FC2ブログ
2006 07 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 上
2007/09/28(Fri)


実技面接四人目と初めて逢ったのは、二人目の候補者「パパ」と三人目の候補者

「ガチムチ氏」との逢瀬が期せずしてダブルヘッダーになってしまった週末明け

早々のことだった。


      注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。


私の出した出会い系掲示板の募集に比較的早く応募してきた一人だった。

自己紹介の内容は可もなく不可もなく、当たり障りのない文章。

年齢は46歳で少し年上、が「ガチムチ氏」のようなことがあるので

そのまま鵜呑みにするつもりはないが、基本的に年上嗜好なので

それについても取り立てて問題もなし。が、特に強い魅力も感じていなかった。

ただ子供のように膝に乗せてお仕置きするスタイルに興味があること

それと淡々とした文章が好印象だった。

ちょうど応募者とのメールラッシュのさなか、一日に数十名以上と

メールをやりとりしている中でついつい返信を後回しにしてしまっても

特にうるさく催促をするでもなく、遅延に対する謝りの文章とともに

私の近況や自分の嗜好について詳しく語り、それに対する念を押すような

メールを送っても苛つくことも戸惑うこともなく、淡々と返信してくる。

どんどんとメール段階で応募者をふるいにかけて選別していくうちに

気がつくとしっかりと面接候補に残っていた。

とは言え、本人自体もそれほど積極的に逢おうとは言わず

具体的な面接日が決まったのは最初にメールをもらってから

だいぶ経ってからだった。

この可もなく不可もなくな候補者を面接まで進める気になったのは

お互いの活動範囲が近いことと、飲むのが好きなこと

それと逢うことに対してそれほど積極的でなかったこと。

天の邪鬼な私は、あまりうるさく逢おうと言ってこられると

それだけでどんどん逢いたくなくなる気質なのだ。

が、今回は少しだけその選択が裏目に出てしまった。


他の候補者との面接スケジュールがほぼ決まって

さて、最後をどうしようかと思ってメールをすると

「5月後半は商談をかねて出張旅行に出るので、空いているのは来週前半しかありません。」

そんな内容の返事が返ってきた。

え?そういうことはもう少し早く言って欲しいんだけど!

6月に入いると私の仕事がタイトになるし、面接後半戦も控えている。

週末には「パパ」「ガチムチ氏」との実技面接が続けて入っているが…

まぁ、来週は来週。気短かな私はなんとかなるだろうとたかをくくった。

結局ガチムチ氏と会った翌日の月曜、その次の日には五番目の候補者との

面接を控えての連続四日間の強行スケジュールを組んでしまった。

まさか、初っ端の二人があんなに飛ばしてくれるなんて思いもせずに。

正直、すっかり疲れ切った月曜の朝は面接への意欲はほとんど残っておらず

半分候補者へのドタキャンの言い訳を考えながら出社したのだった。

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/163-3628b0ae

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。