関係もいいかもしれない。


相変わらずハード・スパ嗜好の彼との逢瀬で、久しぶりに厳しいスパンキングを受けた肌は

奥の方からまだズキズキとした痛みを訴えるが、気分は上々。

不足した睡眠も昨日一日で取り戻し、月曜筋肉痛症もなく快適な週明け。

今週は年度末業務の嵐を乗り越えられれば週末には愛人B君との逢瀬も待っている♪


おぉっと、あんまり楽しみにしてるとまた【ドタキャンの神】がご光臨あそばすかも。

くわばら、くわばら☆


この記事のURL | 逢瀬 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
ドタキャンの神様
2008/03/21(Fri)

なかなか逢瀬の予定が決まらず新愛人氏の要領が良いの悪いのと文句を言っていたが

もしかしたら私の方に悪い星の巡り合わせが来ているのかもしれない。

どんなことがあっても逢瀬の予定だけは死守するあの愛人C氏から

なんと今日になってキャンセルの連絡が入ったのだ。

仕事先でトラブルがあり、緊急でサポートに入るため急遽出張することになったというのだ。

もうこれは私の元に【ドタキャンの神】が降臨したとしか思えない。

代わりに彼氏君が珍しくまめにメールをしてくる。

といっても週に1-2回なのだけど、彼にとっては快挙なことだ。

これは『今月は本命彼氏君と遊んでなさい』というお告げだろうか。



実は明日の昼間、昔のスパンキング・パートナーに誘われているのだが...

もしかしてこれもキャンセルになるのだろうか。

来週末は愛人B君、その次は新愛人氏、その次はC氏の振替逢瀬と順次予定は入っているが

これらもことごとくキャンセルになっていくのか?


なんだかちょっと面白くなってきたぞ。


この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
仕切り直し
2008/03/20(Thu)

大きな展示会が何とか無事終了し、ひたすら残務整理に追われる毎日。

新愛人氏ともスケジュールが合わず、ちょっとストレスがたまり気味。

とはいえ週末には愛人C氏との逢瀬も入っていることだし、ここはちょっと気分を切替えよう。

ひとつのことにこだわっていると、周りが見えなくなるともいうし

押してだめなら引いてみな....そんなとこかもしれない。

上手くすると週末、二連チャンの可能性もなくもない。


取りあえずは目の前の仕事の山をやっつけて気分良く週末を迎えようか。


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
LONG ROAD
2008/03/18(Tue)
仕事に追われ、一人オフィスに残り欧州からのメールと格闘していると

この声を聞きながらワインを飲みたくなって茅ヶ崎の風が恋しくなる。

彼の隠れ家的なワイン・バーできさくなおしゃべりを楽しみながら飲むも良し。

海岸に程近いレストラン・バーでグラス片手にライブを楽しむも良し。

ラジオから聞こえる声に耳を傾けながら今夜のワインを楽しむのも良し。


あぁ、早く仕事奴隷から解放されて湘南の風に吹かれたい。



From 【PORTRAIT】 KOU (音に注意!)


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
判断と連絡
2008/03/17(Mon)

最近イロゴトの神様がイジワルをしているのか、新愛人氏と上手く逢瀬予定が合わない。

合わないと言うより、入れた予定がことごとく新愛人氏の急務でつぶれていく。

仕事先のトラブルやら、家庭の事情やら、次々と。

予定そのものはお互いのスケジュールをすり合わせて、氏の方からのリクエストで決めている。

にも関わらず毎回緊急で入る用事のためか、何とかぎりぎりまで調整したうえギヴするので

前日夜になってようやくキャンセルの連絡が入る。

私にしてみると、キャンセル自体はまぁお互いさまで仕方がないと思うのだが

ぎりぎりでの連絡が気に入らない。

本当にその夜に急用が入ったのか?と問いただすと、すでに2-3日前には兆候はあったと言うのだ。

仕事にしてもプライベートにしても悪い知らせほど早めにするにこしたことはない、と私は思っている。

きちんと説明する余裕がないからとか、キャンセルしないようにぎりぎりまで頑張ったとか

いろいろ理由を並べられても、それが数回続くと予定判断能力と連絡能力が低すぎるのではと思う。

例えば、納品日当日夕方になって「実は商品に不備があり納入できませんでした。」なんて言われたら...

私なら速攻でその取引先を切るだろう。

事前の検品を怠りましたと自分で言っているようなものだから。

物事にトラブルはつきもので、それをいかに処理できるかが実は仕事の能力かなと思う。

もちろんダメな時はどうやってもダメで、そんな不運にみまわれる時もあるだろう。

が、そういう場合でも少しでも事前に簡潔に相手に状況を知らせるくらいの能力は

四十路過ぎの社会人ならとうぜん持っていて欲しいものだ。

相手にいちいち一から十まで説明する必要はない。


『不測の事態勃発。今回の予定キャンセルするかも。結果と詳細はXX日までに知らせます。』


これだけで充分だ。

私に待機する気があれば他の予定も鑑みつつXX日まで待てばいい。

待機する気がなければ、こちらからキャンセルするだけだ。

お互いにその気があるのなら、これから逢う機会はいくらでもあるのだから

そんなに一つの予定にこだわることもなかろう。

一度や二度逢瀬がキャンセルになったからって不機嫌になるわけではない。

が、スケジュールの判断や詰めの甘さ・連絡の不行き届きは大いに不満だ。

怒られるのやイヤでおねしょの布団を隠して余計面倒を引き起こす子供じゃないのだから。


「悪い知らせこそ簡潔に早めに知らせて。そうすれば私も身動き取れるでしょ?」


心中のいらだちを隠して私なりにかみ砕いてメールしたつもりだが

察しの悪い新入社員に説教しているようで、少々かったるい気分。


こういう優柔不断で私を振り回してもいいのは彼氏君だけ。

なぜなら惚れた弱み、だから。


この記事のURL | ひとりごと | CM(10) | TB(0) | ▲ top
桃プロフ
2008/03/11(Tue)
元祖【脳内メーカー】で有名な【うそこメーカー】さんの新作です。

うそこメーカーさんに掛かると熟桃のプロフィールはこうなります。
(「続きを読む」からどうぞ♪)


この記事のURL | 占い・診断・あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
完熟
2008/03/10(Mon)

『本当のエクスタシーは同じ相手と繰り返し交わることで初めて訪れる』


かつて何かの本で目にした一文。

その時はまだ若く、いろいろな相手といろいろなSEXを試してみたくて

スティディな彼がいても、常に獲物を探すようにチャンスがあれば躊躇なくベッドを共にした。

ベッドどころか、車の中でも、飲みにいった先の店のソファーでも、友人の部屋の片隅でも

刺激的であればあるだけ私にとって、とても美味な果実だった。

それは熟して芳香を放つ官能的な果実ではなく、青くスパイシーで口の中で弾けるような果実。

一口囓っては、また次の果実に手を出す...そんな発情期の牝猫のような私には

その言葉の意味するところは自分とは別世界の話、そんな感じで頭の隅に追いやって

すっかり忘れ果てていた言葉だった。


野良猫根性は相変わらずだが、さすがに四十路も過ぎてくるとスパイシーな青い果実より

すっかり熟して口の中でとろけるような、官能的な果実の味わいに魅力を感じるようになり

一途とは言えないものの、ゆっくりとしたペースで楽しむことができるようになった。

彼氏君とはすでに足掛け5年半の付き合い、ひと月に一度程度のまさにゆっくりペースだが

【ジャストサイズ シリーズ】の通り、すっかり彼仕様のカラダになってしまったようで

彼自身に掻き回されるだけでじゅぶじゅぶと溢れだし、彼が逝く時には必ず噴きだしてしまう。

媚薬もオモチャも、本格的なスパンキングがなくてもこんなにも感じさせられるなんて

今までの付き合いでは思ってもみなかったことだ。


「なじんできたんだよ。」


彼氏君にはこともなげに言われてしまったが、そういうことなのかもしれない。

ようやく、本当に熟した果実を味わうことができたということか。


この記事のURL | ひとりごと | CM(9) | TB(0) | ▲ top
面接 伍の巻 「淫獣」 中の二
2008/03/05(Wed)

いつもと反対側に座らされ、そのまま膝の上に倒され腰を抱えられて

ここでようやく今回の候補者がレフティ(左利き)だと気が付いた。

今回の実技面接を含め、今まで何人ものスパンカー(スパンキング・マニア 叩き好き)と経験しているが

実は左利きのスパンカーと実践したことは今度が初めてだった。

ただいつもと左右反対なだけでこんなに違和感や新鮮さ、バランス感の悪さを感じるとは

まさに想定外のことで、ここですでに少し気持ちが飲まれていたのかもしれない。

レフティ氏の最初の一打がタイトスカートの上に落ちてきた時

情けない声を抑えることができなかった。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 伍の巻 「淫獣」 上
面接 伍の巻 「淫獣」 中の一

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
決戦は土曜日
2008/03/03(Mon)

先週から花粉症の症状が顕著に表れてかなり辛い状態になっている。

よくある鼻水ダラダラに加えて持病のアレルギー性気管支炎も発症してボロボロ。

でも不思議と気分は上々で活動的だったりする。


先週末、金曜の終電で実家に帰り深夜と早朝に用をすませ、そのまま午前中は病院へ直行して

アレルギー用の薬を大量にもらってくると、ランチも取らず速効で自宅に戻り室内水道工事の立ち会い。

思ったより面倒な工事が終わり、新しくなったキッチン周りをざっと片付け慌ててシャワーを浴びた。

手早くアンダーヘアの手入れをすませると、もう一度ウォシュレットでお腹の中を掃除する。

着替えを済ませ、強めの鼻炎薬を飲み舌下にガラナリキッドを仕込み、メイクを仕上げて戦闘準備完了。


時刻は土曜の夜20:00、すっかり夜のとばりも降りて北風が舞いはじめた街へ

これから翌日・日曜の夜までの愛人C氏との戦闘『リカちゃん逢瀬』に出発した。


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。