FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
飢える
2008/02/16(Sat)

このところずっとココロの裏側とカラダが飢えている。

いつになく彼氏君の訪問が続き、心の表側はとっても満たされているというのに。

その分、反対側にあるぽっかりと大きな口を開けた貪欲なココロが空腹だと訴える。

理性も常識もとっぱらってドロドロとした欲情を貪りたいと訴える。

誰かの膝の上で泣き叫ぶまで痛みを貪りたいと訴える。


さて、どうしたものか。


この記事のURL | ひとりごと | CM(5) | TB(0) | ▲ top
コメント
- コメントありがとうございます♪ -
■さやかさま
 確かにそうかもしれませんね~
 普段1~2ヶ月に一度しか逢えない彼氏君が
 珍しく足繁く来たので調子が狂ってしまったのかも(^^;
 人間、表と裏のバランスなのかもしれませんね~

■マロニエさま
 過剰体質、その傾向あるかもしれませんn(^^;
 来週末には愛人C氏、再来週末にはB君と予定はしっかり
 入っているはずなのに、それまでは待てぬと裏のココロが
 訴えてきてましたので(^^;
 普段必ず晩酌する訳でもないのに、一杯飲み始めると
 一晩中飲んでしまいたくなるのと同じかも☆

■Touruさま
 そうそう、そうかもしれません。
 彼氏君は私の大好物ではあるんですが....
 もしかしたら、辛いものが食べたくなってしまったのかも
 しれませんね~
 表の心と裏のココロ、なかなか御しがたしというところでしょうか。

■なつこさま
 いやいや(^^;
 なつこさんに二つの口があるとすれば、どちらも表
 そんな気がします。
 だから、いつもちゃんとバランス良く保たれているんでしょうね。
 あのパワーで楽隠居はちょっと無理かと(^^;
2008/02/18 00:48  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- ヤバイぞ -
私はもしかして、干からびちゃった?

そういう願望がすっかりナリを潜めてしまいました(^-^;
2008/02/17 14:25  | URL | なつこ #rId1tC1Q[ 編集] ▲ top
- ないものねだり… -
おなかが、いっぱいになっても、ものすごく好きなもの、例えばケーキをみると、胃の上部に自分で空間を作ってしまうように(これを人は『別バラ』という)、甘いものをたくさん食べた後に、辛いものが無性に欲しくなったり、おしるこを食べた後に必ず鷹の爪のはいった、白菜の漬物をつまみたくなったり、あちらのほうも、満足しても、また違った刺激を求めたくなったりするものなんでしょうね。かえって、満足したときのほうが、別の刺激を求めてしまうのかもしれません。彼女と会ってプレイした翌日には、もう別のプレイの妄想に耽ってしまうって、そんな感じかもしれませんね。正常な感覚だとおもいますけれども。違いますか。僕が異常なのかな。
2008/02/17 09:12  | URL | Touru #-[ 編集] ▲ top
-  -
さやかさんもおっしゃっていますけど、
満たされているはずなのに飢えている感覚は不思議ですよね。
私の場合も、
からからに乾いた砂が一適の水を望むというより、
梅雨時に台風も望んでしまうような・・・

そういう過剰体質があるって自覚があります。
好ましいと思う相手にも、必ず過剰体質を見ます。

厄介な体質ですねえ^^;(笑)
2008/02/17 06:34  | URL | マロニエ #NkOZRVVI[ 編集] ▲ top
- 続くとなぜか・・・ -
 お腹が減るというものです。
彼が忙しかったり、疲れていたりして
やむなく「事」の間がすごーく空いてる時・・・・
淋しいけどそれなりに我慢、我慢。
ところが、調子良く続けてかっとばされると
満足ですっきりしてるはずなのに
「もっと、もっと」と、なってしまう。(@_@;)
なぜだ・・・。
困ったもんであります。
2008/02/16 23:43  | URL | さやか #DS51.JUo[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/336-05ad7c5a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。