FC2ブログ
2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
泣かない女
2009/02/28(Sat)

私は泣いたことがない。


....なんて言うと明菜や陽水の歌詞のようだけど。

ベッドの上で鳴かされることはあっても、きついスパンキングで涙ぐむことはあっても

正につけ負につけ感情を高ぶらせて恋人の前で泣くことは、今まで一度もない。

諍いの場面でも、別れの場面でも、冷めたような面持ちで相手を見つめるだけ。

と言っても恋人とケンカをするなんてこともほとんどなかった。



唯一数年間一緒に暮らした同棲相手とは他愛ないことで良くケンカもしたけど

言うだけ言ってお互い顔を合わせたくなくなると、深夜だろうが何だろうが

私の方がプイっと部屋を出ていってそれ以上からまないようにした。

恋人に対して不満があれば、外で発散してしまうからかもしれない。

一緒にいることが嬉しすぎて泣くこともない。

彼を想って一人涙することもない。

気分が少々高ぶることがあっても、一人ロックグラスを煽って寝てしまう。


逆に相手(男)に泣かれたことは何度かある。

別れるのが辛いと深夜にリバーサイドの公園の片隅で、私の胸に顔を埋めて泣いたのは

私に騎乗位を教えてくれた最初の彼氏。

地方出向で遠恋になることをなかなか私に告げられず、言葉より先にぽろぽろと涙をこぼしたのは

何度か私をつれなく振っておきながら「本当はずっと好きだった」と言った五番目の彼氏。

一升瓶かかえて男泣きしながら、「本当は別れたくはなかったんだ」と私に訴えたのは

前出の唯一一緒に暮らした少々S気のあった六番目の彼氏。

その度、相手のテンションの高さに癖壁し背中でため息をつきながら

それでも何とか相手に調子を合わせているうちによりいっそう気持ちは乾いていく。

別れ話は仕方がないとしても、当時ラブラブなはずの相手との遠恋話の時でさえ

相手の悲しみのテンションについていけず同じように悲しんであげることができなくて

まるで自分が悪いことをしてしまったような気がしてかなり気まずい思いをした。

泣いてどうにかなるなら泣きもするが、そんなことよりこれからの事を考える方が先と

頭が即座に切り替わってしまうのは....男性脳・女性脳とは関係なく私のドライさゆえなのか。

たぶん....女性が得意とする「共感する心」や「共感する感情」がとても薄いのだろうと思う。

想像し、察することはできても「感情で共鳴する」ことができないのだ。

知識や理論、筋道として共感し納得するという「共鳴」はなんとかできるのだけど。


むろん小さい子供の頃からそんなにドライだった訳ではないが、

なんどか感情を剥き出しすることのむなしさを味わってからは

いつでもある程度のベールをかけて表現することが身についた。

恋人という関係の相手に対してもそれは変わらない。

もちろん相手を拒絶する訳ではない。受入れはする。

ただ、泣くという表現方法で感情を露わにしたり共感を表現しない、できないだけ。

ラテン女なのにドライってのもある意味変な話だけども。


だからこそ、嫌がり反抗し泣きわめき負の感情をまざまざと露わにし

その幼い子供のように乱れた自分をまるごと受け止めてもらいたいがために

『子供(弱者)に対するお仕置きとしてのスパンキング』に憧憬するのかもしれない。


泣かない女は、実は一番の泣きたがりなのだろう。



【飾りじゃないのよ涙は 3人バージョン】


明菜、若干22歳(*o*) 今でもカラオケの時のマイクは『明菜持ち』(^^;


【飾りじゃないよの涙は 2人バージョン】


まさに大御所二人組み♪



この記事のURL | ひとりごと | CM(17) | TB(0) | ▲ top
コメント
- あむさま -
仲直りのプレゼントがラトゥールとは(*o*)凄いですね~
涙を必死に堪えた姿ってのはいいですね。なんとか自己制御しながら
お相手あむさんに対して想いを伝えようとしている姿が健気ですね~
私の今までの例はどなたも自己陶酔の世界に入ってしまっていたので(^^;

