FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フェチと妄想 補足
2007/04/27(Fri)


実を言うとこのテーマが話題になった時は、私も他の大多数のM女さんたちと同様

なんと勘違い甚だしい人達なのだろうと、苦笑していたのだが

皆さんのS論を読んでいるうちに、だんだんちょっと居心地が

悪くなってしまったのだ。

ちょうど、日本に来てまもない外国人に「日本人」を語られている時の

ような感じだ。

曰く、日本人なら茶道、華道の嗜みがあって然るべきとか

曰く、日本の男は侍魂を持ち、女は大和撫子である、とか

曰く、日本人なら神道に従じているはずだ、とか

曰く、日本人なら相撲好きに決まっている、とか


私は正真正銘、戸籍も民族的にも日本人だけど上記の条件はひとつも

満たしてはいない。

それでも、産まれた時からずっと日本人なのだ。

フランス人だってワインもチーズも大嫌いって輩がゴロゴロいるのに

そう自分のイメージばかり押しつけなさんなって思ってしまう。


自分が日本人である、ということも「M気質のスパンキー」であるということも

もともと産まれた時から備わっていたもので、スパンキーなんだから

かくあるべきと言われても困ってしまう。

それと同じように、Sだったらこうあるべきだとか、人間的に偉大で

なければSの資格はない、という話になっても「いやSは単にSだろ」と

思ってしまう。

もちろん、大多数のMの人たちが望む「S像」や「パートナーシップのあり方」と

言う話ならなるほどと思う。

私もそういうタイプのSさんは素敵だと思うし、信頼関係の上に成り立っている

お二人を祝福し、成長変化されるさまを興味深く拝見すると思う。

が、だからと言って、大多数が望むタイプとかけ離れたSを好むMさんなんか

いるものか!と言うニュアンスのことを聞いていると、おいおい(^^;と思ってしまう。

そういうSM嗜好者自体がすでに世間では「外れた」人たちなんだよ、と。


世の中は思っている以上に広い。

私のように若くもなく、おでぶさんで、その上変態で淫乱で少々我侭な女が

好き!と言う奇特な人たちも少なからずいるのだから。

勘違い甚だしいと言われるSさんを、いい!と思うMさんがいてもおかしくも

なんともない。ただし絶対数はかなり少ないだろうとは思うけど。


せっかく世の中で少数派という貴重な部類にいるのだから、「絶対」とか

「必ず」とかいう変な枠組みに捕らわれず、もっと伸びやかな気持ちに

なれればいいんじゃないかな...と。

そういう気持ちで書いたということを補足として記しておきます。

この記事のURL | ひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/149-156d3fdf

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。