FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
火照り
2008/05/07(Wed)

今回のGWはなんとか事前に仕事を仕上げることができ、後半の4連休を死守することができた。

新愛人氏は連休返上で仕事に明け暮れることとなり、私の方ものんびりムード。

友人との会食という名の飲み会を後半にまわし、前半二日は珍しく彼氏君と二人きり。

彼に誘われるままにイタリアンのビュッフェランチに出かけた。



小さな町の小さなイタリアンの店は休日と言うこともあってほぼ満席。

ちょうど客の入れ替わりで少々大きめの席が取れ、取り皿を片手に

やれサラダだ、パスタだ、ピザだとテーブルの上は山盛り状態。

休日の昼らしく、ランチビールにイタリアンビールのモレッティで乾杯。

駅前の人通りを眺めながら休日の午後を楽しんだ。

満腹になった腹ごなしがわりに少々遠回りして商店街のモールをぶらぶらと歩き

ドラッグストアやら100円ショップ、昔懐かしい金物屋や携帯ショップを冷やかしながら

夜のワインの肴にチーズやベーコンを買い込み私の部屋に戻った。


ゆったり気分で冷蔵庫にきんきんに冷やしておいたカヴァを取り出し

フルートグラスに注ぐともう一度グラスを鳴らした。

初夏の長い陽がだんだんと傾き、高層階から見下ろす街並みをバックに

テーブルをはさんでオリーブの実を摘みながらダラダラと話していたら

前夜深夜残業だった彼氏君は半分うとうとしだし、そのままベットに撃沈する。

最近飲むとすぐおねむになってしまうようだ。よほど疲れが溜まっているのだろう。

そのまま静かに寝かせておいて、その間にテーブルの上を片付け

簡単に夕食の準備をすませてしまおうとそっと席をたった。

洗い物でガチャガチャと食器の音をさせても、すっかり熟睡して目を覚まさない様子に

つい口元がゆるんでしまう。

準備が一段落すると、彼の様子を伺いながらPCに向かいメールチェックをする。

さて自分のブログでもこっそりチェックしようかという時、タイミング良く彼が起きだした。

さりげなくブログやメーラーを閉じながら彼に声をかけた。


「コーヒー入れようか?」


半分寝ぼけた顔でうなずくと、ドリップを準備する私の首筋にキスをしそのままバスルームへ。

起きぬけのくせに夕食の前に私がご所望ということか。

それならばと、彼のシャワーの音を聞きながら愛人B君お勧めの軽めの媚薬を口に運ぶ。

タオルとバスローブをバスルーム前のハンガーにかけると、入りたてのコーヒーカップを手に

部屋に戻り、照明を少し落とした。

彼と入れ替わりにシャワーを浴びようと立ち上がると、風呂上りの少し湿った体に

そのままぎゅっと抱きすくめられた。

唇を塞がれたまま、胸や背中をさんざん弄られ高められた上でポンと背中を押される。


「シャワー浴びておいで」


汗を流しながら、もうすでに軽く息が弾むのは彼のイジワルのせいだけではないだろう。

まだ日が落ちたばかり、明日の昼まではたっぷり時間はある。

一晩かけて、この火照りの責任をとってもらおうか。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/382-ee27307e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。