今の彼がそういう健気な姿を見せたら....どうでしょうね。
あまりの意外性にちょっと拍子抜けしてしまうかも(^^;
そういう意味では彼は私よりもずっとテンションが低いので。
たぶん、男性の健気さや自分に対するひっしさを
素直に嬉しいとか愛しいと感じるセンサーが
私の場合、かなり鈍いのかもしれませんねぇ(--;

これはほんと、諸刃の刃となって自分に降りかかってきます。
2009/03/06 00:55  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- そういえば -
昔、一度だけ彼の涙を見たことがあります。
唯一別れ話に発展したケンカが1週間ぐらい続いた後、プレゼントなんてもらったことないのにキレイにラッピングしてもらったCh.Latour(←無粋な人が私の喜びそうなモノを考えに考え抜いて選んだのがコレ。なぜ、酒w?)を捧げ持って、涙を必死に堪えながら「別れたくない」って^^; 思わず酒に釣られて嬉しくて仲直りしちゃった。
あ、惚気話みたいになっちゃいましたが、抑えた男の涙は許容範囲に入りませんか?

私は猫のオシッコみたいに隠して泣く方が好きだったはずなのに、近年、歳のせいか涙もろくなってきました。とほ。
2009/03/05 13:34  | URL | あむ #kPOYZH2U[ 編集] ▲ top
- みの りかさま -
「私の為に泣いてくれた」....そういう捉え方もあるんですね~(*o*)
ぜんぜん思いもしませんでした~(^^;それもどうかって感じですね。
どちらかと言うと自分に酔っているように見えてしまっていたので(^^;
おいおい、私はいつも置き去りかい?なんて思っていましたし。

確かにせっかく泣くんだったらその行為(?^^;)が報われる相手の前で泣くほうが
お互いのためにいいですよね~(^^;
そういうサンプルを見ていると、いざ自分が泣きたいと思っても
なかなか発散できなかったりもします。(^^;
2009/03/05 02:04  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 同じです -
私も「男の涙はズルイな」と思うクチです。前回は初コメントだった為、そこまで言うのも・・・と自主規制してました。結局、男の涙を「ズルイ」と思うのか、「私の為に泣いてくれた!」と思うのか、の違いですよね。でもどうせ泣くなら男子は後者の女の子の前で泣くべきですね。付き合ってたら自分の彼女がどちらかなのか分かってると、いや、分かってて欲しいですね。
2009/03/04 22:18  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
- パイパン大好きさま -
この記事を気にかけていただきありがとうございます~m(__)m

確かに人前で泣き顔を見せるのってなかなか難しいものがありますよね。
さらっとその弱みを見せてしまうことができるのは、逆に強いのかななんて
思ったりもします。

私の経験値から言うと 「涙は女性の武器」というより「男性の最終兵器」って感じです(^^;
女性が泣くのは当たり前、それこそ大して驚くこともないような気もしますが
「男の沽券」も「プライド」もかなぐり捨てて泣く姿は、最後の武器を振りかざされているようで
(俺にここまでさせたんだから、俺の言うことを聞いてくれ!....みたいな^^;)
可愛いというより、それをやったらおしまいでしょ?って気分になりました。
男の涙はズルいな、みたいな(^^;

「女性は悲しくて泣くのではない、泣くから悲しいんだ」はなかなか興味深い考察ですね。
確かに泣いてテンションがあがってくるとその気分に酔ってしまうこともありそうです(^^;
そうなったら、仰る通り泣きたいだけ泣かせてあげるのがいいようです。
ただし、これは私の経験上、男性にも当てはまりますけれど(^^;
前のコメレスにも書いたんですが、涙の成分の中にはストレスを軽減する物質が
入っているようですので男女関係なく気持ちよく泣ければ気分もすっきりするのかも(^^;

