FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
面接 壱の巻 「水芸」 中の四
2007/06/09(Sat)


「あ…あぁ…う、うそぉ…!」

もう熱も収まったかと思われた、アソコの中の熱く腫れた部分を

トトロ氏の太い指2本でグリグリと押されて情けないような声を出してしまう。

「ここをね、こうするだけでね」

今度は少し軽めに、でも腫れた部分を狙い打ちするような感じで掻き回されると

あっという間に中からどんどん溢れてくる。


面接 壱の巻 「水芸」 上
面接 壱の巻 「水芸」 中の一
面接 壱の巻 「水芸」 中の二
面接 壱の巻 「水芸」 中の三



「今度はこっちね。」

指をぐいっと奥まで入れられ、今度は奥の熱く腫れぼったくなっているところを

掻き回す。

奥からじゅわっとしみ出すように溢れてきたかと思ったら、すぐに外まで

溢れだした。

「だめぇっ!やっ..いやぁ!溢れるぅ!溢れちゃうってぇ!」

自分のカラダの中から否応無しに溢れさせられ、これは本当に「潮」だけなのか

それとも違う体液まで漏らしてしまっているのではないかと、カラダの奥から

熱くなってしまうような快感に翻弄されながら叫び続けた。

さっきよりは短く、それでも今度は背中まで冷たく濡れるまで溢れさせられて

トトロ氏はようやく二本の指をずるりと引き抜いた。

右手全体でアソコをもむようにしながら、親指の平でクリトリスをくるくると

撫で回すように愛撫した。

「ここだけでも、溢れ出てくるよ。」

熱くなってしまったカラダはそのソフトな愛撫にさえ、ピクピクと反応し

背中が反り返ってしまう。

「あぅっ!あ…だ、だめぇ!だめぇぇっ!」

弱い部分から背筋を伝ってはい上がってくる気持ちよさに、抵抗するように

頭を左右に振りながら快感に堪える。

「だめ?だめじゃないでしょ?気持ちいいんでしょ?」

その諭すような言い方に、そうだよ!気持ち良すぎて、だめなんだって!と

舌先まで出かかり、それを飲み込み、あぁもうダメと気を緩めたとたん

アソコからゴボっと溢れてでた。

「ほら、でた。」

でた、じゃないよ、でたじゃ!と心で思っていてもカラダはまだ熱いまま。

またしても息が切れてはぁはぁ言っているところへ、頭の上から言葉が

降ってきた。

「うん、やっぱり杏(仮)はドMだね。」

はい?意味がわからないんだけど...

いや、【ドM】の意味するところは、この半分惚けた頭でも理解できるんだけど

なんでそれが「やっぱり」で私に繋がるのかさっぱり判らなかった。

「ドMって?」

下から見上げるようにトトロ氏に問い掛けた。

「こういう風にね、感じても感じても漏らし続けるのはドMなんだよ。」

トトロ氏の得意げな答えを聞いてもちっとも意味がわからない。

「杏(仮)は淫乱なドMの素質がたっぷりだ。」

私のクリを責めていた右手は今度は胸の辺りをさまよっていた。

「ほら、ここもこんなに硬くして。」

気が付くとすっかり硬く尖ってしまっていた大きめの乳首を

コリコリと摘まれ、また声をあげてしまう。

「ドMの乳首なら、ここだけでも溢れるかな。」

まさかそんな...と思っているうちに手の平全体で乳房を掴み

指と指の間に大きめの乳首をはさみ込み、トトロ氏は大きく揺らす

ように揉みだした。

と同時に反対側の乳首に吸い付き、甘噛みするように強めに刺激する。

少し乱暴な愛撫にも関わらず、熱の冷めないカラダは全部を快感に

すり替え、また私の中の被虐感を煽っていった。

私の反応に気を良くしたトトロ氏は愛撫の手を強め、揺さぶるように

乳房を刺激し、大きめの乳首をつねりあげるように責め立てる。

口に咥えた右側の乳首もかりかりと噛み付いてきて、思わず悲鳴をあげた。

「あんっ!い、痛いって!あぁっ!いやぁ...」

確かに痛いはずなのに、それすら気持ち良さに変っていく感覚に

自分でも戸惑いながらどんどん追い込まれていく。

痛い!気持ちいい!でも、イヤ!辛い!気持ちいい!

頭の中がどんどん混乱してとりとめなくなってくる。

「やめぇ、や、やめっ!やめて、やめてぇ…!!」

痛い、辛いが消えて、苦しくなってくるような気持ちよさが

カラダを反り返らせ、逃げたいはずの胸をトトロ氏に自ら

押し付けるようなはめになったとき、頭の中に白い光の

ようなものが走り、一気に力が抜けた。

「あ・・・あぁぁっ・・・・」

トトロ氏の宣言通り、私のため息のようなあえぎ声とともに

何の刺激も受けていないアソコからドクドクと体液があふれだした。

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- さやかさま -
そうなんですよね~(^^;
胸の刺激だけで溢れた時はほんと
自分でもかなりびっくりしました~(*o*)
トトロ氏の経験は、かなりのようでしたが
私への評価【ドM】はいかがなものか、と(^^;
跳ねっ返りのスパンキーをつかまえて
そう言われても、ねぇ?
2007/06/27 12:00  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- ベテランさん -
 なかなかテクニシャンではないですか。
ちょっと、尊大なのがさやかの好みからは
はずれちゃうけど・・・・
経験に裏打ちされた自信ってのは
やっぱり、尊敬します。
2007/06/27 08:50  | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/186-79745bab

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。