FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ジャストサイズ 2
2007/05/29(Tue)


テーブルの上の料理をあらかた平らげ、かなり満足げな彼氏君の顔を見ながら

コーヒーのお代わりを用意した。

普通のブレンドとエスプレッソ用の豆を半々に炒れたコーヒーは、香りだけ

一人前に部屋の中にすぅっと漂う。

簡単にテーブルを片し、冷蔵庫からビター系チョコとパイ生地のドルチェを出して

木製のサラダボールに紙ナプキンを添えてざっくりと盛りつけた。

私がパタパタ用意している隣で、彼氏君は前に頼んでいたPCの不具合状況を

確認するため私のパソコンデスクで作業を始める。

デスク脇に灰皿と彼のコーヒーカップを置き、PCの状態をちょっとだけのぞき込み

そのまま彼の足下のクッションにぺたんと座り込んだ。

「時間掛かりそう?」

上目遣いで真剣にモニターにむかう彼を見上げながら、まとわりつく猫のように

彼の膝下をすりすりとさする。

「うん、もうちょっと。」

目はモニターにむかったままそっけなく答える彼に、カラダをぐっと伸ばして

テーブルの上のチョコを一個掴み、包装紙を剥いで口に咥えた。

「ねぇ!」

エサをねだるヒナのように、チョコを咥えた唇を突き出しくぐもった声で催促すると

チョコ好きの彼はようやくこちらに視線をよこし、カラダをかがめて私の唇から

チョコを奪っていった。

私から何個かチョコを口移しで食べながら、マグカップのコーヒーを飲み干す頃に

やっと作業が終わり、私の隣にあぐらをかいて座った。

「ずっと邪魔ばっかりして。」

いけない?だって対して気にせず作業していたくせに。

そういう気持ちで彼の目を少しいたずらっぽく見返したら、ふいに腕が

伸びてきて少し厚手のTシャツの上から左胸を掴まれ、器用な指で

乳首を探りあてきゅっと挟むように摘ままれて思わず声がもれた。

「あっ...」

それだけで、シャツの下の乳首はブラを押上げシャツの上からも

立ち上がってくるのがわかってしまう。

見返していたはずの強気な視線は、すっかり惚けたようにとろけてしまい

ただじっと上目使いに彼を見つめていた。

この記事のURL | 逢瀬 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
- アールグレーさま -
根が甘ったれなので、それが顕著に表れてしまうんでしょうね(^^;
実は6つも年下なんですが、なぜか年齢的にも近く感じて
ベットの上では、素で一番甘えてしまっているようです。
普段はおっとり、クールでテンション低めの彼なんですが
いざことに及ぶと征服欲たっぷりに責めてくるので♪
2007/05/30 14:27  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 私も思いました -
他の愛人さん達と会っている時とは
明らかに違う熟桃さんがそこにいるように思います。
とっても可愛らしいです。(^^)
なんて申し上げたら失礼かしら?
 
2007/05/30 14:08  | URL | アールグレー #Q9/JmjFs[ 編集] ▲ top
- terraceさま -
あははは(^^;
官能小説にしては、色気がなくて描写がラフですし。
自己満足で書いている文章ですから(^^;

そんなに他の記事と違いますか?
本人はおんなじ調子で書いているつもりなんですが...
これも惚れた弱みでしょうかね~♪
2007/05/30 00:26  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- Touruさま -
誉めすぎです(^^;
でも、映像としてのイメージを浮かべていただけたら
それはとても嬉しいです。
私も、自分を含めフカンでその時の状況を思い浮かべ
ながら文章に変換するようにしていますので。
彼氏君との逢瀬はいつも短めに記事にしていますので
今回は少し長めに書いてみようと思っております。
良かったらまた続きを読んでみてくださいね。
2007/05/30 00:13  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 小説家になればいいのに -
Touruさんのおっしゃるとおり
きっと売れますよ。

スパンカー審査委員長のときとは別人のようですね。(^^♪

2007/05/29 23:10  | URL | terrace #EybeWf1w[ 編集] ▲ top
-  -
いい雰囲気ですね。言葉をはさむと、雰囲気ぶち壊しにしてしまいそうなくらい、そっと、いつまでも、眺めていたいですね。満月の前の、上り詰める前の、期待感をびんびんに感じますね。14番目の月っていったところでしょうか。これから起こるであろうことを想像すると、いてもたってもいられなくなりますね。まるで映画のワン・シーンを見ているかのようで…熟桃さん、小説家になればいいのに、家田荘子よりも、きっと売れますよ。いい雰囲気だなぁ。うらやましい。
2007/05/29 21:35  | URL | Touru #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/169-26441bc4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。