FC2ブログ
2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
面接 壱の巻 「水芸」 下
2007/06/09(Sat)


「胸を責めただけでも漏らすなんて、やっぱり杏(仮)はドMだよ。」

トトロ氏の言葉にまた勝手なことをと思ったが、確かにシーツの下は

洪水のようにびしゃびしゃで冷たく湿っていた。

まるで、古典芸能の『水芸』のようだ...冷たいベットに突っ伏し

ふとそんなことを考えた。


面接 壱の巻 「水芸」 上
面接 壱の巻 「水芸」 中の一
面接 壱の巻 「水芸」 中の二
面接 壱の巻 「水芸」 中の三
面接 壱の巻 「水芸」 中の四



演者の太夫に操られて手元や刀、扇の先など舞台の至る所から水が

噴き上がり、観客の目を釘付けにする江戸時代の手品。

自分がそんな手品の素材になって操られてしまったかのような気分になっていた。

トトロ氏は飽きもせずまたアソコの中を2本指でなぶったり、アナルとアソコに

指を入れ、クリトリスを親指で刺激する3点責めをしながら、ぐったりした私の

手を押さえていた手をはずして乳房を掴み乳首を責め、その上舌を出し入れする

ようなレイプキスまでして私を追い上げていく。

なんだか総動員で責め続けて、私の中の水分を全て搾り取るかのような責めが

はてしなく続いた。

ベットシーツもベットカバーもすっかり冷たくなり、これ以上は本当にもう無理!

という感じまで追い上げられて、はじめてやっと私のカラダを解放してくれた。


すでに部屋について3時間近く経っていただろうか。

いつの間にか、トトロ氏もトランクス一枚の姿になっていたが、それすらも

気がつかないくらい翻弄され続けたらしい。

冷たく湿ったシーツをさけて、半分ベットから落ちそうな状態で寝そべって

いる私にトトロ氏がスポーツドリンクを持ってきてくれた。

「ほら、これで補給して。まだ時間はいっぱいあるんだから。」

ちょっと待て!これで補給したらまたショータイムの再開ってこと?

それはもう勘弁と思い、そろそろこちらから責めの体勢に入るべく

半分以上を一気に飲み干したペットボトルをベットサイドのテーブルに置き

カラダを起こした私の隣に座ったトトロ氏の太ももをさわさわと愛撫した。

トトロ氏は私のしたいようにカラダを預け、太ももから足の付け根を触り続ける

感触を楽しんでいるように見えた。

少し焦らすように足から腰にかけて愛撫をしていたが、そろそろ核心をと

中心部分に手をやったが思ったところに狙った獲物の感触がない。

あれ?目算を誤ったか?と思いまたそろそろと手を伸ばし探ってみるが

手に当たらない。

うん?もしかして、思いっきり冷静な状態ってことかと思い、いっそダイレクトに

いこうと、トランクスのゴムに手をかけするすると下ろしていった。

お腹から股へとふさふさの毛が続き、そのまま視線を追っていくととても

可愛らしいものが鎮座していた。

彼の大きな体格との相対的なものかとも思ったが…それだけの理由では

なく触って握った感覚が、とても新鮮だった。

私の手の中で気持ちサイズが変化してきたが、それでも私の小さめの手に

あまることなく行儀良く収まっている。

トトロ氏のでっぱったお腹に少々邪魔されながら、なんとなしに弄っていると

突然さっきまでとはまるで違う高めの声が落ちてきた。

「そ、そんなにしたらっ!で、出ちゃうよ」

え?出るって?今度はそっち?

そう思う間もなく、半分寝そべっていたトトロ氏の大きなお腹の上に

白いものが飛び散っていた。

「杏(仮)がそんなにするからぁ…俺の腹が汚れちゃったじゃないか♪」

そんなにって…それほどのことはしていないんだけど。

手だけで逝ってもらったのも初めてだし。

なんだかご機嫌なトトロ氏に連れられて、一緒にお風呂に入り

今度こそ本当に冷静な状態になったモノをまじまじと見つめた。

彼のお腹の肉に埋もれてほとんど見えない状態だったけれど。

湯船に浸かって後ろから抱きしめられながら、<バックは無理だな。前付き

の私のアソコまでお互いの肉で届かないだろう>とか<正常位でも、けっこう

難しいかも。よほど足を開かないと無理?>といろいろと考えてしまった。

私自身、今回の愛人条件は第一にスパンカー(スパンキング・マニア)で

あることだったのでエッチ自体は二の次だが、体位で頭を悩ますはめに

なるとは思わなかった。

結局その夜は、トトロ氏が満足してしまったようで一度も交わることもなく

軽く縛られたり、ローターで責められたりする程度で解放された。

すでに深夜になった街を、マンションの近くまで車で送ってもらいながら

彼の指技とサイズの因果関係に思いをはせた。


さすが『トトロ』だけあって下世話なモノは必要ないと言うことか。

「次に逢うときは目隠ししてしっかり縛るからね。」

「それとオナニー禁止だよ。守れたかどうかはきちんとカラダに訊くからね。」

それだけ言ってトトロ氏は帰っていった。

大丈夫、まだまだ実技面接は目白押し。

一人で楽しむ気分ではない、たぶん。

とはいえ、次があるかどうかは...まだわからない。

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- さやかさま -
そうそう、ささいなことは気にしないんです(^^;『トトロ』ですから
サイズと技の因果関係は...あるようなないような。
トトロ氏いわく、年上のお姉さまとお付き合いしたときに
仕込まれたとか(*o*)
2007/07/01 01:01  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- ウーン (Θ_Θ;) -
 だから、指技が、上達したとも言える。
それにしても、まったくそのような小さい事に(違)
こだわらない度量の大きさはさずが、トトロくんである。
 ( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン
2007/06/30 23:11  | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集] ▲ top
- ぷーたんさま -
私もびっくりでした(*o*)
私のいろいろ経験させていただいた中でも一二位を争うサイズです。

ただ、基本的に愛人さんたちには、彼ら自身で私をどうにかして
欲しいという希望がそんなにないんです。
スパンキングなり、媚薬なり、オモチャなり、縛りや指技なり
彼らの得意技で楽しませてくれればOK。
実際に交わる時や、フェラをする時はその分の返礼みたいな感じ
なんですよね。
もちろん、その行為自体でも楽しめればなお良し、みたいな(^^;

彼氏君とのエッチの時は、彼氏君Jrをすぐにも咥えたり、入れたく
なっちゃうんですけどね~♪

とは言え、体位の選択自体に制限がかかってしまうのは
想定外でした(^^;

そうそう、良かったらアンケートにもご参加くださいね~(^^)/
2007/06/28 14:01  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
えー、あー、いや・・・。

トトロ氏にそんな落ちがあったとは!^-^;

私も身長185センチ、体重たぶん90キロぐらい?の男性で、
あちらが小さいというか短い方とエッチをしたことがあります。
(硬さと、長持ちはまぁまぁでしたが)
やはりお腹と短さが原因なのか、私の大好きな女性上位すら抜けてしまうぐらいですから、バックなんて無理でした。
(というか彼のほうからバックで求めてこないのでたぶんできないと分かっていたのだと思います)

・・・でトータルして、よっぽど愛が無い限り、お付き合いは難しいですね。^-^;
あくまでも私の場合です。


2007/06/28 12:31  | URL | ぷーたん #jhHw6g8s[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/187-e70d88f3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。