FC2ブログ
2008 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 02
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オプション 2
2009/01/26(Mon)

赤味を通り越し、白く毛羽立ちあちこち熱を持ったまま硬く腫れ上がったお尻をかばうように

俯せでぐったりと横たわる私を横目に、愛人C氏はウキウキとご自慢の大きな黒いバッグを漁っていた。

一週間くらいの出張にでも使えそうなその大きなバッグは、ドラエモンのポケットのように

C氏にとってありとあらゆる責め道具が入っているかのようだった。


オプション 1

この記事のURL | 逢瀬 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
天邪鬼な野良猫
2009/01/25(Sun)

私は常々自分自身のことを野良猫にたとえている。

よくSM業界の中では「ご主人様」というパートナーを持たないM女性を

「ノラM女」さんなどと称することがあるようだが、私の場合は正真正銘?野良猫気質。

ひとっとこに腰の落ち着くこともなくあっちふらふら、こっちふらふら気の向くまま。

昨年、ブログのミニオフにご招待いただきお会いすることができたまこさん記事を拝見して

ふと己の猫気質を考えてみた。

この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
オプション 1
2009/01/22(Thu)

今回の愛人C氏との逢瀬は目的(スパンキング)がはっきりしていたので

無粋ながら最初からしっかりメールでリクエストをしていた。

その他のことは、いつも通りC氏にお任せ。

バックにはいつものパドルとイタリアの白を1本入れて

いつもの待ち合わせ場所である駅前のカフェに向かった。



この記事のURL | 逢瀬 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
バックサイド
2009/01/19(Mon)

とりあえずチャージ完了。

が.........お尻が痛い、いろんな意味で。

ということで、おやすみなさい。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
背に腹
2009/01/17(Sat)

.....は変えられず。

空腹は最高のスパイス。

スパ欲は私の最大な支配者。


ってことで、これから愛人C氏とのお泊まり逢瀬にでかけよう。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
副作用増幅中
2009/01/17(Sat)

第五の男こと元スパンキング・パートナーから萌えメールをもらって

ようやく凪はじめたスパンキング禁断症状にいきなり竿をさされてしまった。

珍しく平日夜に出張先から自慢の新車で彼氏君がうちの部屋に現れたからだ。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
禁断症状
2009/01/15(Thu)

先日から怪しげなメールに反応してみたり、ちょっといらついてみたり。

完全に禁断症状が出始めているようだ。

年明け早々の彼氏君との初逢瀬の副作用か、異常にスパンキング欲が高まっている。

誰かに無理矢理屈服させられたくて心がざわついて仕方がない。

さりとて「オラオラ系」や「言葉責め大好き」のS系スパンカーじゃ逆ギレしそうだ。

勢いあまって件の怪しげなメールでもからかってやろうかと思ったが

すんでの所で思いとどまり、最近つれなくしていた元スパンキング・パートナー

第五の男に八つ当たりメールを送ってみた。


この記事のURL | ひとりごと | CM(12) | TB(0) | ▲ top
Show me your passion
2009/01/13(Tue)

言葉じゃなくてソウルを感じたい。

それが邪なものであっても、ほとばしるような熱をカラダいっぱいに浴びたい。

心と体が満たされるほど、ココロとカラダが乾き飢える。

こんな時はやさしい言葉や愛情あふれるふれあいは不要。

ただひたすらに燃えるような熱を求める。



退屈は......危険。


この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
差出人のない手紙
2009/01/09(Fri)

年明けから何度か覚えのない同じアドレスからメールが入る。


「XXです。お元気ですか?」

「XXです。あの時のこと、悔やんでいます。」



これが女名前なら出会い系の誘導メールだと思うんだけど。

良くある男名前、ヒロとかタカとかそんな名前だから

身に覚えがありすぎて誰だかちっとも思い出せない。

「あの時」がどの時なのかもさっぱり分からない。

思い出せないってことはスルーしちゃってOKだろう。

まぁ、勝手に悔やんでいただけばいいことだ......が、ちょっと気になる。

気になるのは相手のことではなく、私がアクションを起こしたとしてその後のこと。


目の前に中身の分からない小包がひとつ、差出人には覚えがない。
中身が気になり開けてしまいたい衝動にかられ、つい箱に手が伸び....



そんな気分。

触らぬ神に祟り無し、そのまま消去すのが筋だけど。

それとも.....



この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
初逢瀬 2009
2009/01/08(Thu)

年が変わって早1週間、なんだか飛ぶように時間が過ぎていく。

そんな中、同じく仕事に追われているはずの彼氏君がまた意表をついて

正月休みの深夜、うちの部屋に現れた。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。