FC2ブログ
2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Un Homme et Une Femme
2008/03/31(Mon)

先日またまたネットでお世話になってる方々とオフでお会いする機会があり

グラス片手にアブノーマル談義に花を咲かせるという楽しい時間を持つことができた。

M嗜好の女性にS嗜好の男性、それぞれ違うバックグラウンドを持つものが

一つ所に集い、あれやこれやと話をするのは本当に面白い。

その中で、いくつか喧々囂々(ケンケンゴウゴウ)となった話題うちのひとつがこれ。


「男と女、どちらが優秀か。」


こういう変態仲間(失礼^^;)の会に限らず、宴席ではよくある話題のひとつだと思うが

見事に正反対の意見がぶつかってとても興味深かった。

その話にいたる前に「なぜホテル代を出すのは男性の場合が多いのか」とか

紆余曲折あってのことなのだが。

で、そこに出てきた意見が二つに分れた。


片や「やはり人間的に優れているのは断然男性側。匠といわれる技術者は全て男性だし。」

片や「男性はもの凄く優秀な人とどうしようもないグループに別れる。平均値は女性が上。」



どちらもなるほど、と思う意見。

で、私の見解はというと........「老若男女関係なく、優秀な人は優秀。だめな人はダメ。」

答えになってないじゃーん!って怒られそうだけど、本当にそう思う。

生物学的な目で見れば女性、社会学的な目で見れば男性かな?と、わずかには思うけれど。

それについても何をもって優秀と取るか(筋力か?個体繁殖力か?)によって変わってくるだろう。

男らしさ、女らしさも時代によって移り変わる。

その「らしさ」という洗脳によって、持っている能力が伸ばされたり押さえ込まれたりもするだろう。

個人的な感覚からいえば、男女差の優劣より個体差の優劣の方を肌で感じる。

私を含め、外資系企業育ちの人間はそういう考えを持つ人間が往々にして多い。

同じ外資系でも米国(ユダヤ系)資本とフランス資本の両方で働いた経験から

より強くそういう概念を持ってしまうのかもしれない。


私がかつて属した企業では男女差や年功序列なんてまるで関係なく、それこそ国籍も人種もバラバラ。

上司への根回し(ゴマスリ)や自己アピールも含め、結果を出した人間はその報酬を受け取る。

が、それもあくまで四半期単位の評価で、結果が下がればすぐにそれが給与に反映していく。

年俸制や出来高制のスポーツ選手をイメージしてもらえればわかりやすいかもしれない。

男性か女性か、若年か高齢か、白か黒か黄色か...ビジネスの上では関係ない。


人種によるステレオタイプだってかなり怪しいものだと最近は思うようになった

時間に正確でもの凄く働きモノのイタリア人もいれば、気弱でいい加減なドイツ人もいる。

ワインやチーズが苦手で和食、それも納豆好きのフランス人も結構いるのだから。


同じような環境で育てられ、男女差・国籍人種差に関係ない倫理感と教育を与えられたら

分野はそれぞれ違っても、単純に個体差による優劣がつくのではないだろうか。


男って~だからダメだよね、とか

だから女は~なんだよ、とか



なんて嘆いてみてもはじまらない。

それは『男女差』ではなく、たぶん『個体差』

話を聞かない女も、地図の読めない男も結構いるものだ。

そういう個性もひっくるめてその人の魅力。

それが自分にとって困った個性だったら、是正してもらうべく根気よく働きかけていくしかない。


往々にしてどの世界に属しても異端者(変わり者?^^;)になってしまう私はそう思ってしまうのだ。

(女性なのに男性脳、Mなのに隷属嗜好なし、スパンキーなのにスパ後のエッチ好き...etc.^^;)



【Un Homme et Une Femme 1966】





【Un Homme et Une Femme Clementine】




この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 葉月さま -
あははは、葉月さんらしい発言ですね。
確かに女性器より男性器の方が造詣的には...ってどちらも奇妙奇天烈だとはおもいますが(^^;
だって所詮凸と凹ですからね~

全体的な美しさはほとんどの生物は雄の方が華やかですね。
が、それも雌に選んでもらうための地道な進化と努力の賜物かなぁと思います。
雄は雌に選んでもらってはじめてDNAを残すことができる訳ですから。

あ、実は遺伝子生物学で卵子と卵子の細胞融合はほぼ成功していて
倫理上の問題は別にして文字通りアマゾネスは作りえるそうです。
もともとそういう仕組みから発生したのだからさもありなんですが。
(X染色体にしかDNAは乗っていない)

でも心情的には女ばかりの世界は味気ないですよね~(*o*)
男女お互いのためにも、ぜひ男性には華やかで優秀であって欲しいものです♪
2008/04/02 01:01  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 男尊女卑派です! -
なんだかんだ言っても、私は男性の方が優れていると思っています。
女はね、男によって女にしてもらってるんですよ。
でも男は単体でも男でいられるんです。
ここが大きな違い。

そして何よりもですね、これを私は力説したいんですが、男性の象徴である「おちんちん」の完成された美しさ!これにはもう、脱帽です。どうしてこんなにも美しいモノを造り出せたんだろうかと、神様のセンスには平伏したい気分です。

それに対して女のおまんこは、形状もなにも、ただの肉ヒダっていうか、シワシワっていうか、美しくもなんともないし、そもそもどこからどこまでがおまんこなのか、女の私にもよくわかりません。

敵いませんよ、おちんちんの美しさとか逞しさとか可愛らしさとかには。だから男に一票!
2008/04/02 00:31  | URL | 葉月 #NmRVQg7I[ 編集] ▲ top
- 夜空 舞さま -
そうですね~
生物の元祖はみな雌雄同体...いわゆる雌系だったりしますから。
ただ自己分裂だけではバラエティさに乏しく何かあったときにいっせいに滅ぶ可能性があります。
そのためにはDNAをスクランブルする役割の雄が必要になってくるのかも。
選んでもらうためには雄も必死になるので必然的に優秀にならざる得ないのかと(^^;

そう、男女どちらも一生懸命な人はえらいですよね。
2008/03/31 23:12  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
男女差じゃなく、個人差だと思います。
男でも、女でも優秀な人がいますからね。

それで、子孫を増やすことが出来るから女が上かな?
と、ちょっと思いましたが・・・

精子を出してくれる男がいない事には・・・
子孫を残せないですよね・・・。

やっぱり、どちらもエライです・・・。

2008/03/31 22:28  | URL | 夜空 舞 #uuOpwH8k[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/361-721b81d8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。