関連記事、もし書いていただけるようなら光栄です~☆
2009/03/03 02:28  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- まこさま -
まこさんもオンとオフがはっきりしているのかもしれませんね。
オンの時は冷静で物事を処理されていくのでしょうね~
悔しいときに泣くって感覚はいっしょかも。私の場合は滲ませるって感じですが(^^;
でも、慰め役っていうのは目から鱗でしたよ。そういう役割を演じる手もありましたね。
私はそういう場は面倒になってしまうのでその場を早々に立ち去るか
男友達とつるんでいました。

確かに泣くのは自分のためなんだろうなと思います。
酔いたくて飲むのと似ているのかもしれません。
が、気がつくといつも先に相手が酔ってる場合が多いような感じですね~
気遣い....どうでしょう(^^;
ただ、自分がほんとにサーモスタットを外して決壊したら
とんでもないことになりそうで、なまじの相手では共倒れになるか
速攻で逃げ出すか、そんな予感(確信?^^;)があるので
なかなか勇気がでないだけかもしれませんね~

せめてスパンキングという様式の中で少しでも表現できたらと思っております~
2009/03/03 02:06  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- みの りか さま -
初コメントありがとうございます~m(__)m

みの りかさんも同じような感覚をお持ちなんですね~
ご指摘の通りこの「~しない女」はある意味流れがありまして
3部作みたいな感じになる予定です。
で、これは第2部という感じですね。

男性との別れが多いのは私のラテン女ゆえなんですが(^^;
ラテン女らしく修羅場に...ということはほとんどありませんでした。
やはり事後策を考えてしまうのでそのシチュエイションに浸れないんですよね(^^;
同じような感性の方のコメント、とても嬉しいです~☆

またぜひお暇なときはコメントを残していってくださいませ~m(__)m
2009/03/03 01:53  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 長文・駄文にて失礼します。 -
今回のエントリーは葉月さんと同じで、とても心に響くエントリーでした。
直ぐにコメントしよう試みたのですが、、
何度となく書き直しをして・・・、コメントするのが遅くなりました、m(__)m

私はテレビ・映画等で感動的なシーンとか、感情移入しては結構一人で泣いてしまいますけれども、
(古い人間なのかな)ドンナに辛くて泣きたくても、女性の前では必死で我慢してしまいうと思います。
これは私の見栄なんです、自分の泣いている顔(自分の弱み)を見せたくないのです。

最近は平気で(?)男性が女性の前で泣くみたいですね、
「涙は女性の武器」これはもう死語かな、今は「泣く男は可愛い~!」って感じなのかな、

恋愛経験の乏しい私なので修羅場は経験したことがないのですが、
色んな意味で、女性の涙には相当に惑わされました。
そこから辿りつたのは「女性は悲しくて泣くのではない、泣くから悲しいだ」と考えるようになりました。
(私は)女性が感情的になれば成るほど、更に冷静に醒めて相手を観察してしまいます。

これは熟桃さんお話に通じるかなって、、
>泣いてどうにかなるなら泣きもするが、そんなことよりこれからの事を考える方が先と頭が即座に切り替わってしまうのは....
何か、とっても判る気がします。
私も多分、、メチャクチャ冷静にこれからのことを頭の中では色んな考えを巡らしていますね、

そこから私が導き出したのは 
一旦女性が感情が高ぶって泣き出したら、途中で何か(謝って?)止めない、トコトン最後まで
泣いている途中に何を言っても、無駄だと思うからです、泣き疲れるまで、、何も言わずに放置です。
散々泣きつくすと、すっきり(サッパリ)した表情になるのを何度が見たことがあります、
女の涙って、、不思議な魔力が潜んでいますよね、
これについては弊ブログでまた機会があれば取り上げて書いてみたと思います。

