FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
想い返せば 1
2006/12/05(Tue)


先日の愛人C氏との逢瀬は2ヶ月ぶりで、いろいろ思うところがあったので

彼との相性を改めて見極めるつもりでのぞんだ逢瀬だった。

いつものようにホテル街近くのカフェで待ち合わせ。

C氏は放っておくとすぐに二人きりになりたがり、そそくさと

ホテルに入ろうとするので、それを避けてワンクッションをおきたくて

少し遅れて入った店内で彼を見つけると席にいてくれるよう視線で

サインを送り、オーダーカウンターでトールサイズのラテを頼んだ。

手に余るラテのカップを脇に30分ほどお互いの近況などを話しながら

二人の間の空気がやわらかく和んでくるのを見計らって店をでる。

カフェのほど近くにあるC氏お気に入りの、鉄骨の梁のある部屋がある

いつものホテルに入った。

残念ながらお目当ての部屋は埋まっていたがそこそこ広さのある

落ちついた雰囲気の部屋を選び、定員2名のエレベーターに乗り込んだ

二人きりなったとたん、腕を引かれ抱き寄せられて顎を手で持ち上げられ

上向かされて噛み付くような貪るようなキスを受けた。

最上階にある目的の階に到着してようやく最初の責めから解放される。

部屋に入ると責めの続きに入らぬように持参したワインや軽いつまみなどを

テーブルの上に広げ、前にプレゼントしたオープナーで開けてくれるようにC氏にねだった。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/38-c8a64f8c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。