FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
女神達の微笑み
2008/01/08(Tue)


最近S女性さんのブログを拝見する機会が増えた。

S性・M性に性差はなくMな男性がいるようにSな女性がいるのも

至極当たり前のこと。

ただ、正確な数字はわからないのだけど表面的に見える状況からすると

Sな男性やMな女性より比率として低いのかなと思う。

スパンキング嗜好の世界でも似たような比率で、一番稀少な存在が

女性スパンカー(叩く方を嗜好する人)だったりする。


ところで、いわゆる女王様的な感じではなく「S嗜好の女性」「主性嗜好の女性」

という方達の【思考】を目にする機会が以前より増えたような気がする。

様々な思考や嗜好を拝見しているうちに面白い共通点を見つけた。

それは『主』嗜好の方々の『隷属するもの』に求める精神的水準の厳しいこと。

まずは矜持を正して私に向かってきなさいと微笑みをたたえながら諭している。

その厳しさを見るにつけ、女性は選ぶ性、男性は選ばれる性なのかなぁと思う。


生物の生殖活動において選択権を持つのはほとんどの場合、雌だ。

雄たちはあらゆる努力をして雌の目に止り選択されるために活動する。

例えその繋がりが束の間のものであっても、選ぶのは雌で選ばれるのは雄。

後宮を持ち星の数ほどの愛人を持つマハラジャもその財力を失えば

選ぶ(絶対的に選ばれる)魔力を失う。


その原理は、もしかしたら絶対的権力者であるはずのS男性の【ご主人様】にさえ

影響を及ぼしているのではないかと思ってしまう。

もちろん『隷属されるもの』に対して厳しく接している方が大半だろうが

自分の求めるものを得ることができないと分った時、ためらいなく切る(選択しない)

ことができるのは女性の『ご主人様』の方のような気がするのだ。

男性の『ご主人様』は多頭のように増やすことは得意でも切るのは

あまり上手ではなさそうな印象を受ける。

女性の『ご主人様』のようにスパっと情容赦なく切るというのは苦手なのでは

ないだろうか。

もちろん長く連れ添いお互いあうんの呼吸がわかる、そんな関係では女性だろうが

男性だろうがそう簡単に切ることは難しいだろうが。

が、いざとなったらすっぱり切れる、『選択しない』ということを決断できるのは

女性の方が得意そうだ。


S女性の『ご主人様』がとても凜として見えるのは、選ぶにしろ選ばないにしろ

自分の選択に対する自信と誇り、過去に対する執着心の薄さなのかもしれない。

そんな『ご主人様』方に仕えるM男性の『隷属される』方々はさぞ大変だろうが

その分選ばれた悦びはひとしおなのだろう。



M嗜好であっても主従、ましてや隷属嗜好をこれっぽっちも持たない私が

あれこれ言うのもおこがましい話だけれど。


この記事のURL | ひとりごと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 朋さま -
いえいえ、素敵な女神様ですよ♪
時に阿修羅のように厳しい一面があっても、きちんと対応し努力した方へは
菩薩のような慈愛に満ちた微笑みを向けられるのでしょうから☆

なんて...こっそり?書かせていただいた記事にコメントをいただいて嬉しいやら恥ずかしいやら(^^;
悪戯を見つけられた子供のような気分です♪
ありがとうございました~m(__)m

朋さんのスパンキング姿、素敵でしょうね☆
たまには御手に持つ鞭をヘアブラシやパドルに持ち替えて
頑張ったM♂さんをお膝の上でご褒美のお仕置きなどしてあげるなんて...いかがでしょう?

あ...なんだか妄想しただけで、萌え☆です~♪
2008/01/09 22:01  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- プラタナスさま -
はい、イメージとしては女性は質を、男性は量を求める感じですよね。
私の場合はどっちも欲しがる欲張り女ですけど(^^;

隷属嗜好を持たないM、これって日本的なSMの世界ではマイナーなんですけど
欧米型BDSMではよくあることみたいですね。
マルキ・ド・サドが求めたサディズムには相手に対するひたすらな加虐願望はあっても
あまり主願望は無かったような....元々侯爵という支配階級にいた人物ですからね(^^;

スパンキングマニアもしかり、基本的な立場は同等なんです。
お互い、相手のことを「P=パートナー」と呼び合うのもまさにそんな感じですね。
どちらかと言うと「保護者」と「被保護者」みたいな関係です。
で、保護される方は「自分は保護されて当然♪」と思ってますし(^^;
自分を保護してくれる人だから、そのPからのお仕置き=スパを受ける、という理屈です(^^;

こういうところが、スパンキー(叩かれるのを嗜好する人)は「M」であって「M女」「M男」ではない
と言われる所以かもしれませんね。
2008/01/09 21:47  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
えーと女神とは程遠いキャラで申し訳ありません(笑)
ハードル高いですよね、私w
必死にそのハードルを幾つも乗り越えてくるM♂は案外可愛いものですよ(微笑)
辿り着いて傍に置くことに決めたときには尻拭いもする覚悟もあるつもりですし^^

プロでないS性を持つ女性が書いているモノはすごく少ないかもしれません。
書き殴りブログですが細々と続けていきたいと思います^^
スパンキング・・・割と好きだったりします(最近手持ち武器が多くなったので素手はあまり使わなくなりましたがw)
2008/01/09 20:35  | URL | 朋 #Kywjy1uI[ 編集] ▲ top
-  -
繁殖する機会が、男性のそれに比べてはるかに少ない女性は、繁殖相手を厳しく選択する必要があるのでしょうね。
その意味では、SであろうとMであろうと、選ぶ側にたつ性は強いのかもしれません。

主従でない関係の私が言うのもまた、おこがましい気もしますが(笑)一般論として。

M的嗜好ををもち、隷属嗜好をもたない、と、
ご自身のことをはっきり自覚されている熟桃さんのお考えがとても興味深く、楽しみに読んでいます。
私もそういう傾向があるかと思いますが、そこまで潔く言い切れていないもので^^;

今年もよろしくお願いします^^
2008/01/09 18:34  | URL | プラタナス #1bkUGJEw[ 編集] ▲ top
- Touruさま -
生まれ変わり、そうかもしれませんね。
そういう意味では人間の細胞も常に生まれ変わっているので
自分では気が付かないうちに新しい自分になっているのかも(^^;

慈愛の母性とシビアな選択感を併せ持っているのが女性性なのかもしれませんね。
私はどちらかと言うと男性脳なのでどっちつかずですけど(^^;
2008/01/09 10:26  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 簡単に捨てられるもの -
昔、師事していたシナリオライターから、女性は、毎月生まれ変わるって、聞いたことがあります。月のものを落としていくたびに、皮がむけるように、新しい女に生まれ変わるって。だから、生まれ変わるときに、以前、持っていたものって、きっと、いとも簡単に捨てることって、できるのかなって、そう思いますけどね。
2008/01/08 22:53  | URL | Touru #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/305-9290c94a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。