>泣かない女は、実は一番の泣きたがりなのだろう。
いいいお言葉です!!
2009/03/02 16:11  | URL | パイパン大好き #xwn29P.U[ 編集] ▲ top
-  -
小さい頃はビービー泣いていたはずなんですけど、ある時から私泣かないな~と気づきました。
どこか冷めていて映画を観ても卒業式でも平気、隣で泣く友人の慰め役になってました。(唯一「悔しい」時には泣いていた^^)
まあ、ありがちなんですが^^;修さんと出会って泣けるようになって、泣くのって「自分のため」というのが大きいと感じています。

そう思うと、泣かない=ドライってこともあるかもしれないけど、もしかしたら、泣かないのは一番気遣いができてしまっているということかもしれないと思いました。「できてしまう」ね。

その気遣いを取っ払える瞬間を求めているのかなって。






2009/03/02 09:46  | URL | まこ #C/VgCf6Q[ 編集] ▲ top
-  -
はじめまして。今まで見るだけでしたが初めて書き込みします。このエントリーを書かれたのは前回の恋愛診断の結果をみて感じるところがあってのことだと私は思います。というのは、熟桃さんの結果内容は私が熟桃さんに対して想像していた雰囲気とよく似ているものだったからです。それは私の性格とよく似ているなぁと思っていました。
私は熟桃さんのように男性との別れがあまりないのですが、私も先に男性が泣かれると冷めちゃいます。つーか、この場の雰囲気をどうしたらいいの???的な。別にそこまで考えなくてもいいんでしょう、その時一緒に二人で泣けばいいんでしょうけど~~
泣いてどうなるの??これからどうするつもりなの??という気持ちの方が先立ちます。


2009/03/02 09:31  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
- なつこさま -
確かに涙の中にはストレスを軽減する物質が入っているみたいですね。
だから泣くとすっきりするというのも間違いではないようです。
それにしても、なつこさんの方がよっぽどラテン女らしいかもしれませんね~(^^;

スパンキング行為ですが、最近ようやく悲鳴をあげたり
痛みを訴えきっちり反抗できるようになりましたが
まだ大泣きしながら叫ぶというステージまではあがれずにいます。
スパンキー道もなかなか険しいようです~(^^;
2009/03/02 00:09  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- プラタナスさま -
お騒がせしてすみません(^^;

いや、単に不器用な女の話なんですよ。
なんというか、泣きたがりのくせに泣き方がわからない...みたいな。
前回の記事ではありませんが心がサイボーグなのかも(^^;

それにしても「泣きながら、理詰めで逃げ場のないように相手を追い詰める」って
なかなか壮絶ですね~(^^;確かにちょっと怖いかも。
泣きたいときに素直に泣けるのもひとつの美徳なんですね。
2009/03/01 23:55  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 葉月さま -
「響く」エントリー...すてきな表現をしていただき痛み入ります~m(__)m

実はこの記事、ずっと前に書きかけていて長くお蔵入りしていました。
自分の現状「泣かない女」であることは表現できても
それが何を意味し、深層的に何を欲しているのか
はっきりと自覚しそれを表現するのが難しかったんですよね。
今回書いてみても、まだぼんやりしているままなんですけども(^^;

葉月さんも基本的に「感情」を抑えるタイプでしたよね。
意見や見解ははっきりと伝えるけれども「生の感情」は
比較的一度飲み込んでから小出しにするタイプかな、と。
それが今ではすっかり変わって、信頼できる相手蔵人さんの前では
涙腺が全開なんでしたよね~(^^;
冷めた自分と、熱血の自分がいるという感覚、とても興味深いです。

そうそう、葉月さんのご指摘通り先に弱みを見せられちゃうパターン多いです。
見た目がこう(激ポチャ)なので頼りがいがあるようにみられちゃうんでしょうか(^^;
酔いと同じで先に酔っ払われると、こちらは酔えない...みたいな感じかもしれませんね。
いつも相手のテンションの高さを『突風とともに通過する特急電車』
ホームから眺めるみたいに、いつも感じていました。
あぁあ、私を無視して通り過ぎちゃったよ、みたいに(^^;
2009/03/01 23:10  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 大泣きしてます(^^ゞ -
「また泣いてる」と何度も笑われてます(^^ゞ

