FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2008/06/29(Sun)

先々週末に少々つれなくしたせいか、先週は彼氏君からちょこちょことメールが入った。

相変わらず仕事奴隷なのは変わりないようだが、なんとか週末に向けて時間を調整し

無理無理に時間を作ってくれた。



私の方は取りあえず準備だけはしておき、来ても来なくてもいいように

テンションをあまり上げずにいたものだから、土曜の夜それも9時過ぎに


『やっと仕事を上げたよ。これから(うちの部屋に)行くね。』


なんてメールを受け取りちょっと焦る。

この時間まで連絡がなければ明日になるだろうとタカをくくり

お気に入りの時代劇をBGVにのんびりブログ巡りなんかしていたのだから。

部屋の中を見まわし、マズイものが転がっていないか再チェックすると

PCのデスクトップ上も念のため確認し余計なウィンドウを閉じてしまう。

冷蔵庫の中身を確認し、簡単にできそうなメニューを何種か頭に叩き込み

ワイングラスとチーズを少々、軽くつまめる肴をテーブルに並べているところにチャイムが鳴った。


ドアを開けるとウエストポーチにラフなスタイルの彼が申し訳なさそうに立っていた。

一応、連絡が遅くなったことと深夜の訪問に気兼ねをしているようだ。

ドアを閉めるとどちらともなく引き寄せあい、私は少し背伸びをし彼は少し背をすくめ

ゆっくりと互いの唇を味わう。

玄関先でのラブシーンは彼のお腹の音に急かされ一旦中断、私はキッチンへ

彼はPCのある居間へ移動した。

先ほど頭にいれておいたメニューと彼のリクエストのパスタを用意し

開けておいたワインを飲み始めていた彼の待つ居間に戻る。

彼は両手いっぱいの皿を受け取りテーブルに置くと、かわりに私にグラスを渡し

自分のグラスをカチンとあわせた。


お腹が満たされ酔いがまわってくるにしたがい、普段口が重い彼も饒舌になり

与太話に花が咲く。

そんな時はまだ知らなかった彼の一面を垣間見ることができて、また面白い。

最初はテーブルをはさんで対面に座っていたのが、だんだんと距離が縮まり

二本目のボトルが空く頃には彼にもたれかかり、耳元で低く響く彼の声を聴いていた。

テーブルの上もそのままに彼にうながされ、互いにからむような足取りでベッドへ移動する。


先にベッドに上がった彼の足の間に陣取り、ジーンズの上から右手で彼の昂ぶりを弄び

まさに舌なめずりするような淫靡な表情で彼の顔を眺めていたのだろう。

私の意図をくみベルトを外し腰を浮かした彼の下半身から、するりと下着とジーンズを抜き取ると

ボディソープのほのかな香りとともに現れた彼のジュニアにキスをする。

そうか、家にいったん寄って遅くなったのか、と頭の隅でふと思った。

そんなささいなことも、彼のモノを下からぞろりと舐め上げ頭の周りに舌を這わせ

根元をしっかり握りながら何度も焦らすように唇でついばむようにして楽しむうちに

すっかりどうでもよくなり頭の隅からも霞んで消える。

不意を突くようにいきなりずるりと奥まで咥えこみ、舌を絡めながら上下する。

息継ぎをする鼻にボディソープの香りに混じって彼の肌の匂いが漂いはじめ

彼のうめくような声と、私のカラダを挟む太もものぴくぴくとした動きが私の官能を刺激する。

ふと上目遣いに見上げると、軽く目を閉じ眉間にしわを寄せ少し食いしばるような口もとが

ぞくぞくするほど悩ましい。


あぁ、楽しい。もっと、もっと切ない声を聞かせて。もっと乱れて。


耳と目と鼻と舌と肌と、五感すべてを洗脳され夢中になって咥え続けた。

ん?フェラは飽きたんじゃなかったっけ?

確かに最近の(愛人との)逢瀬ではあんなにつまらなかったはずなのに。

そう、わかってる。この反応に弱いのだ。

どんなに他で遊んできても、この反応を見せられるととたんに夢中になってしまう。

猫にマタタビ、女郎に小判。


これは彼の罠なのだろうか。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- のりかさま -
ご推察の通りです~(^^;
猫科の習性か、動かない獲物には興味を示さないみたいです~
ピクピク動かれると、つい飛びかかりたくなるみたい♪

家でのデート、まったりし過ぎてなかなかエロモードになりにくいのが玉にキズ。
それはそれで彼の休養にもなるので良いですが、たまにはエロエロモード全開のラブホで
後々のことや喘ぎ声を気にせず愉しみたいなぁとおもっちゃいます~(^^;
2008/06/30 10:51  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
う~ん、やはり精神的Sの一面が ここではっきりと垣間見れますね~v-218

それにしても素敵な自宅デートv-238
この食事し 飲みながら そのままベッドへもつれ込む良さと言うのが 私は大好き~っ!
読んでいて それでそれで?次は?と興奮しちゃいます。
2008/06/30 08:36  | URL | のりか #KKPYpXfA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/409-23d53f93

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。