FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
理性と欲望
2007/04/04(Wed)


二ヶ月前、ちょっと不本意な逢瀬を過ごした愛人A氏より

いつものように唐突なお誘いメールが届いた。

「今週の土曜空いてるかな?」

土曜のお昼を挟んで、私の住む路線のずっと先の郊外のある駅まで

車で出てくるから逢おうよ、と言うメッセージ。

A氏は家庭持ちの自宅住まい、そうおいそれとは逢うことができない。

既婚者にありがちな話で、日曜と休日は一人で外出することは無理。

出逢った頃は金曜の夜を一緒にに過ごしていたが、それもお子さんの

塾への送り迎えが始まって平日は予定がいっぱい。

奥さんが外出することの多い土曜の日中が、唯一A氏の自由になる時間らしい。

そんなに苦労するくらいなら、外で不倫をするより奥さんとの夜を充実

させるよう頑張ってみたらどうかと思うのだが、そうもいかないらしい。

確かにスパンキングという嗜好は痛みを伴うものなので、嗜好を持たない

人と共有するのは難しいことかもしれないが、それ以前にベットを共に

することも年に何回かという事態に陥っていると言うのだ。

A氏はもうすぐ50に手が届く年齢の割には、普段からカラダを鍛えている

せいもあり、一回の逢瀬で二回は抱きたいと言うタイプ。

A氏の奥方は私とそう年齢も違わないらしいが、やはり子育てだの家庭を

維持するために忙しく、すっかり母&主婦モードになっていてA氏の夜の相手

まではしていられないと言うことだろうか。

「なんで相手してくれないのかな.....」

前回の逢瀬のベットの上で、ぽつりとつぶやいたA氏の寂しげな言葉が

妙に生々しく感じたのを覚えている。

それを愛人の私に言ってどうする、ともそれは貴方のセックスがノーマル

嗜好の相手には少々ワイルド(乱暴)だからじゃないか、とも思ったけど

口にはせず。

まぁ私にとっては、A氏の夫婦生活があろうと無かろうと不可侵な領域。

どちらにせよ、奥方とはスパンキング・パートナーにはなれそうもないので

とうぶんこの関係は続くのかもしれない。

とは言え、前回は何かとつまずく感じで終わった逢瀬だったので当分の間

距離を置こうと思っていたのだ。

思っていたのだが....喉元過ぎればなんとやら。

ちょっとカチンと来ていた感情も、そう長くは持たないのが私の性格。

それよりもずっと大きいのがスパンキングに対する欲望。



理性が勝つか、欲望が勝つか。

A氏への返事の期限は明日の夜だ。


この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/131-d61069db

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。