 でも、泣くとスッキリ爽快、とても気分がいいんです。

 あとがスカッとするのであれば、スパンキングという行為であろうが、別の場面であろうが、なんだっていいんだと思いますよ~。


 気持ちよくなったもん勝ちです。
2009/03/01 09:47  | URL | なつこ #I5FBvI8g[ 編集] ▲ top
- たしかに -
すごいエントリーです。
泣かない女がいちばんの泣きたがりって、ホントにそうかも?
ある意味、小説の中の主人公のようにカッコイイです。
そんな熟桃さんを、身も世もなく泣き崩させたいと、男性は思うのでしょうねえ。

私は、よく泣きます~。
全然堪えようと言う気がない。
泣きたいときは遠慮せずに泣きます。
で、泣きながら、理詰めで逃げ場のないように相手を追い詰めます。
(とてもコワイらしいです・笑)
2009/03/01 00:23  | URL | プラタナス #1bkUGJEw[ 編集] ▲ top
- あー、それからもう1つ。 -
ごめん、送信してからもう1つ書きたくなりました。

「泣く」って、自分の弱さを見せるっていうことのような気がするんです。弱さを見せてもいい相手に対して泣く。

だから葉月が泣く相手って、本当に限定されてます。
自分の弱さを知ってる人とか、わかってくれそうな人の前でだけ泣ける。

熟桃ちゃんはもしかしたら、先に相手から弱さを見せられちゃうんじゃないでしょうかね。そうなるとこっちは泣けなくなるものですよ。(で、冷める。笑)

ちょっとそんなことを思いました。
2009/02/28 17:14  | URL | 葉月 #NmRVQg7I[ 編集] ▲ top
- うわ、なんだか… -
こんにちは。
凄いエントリーがあがりましたね。
「凄い」っていうのは、そう感じたんだけど、何が凄いんだろう?
よくわかりませんけど、思わず何かひと言書きたくさせる、「響く」エントリーだと思います。

熟桃ちゃんも語っていらっしゃいますが、「泣く・泣かない」っていう部分は、後天的なものだと思います。それに、変化もする。

私もね、割と泣かないオンナだったんですよ。
まぁ泣くような異性関係がなかってことなのかもしれないけど、当時を振り返ると冷めてたなぁって思います。感動的な映画とか観ても「ふーん。まぁわかるけどね」って程度で涙は流さなかったですしねぇ。感情の幅が狭かったんじゃないかな。泣いて感情的になることがカッコ悪いことだとも思ってましたしね。

そんな私が、今は涙もろくて涙もろくて…。(^_^;)
「涙腺が緩む」って言い方がありますけど、癖みたいなものです。以前は感情が涙まで到達しなかったのに、そこが貫通しちゃったのでまず涙に来るって感じになっちゃってます。

でもね、貫通したのは涙腺と一部の感情だけで、他の部分ではいつもかなりブレーキかかるんです。だから感情的になって(例えば怒りとか)喚き散らすとか思わず大声を出す、なんてことは皆無です。いつも客観的に自分を見ているもう1人の冷めた自分がいるんですよね。

とても冷めた自分と、熱血の自分がいる私って一体…。(^_^;)
自分の扱いに困ること、たまにあります。
大泣きしててもその自分を冷静に見てる自分がいたりもして。

私が涙もろくなっちゃったのは、子供を産んでからのような気がするんですけど、最近ではやっぱり本気で恋をしたからかなぁ。
熟桃ちゃんも泣けるような恋ができたらいいですね。
って、いいのか悪いのかわからないけど。
2009/02/28 17:08  | URL | 葉月 #NmRVQg7I[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/403-f2b74809

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。