FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
野良猫流
2011/07/12(Tue)

知り合いや友人が明らかに「それは違うだろ?」というような持論を

それも楽しそうに展開していたら、貴方だったらどうしますか?

それは違うんじゃないかと、きちんと論理だてて説明しお互い納得するまで話し合いますか?

それとも、それはそれで相手の意見を尊重し、まずは聞き役に徹してみますか?

それとも、面倒なことは避けてとりあえず聞き流しますか?



私の場合、対自分との会話においては否定はせずに適当にうなずき

脳内スルーの場合がほとんど。

こちらに対してあきらかな悪意をもって(喧嘩を売って)いる場合や

なぜその経緯にいたったか、とても興味をそそられる場合は除いて

その相手がそれで満足なら足を踏み入れる必要はないと判断してしまう。


人の意見を真っ向から否定するというのは労力と疲労感をともなうもの。

世のディベート好きには堪らなく美味しい状況かもしれないが、

自分の言葉によって驚き、傷つき、悲しむ姿を目の当たりにするのは、正直シンドイ。

どんなにそれが真っ当で誠意を持った言葉であっても、否定または拒絶されるということは

受ける相手にとってはやはりショックなことには変わりない。


言葉や態度は諸刃の刃。


相手を深く傷つけてしまった言葉は跳ね返って自分をも深く傷つける場合もある。


よくあるアメリカ映画のワン・シーンのように、罵り合うだけ罵りあってハタと気が付き

お互いを抱き寄せあって分かり合う。

感動的なシーンなのだろうが、私には賢者のコミュニケーションとは思えない。

そこまで吐き出す前にいい大人なんだから途中で気が付けよ、と。

そこまで腹を割って話した相手なら信頼できる、という図なのだろうが

そこまで無遠慮に感情をだす人間は、私はたぶんにお付き合いをご遠慮させていただく。

まるで「ママの、ばかばかばかぁ!」って泣き叫ぶ子供と変わらない。

いかに仲の良い間柄、例え親族であってもいい大人ならそういう感情をぐっと腹にすえて

「親しき仲にも礼儀あり」ときちんと線引きするのが真っ当な大人ではないか、と。


もしかしたら、前出のアメリカンな感動シーンでも現実は片方は

「もう、いい加減にしてくれよ」と思ってるかもしれない。

なので私の場合も真っ向から否定することは稀で、相手がそれで満足しているのなら

命に関わるようなことや財産の重大な損失、または著しく犯罪に関与すること

または仕事上の業務に関わること以外は基本的にお好きなようにと流して聞いてしまう。


「女の幸せは結婚よね~♪」

いや、別に結婚の幸福感に男女の別は関係ないだろ、と思っても

「素敵な結婚ができるといいね☆」と聞き流す。

「うちの彼、最高にかっこいいでしょー♪」

うーん...蓼食う虫も好き好きだよなぁ、と思っても

「うん、いい(人)ねぇ」と聞き流す。

「不倫って最低よね~」と言われれば

人の心は契約では縛ることはできないだろう、と思っても

「だからパートナーは大事にしないとね~☆」と聞き流す。

無責任と言えば無責任。

いい加減と言えば、いい加減。

まるで植木等の歌詞のように、のらりくらりとかわして過ごす。



が、これも事柄が相手自身の中で留まっている場合に限る。

こと自分に降りかかったとたん、否定しない女どころか拒否しまくる女に早変わり。


「xxxもこういうの好きだよね?」

いや、別に。

「一緒にxxxに行こうよ。」

遠慮しとく。

「えぇ?どうして?凄く楽しいよ?どうして?」

どうしても。

「えぇ?なんで?」

なんでも。

「えぇ?xxxと一緒に行きたいのに~!」

10年後にでもまた誘って。


こんな身も蓋もない会話は日常茶飯事。

仲良し系の女性グループには到底交じれない。

私の嗜好をカムアウトしている女性たちの前や

腐れ縁な飲み友兼悪友(男)、同僚の前では最初から言いたい放題だが

通常のお付き合いだと、だいたいこんな感じ。



否定はしない、でも受入れもしない。

付かず離れずなスタンスは、野良猫流ということで。



この記事のURL | ひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- のりかさま -
確かにそうですね。
相手の方が本気でアドバイスを求めているのか、
単に共感して欲しいのか、それによって変わりますよね。
我が身を省みて、すぐに納得吸収できない言葉にこそ
自分にとって大事なヒントが隠れていたりするなぁと
随分後になってから気付いてみたり( ̄▽ ̄;)
なかなかままならないものですねぇ。
2011/07/13 08:32  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
全く同じ事 最近思ってました。

仲の良い女友達は 何でも口だけ・・・
行動が伴わない。

そんな人に まともにアドバイスしていたら 疲れるし言い訳の反発食らうの目に見える。

だから適当に「そうなの~、頑張って~」と。

やはり真剣に向き合う相手でも そうそう本当の心の中はつぶやけません。

昔、渡辺淳一の「別れぬ理由」という物語がありましたが
台詞と同時に 心の声がスーパーで流れている。

まさにそんな感じがあるぅ。

2011/07/12 20:51  | URL | のりか #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/420-bc55f798

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。