FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
尊大なサンドバック
2008/08/07(Thu)

前回の記事でさんざんな言い方で取り上げた『性処理奴隷』

ふと我が身を振り返ってみると、私にとっての『愛人たち』も

ある種、似たような関係かもしれない。





言うなれば、そう...『性処理「男」奴隷』みたいな感じかな、と。

深夜残業続きで心が疲弊したり、彼氏君との甘々な逢瀬が続いて

スパンキング願望や被虐願望が溜まってしまったとき、そのドロドロした欲望の矛先は

おのずと愛人たちとの逢瀬に向かうのだから。

エロティックな欲望への飽くなき探求心と媚薬で私の好奇心を満たしてくれる愛人B君。

私に少々疎ましがられてもひるまず気にせず拘束系陵辱セックスを提供してくれる愛人C氏。

ハードスパンキングへの絶えまぬ情熱で私の心とお尻を真っ赤に染めてくれる新愛人氏。

それぞれから差し出された個性的な甘くしたたる蜜を気の向くまま舐め歩くことで

私の中で日々溢れかえっているドロドロとした欲望をなんとか消化させてもらっている。

私にとって必要不可欠で優秀な『欲望処理「男」奴隷』と言えるかもしれない。


ただし、彼らから与えられる禁断の蜜が『主人が奴隷にかしずかれ与えられるだけ』の

いわゆる他力本願で王様プレイ的な『処理』の仕方であったなら

残念ながら私の中の貪欲な性欲はちっとも満たされることはない。

私にとって『性処理奴隷』なんてものが存在するとしたならば

それはテニスのヒッティング・パートナーのような存在。

はたまた柔道でいう乱取りの相手、またはちょっと乱暴ものの剣道の師範代の稽古相手。

男勝りのやんちゃなじゃじゃ馬姫に振り回されるお付きの若武者。

私のあくなき欲望に振り回されながらも健気に対応してくれる存在。

そのうえ、振り回されている本人自身もそれを楽しんでくれないと私も乗ってこない。

相手の感情も欲望もお構いなしっていう訳にはいかない。

逆に「ほら、お前も楽しめ。え?楽しいだろ?楽しいに決まってるよな?」と

いじめっ子のジャイアンのように振る舞ってしまうかもしれない。

実際している行為は私が打たれ、犯されてるようなスタイルにもかかわらず。

まぁ、それじゃ相手のことをお構いなしと大差ないかもしれないけれど。

贅沢を言えば最後は「ほら、いい加減にしなさい。」と猫の子みたいに首根っこを掴まれ

きっちり屈服させられたいのだけど。


やっぱり私は【尊大なサンドバック】らしい。


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- コメントありがとうございますm(__)m -
■Touruさま
 他のM女性がワガママかどうかは存知ませんが、私は確実にワガママです(^^;
 どちらがどちらの欲望や嗜好に引きずられるかは、そのカップルの関係性によるものかなと思います。
 その欲望に引きずられることがご本人にとって楽しければそれはそれで良しかな、と。
 カカア天下も亭主関白も二人がハッピーならそれでいいのでしょうし。
 
 ただしS女性vsM男性の場合は需要と供給の関係か、M男性の嗜好主導になることは少ないようです。
 ここにも性差のアドバンテージが存在するのだなぁと思ってしまいました。

■なつこさま
 いやいや、『奴隷』なんて思ってませんよ。いつも感謝してますから~(^^;;
 いつも言いたい放題、やりたい放題してますけど、けっして『奴隷』だなんて...ねぇ?(^^;

 『肝っ玉M』いいかも~♪MはMでも『Mother』かもしれませんね~(^^;
 なんともなつこさんらしいです

■ドカさま
 初コメントありがとうございます~m(__)m
 はい、本当に尊大なサンドバックなんですよ~
 さすがに殴り返したりはしませんが「あぁ、ちょっとちょっと!その打ち方じゃダメダメ。腰を入れて!」とか
 「まだ打ちたい?悪いねぇ、次が入ってるから。また今度来てね!」みたいな感じかも(^^;
 
 本当に申し訳ないくらい自分に正直に生きております♪
 こんなブログですがまたお時間のある時にでも遊びにいらしてくださいませ~m(__)m
2008/08/08 11:17  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- はじめまして -
尊大なサンドバック
でも殴り返してくるし
設置場所も変わるんですよね
 正直なんですね
2008/08/08 09:22  | URL | ドカ #-[ 編集] ▲ top
- おもしろい! -
確かに熟桃さんにとっては「性欲処理男奴隷」ですね(笑)

それもご本人達には全く自覚させない辺りが素晴らしい!!
いやぁ、熟桃さんの操縦術には頭が下がります。

私は・・・・・翻弄されるのは嫌いだけど、酸いも甘いもわかってドーンと構えてる「肝っ玉」なんだろうなