FC2ブログ
2008 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
気紛れな空間
2008/07/31(Thu)

ようやく先週末に髪を切りに行った。

毛先もだいぶ痛んでいたし、少し気分転換の意味も含めてセミロングからセミショートへ。

前髪だけでも6-7cmも切って視界も良好。

いつものアシスタントの彼に肩や首筋をマッサージしてもらい

いい気分になっているところへタイミング良く彼氏君からメールが入った。


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
髪を切ったら
2008/07/23(Wed)

すっかり梅雨明け、すでに少々夏バテ気味。

今月は月末に仕事の関係で公の調査が入るため連日残業の上

週末も連休なしでバタバタしている。

おかげで髪を切りに行く暇もなく、無駄に伸びた髪は落ち武者のよう。

幸か不幸か愛人たちも忙しいらしく月初のタッチ&ゴー以来、

逢瀬の予定も入っていない。

メール魔の愛人C氏も連日の出張に追われ、めずらしく一日おきのメールだけ。

これは本当にありがたい。

私も疲れのせいか弱点である喉が少々違和感ありで、いやな気配がする。

こういう時は無理せず仕事に集中するに限る。



ただし、彼氏君だけは別。

えこ贔屓だ、なんだと言われようと惚れちゃってるものは仕方ない。

体調が戻ってすっきり髪を切ったら、夏モードで彼に逢おう。


この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
6万アクセス感謝
2008/07/18(Fri)


この前(3ヶ月前)5万を超えたなぁと思っていたら早いものですね~(*o*)

なんてことを毎度書いているんですが...(^^;


と、今回も同じセリフで始めるつもりだったんですが

今回は2ヶ月ちょっとの異例の早さで達成されました。

これも一重に普段より飽きずに覗きに来ていただいてるお客さまと

リンクでお世話になっているサイト/ブログの方々のお陰でございます。

ここに厚く御礼申し上げます~m(__)m


なんて愁傷なことを書きながら、【二周年御礼】とこの【6万アクセス感謝】の間の記事が

恋人に乱行がばれそうになって焦ってるさまを書いた【野良猫たらし】なのも

まぁ、私らしいかもしれません(^^;

こんな性悪な野良猫女ブログですが、これからもどうぞご贔屓に♪



皆さんが刻んでくださる毎日のアクセスに感謝の意を表して。



熟桃


この記事のURL | ひとりごと | CM(8) | TB(0) | ▲ top
野良猫たらし
2008/07/17(Thu)

『俺とあいつ、どっちを取るんだ?』


ことあるごとに何度か耳にしたセリフ。

ある時は腕を掴まれ、身体ごと引っ張られて痛いほど抱きしめられた腕の中で。

またある時は一人の男と逢っている部屋を、早朝にもう一人の男に急襲され

慌てて締めたドアを背に顎を掴まれ、無理矢理視線を合わされて言われたこともある。

その度に肩をすくめ私は押し黙るしかない。

私に決断を委ねても無駄。

決めるのはそちらの態度ひとつなのだから。


面白そうなもの、美味しそうなもの、刺激的なもの、動くものにはすぐに反応してしまい

じっとしていることができない野良猫気質のこの私を受入れることができるのか。

私が二者択一で選んだところで、受入れる本人の覚悟が固まらない限り意味がない。

選んだ限りは大人しく自分についてくるなんて思っているなら、残念ながら出直した方がいい。

目の前で口を閉ざしているのは従順なワンコではなく、性悪な野良猫なのだから。


とは言え、とかく男性は繊細でもろく傷つきやすい生き物。

万が一寝取られ願望があったとしても、自分が納得ずくのプレイではなく

知らないうちに何人もの男をくわえ込み、素知らぬ顔で帰ってきては

満腹な表情で寝そべるような野良猫女にはたいがいの男性は堪えられない。

なぜ自分だけを愛してくれないのかと詰めより、怒り、泣きつき、悲しむだけ。

自分がエサをやり忘れていることには、とんと気づかずに。

刺激的なエサももらえないのに、それでもちゃんと戻ってきているのが

野良猫流の愛情表現だ...なんて言ってもとうてい理解できないだろう。

私にできることは、できるだけ証拠を隠滅し目に付かないように努力するだけ。

目に見えないものは、存在しないことだから。



こんなワガママで性悪な野良猫につきあって6年近くの彼氏君から

つい先日私にとって爆弾発言があった。


この記事のURL | ひとりごと | CM(29) | TB(0) | ▲ top
二周年御礼
2008/07/10(Thu)

気がつけば今日でこのブログも二年、早いものだと思う。

正確に言えば最初はgooブログだったのだけど

『素顔のままに』というタイトルでブログを立ち上げ

『熟桃』という名を誕生させて丸二年だ。

昨年の一周年の折りにはアンケートを実施し、一発さんのところに登録させてもらった。

今年も何か企画をと思っていたのだが、すっかり忘れて今日を迎えてしまった。

せめてここまで続けてこれたことに感謝をこめて

お目汚し画像を期間限定で掲載させていただこうかと思う。


ただしマニアックな画像なので、熟女、激ぽちゃ(おでぶ)、巨尻

嫌悪感のある方、またはお食事中の方


ぜったいにお開きならないこと


をお勧めします。

もしお開きになってご気分が悪くなられても当方では

関知いたしませんのであしからず(^^;


では、怖いもの見たさの方は↓でどうぞ♪



掲載期限終了です(2008年7月13日)
たくさんのお祝いのお言葉、ありがとうございました~m(__)m


この記事のURL | ひとりごと | CM(12) | TB(0) | ▲ top
星に願いを
2008/07/07(Mon)

カラダにはしっかり愛人C氏との逢瀬の名残りが刻まれているのに

心の中は昨日の彼氏君との言葉のやりとりで満たされている。

よくあるセリフで『カラダは正直なくせに』なんてのがあるが

私の下半身(上半身も^^;)はまるで別人格らしい。


情事の後の彼氏君の放った思わぬ言葉にノックアウトされ

思わず全ての愛人を清算してしまおうかと衝動的に思い

やはりそれは一時の気の迷いだと思いとどまった。

野良猫に染みついた放浪癖を、そう簡単に無くすことはできないだろう。

だけど.....


葉月さんBBSにも書かせていただいたが、改めて七夕に願いをかけて

『彼氏君と10周年を祝えますように♪』


この記事のURL | 逢瀬 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
タッチ&ゴー 再び
2008/07/06(Sun)

ふらふらの状態で家に帰り、半分惚けたようにPCの前に座って見るともなしに

いつものブログめぐりをしていると、いきなり手元で鳴り始めた着信音に驚き慌てて左耳にあてた。


『今用事で近くに来てるよ。そっちに行ける?』


ダーリンからの突然の言葉、いつも突然だから「突然」ではなく「日常」だけど。

了承する旨を伝え、だいたいの到着時刻を確認して電話を切った。

さぁ、終わった逢瀬の色を洗い流して準備にかかろう。



あと半日、体力が持つだろうか。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
相乗効果
2008/07/05(Sat)

媚薬を飲むのがちょっと早過ぎた。

まだ仕事中なのにカラダが熱くなって呼吸が荒い。

さっきやったワイン・テイスティングのせいにするとしても....


あ、そうか!アルコールのせいで相乗効果がでてしまったのか(*o*)

っていうか、もっと早く気づけよ~<自分



どうする?逢瀬まで後3時間。




この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つれなさの代償
2008/07/05(Sat)

まだお尻の腫れも引いていないと言うのに、今晩は愛人C氏とお泊まり逢瀬。

青く残っていた痣はかろうじて薄くなり、ほとんど目立たなくなってはいるが

肌の奥のじんじんする痛みは残って一昨日の逢瀬を思い出させる。

とは言え逢瀬は思い出しても、相手(新愛人氏)のことは思い出さないのが私の薄情なところ。

その私のつれなさを嘆き、それをネタにたっぷり責めようとC氏が待ちかまえているだろう。

今回は『不眠逢瀬宣言』はなかったので、前回よりはいくぶんまったり過ごせるかと

タカをくくってはいるのだが.....ま、どうにかなるだろう。



今晩の逢瀬まで後8時間。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自業自得
2008/07/04(Fri)

前々回の記事でさんざんカラダに悪いと精液をやり玉にあげていたくせに

なんのことはない、今朝からお尻がぴりぴりずきずき痛んでデスク仕事に難渋している。



この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月下美人
2008/07/03(Thu)

実家の月下美人が咲いたとメールが届いた。

1週間くらい前から、葉先からするするとツルが伸びて大きな蕾が三輪ついていた。

ここ2・3日でところどころ薄いフラミンゴ・ピンクに色づきながら大きく膨らんでいたのだが

先日の夕方急に蕾がほころび、その夜には大輪の白い花が咲いたそうだ。

月下美人らしくその晩限りの命、翌朝にはすっかり閉じてしまいあとは朽ち果てるのみ。

その代わり月下に咲き誇ったその晩は、ベランダの片隅からむせかえるような香りが

家中を漂い、草花好きの両親も苦笑いで閉口するほど。

香り自体は良い香りらしいのだが、その強烈な強さに頭がくらくらするほどだったとか。

さもあらん、たった一晩限りの命、周囲に強烈に自己をアピールし虫を引き寄せ

その上逢瀬(受粉)も遂げねばならない。

直径20cm近くの花弁から身を振り絞り、静かにけれども強烈に。

まさに太く短く生きる典型のようだ。

花は咲いて香ってこそ、命。



さて、四十路の私も今晩つかの間の逢瀬を楽しむとするか。



この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
おたまじゃくし
2008/07/01(Tue)

いつもお世話になっている葉月さん掲示板でまたまた興味深い話題が上っていた。


【男性が顔射した後、素早く女性の顔をティッシュで拭くのはいかがなものか】


男性が顔射でフィニッシュした後に素早く女性の顔をティッシュで綺麗に拭いてしまったことに

「それは違うだろ!」と言う女性からのコメントから始まったこの話

男性と女性の『射精・精液』に対する観念の違いが如実にあらわれているようだ。

ただし『女性』と一括りに言っても相手の男性にベタ惚れである、というのが大前提ではあるのだが。



この記事のURL | ひとりごと | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。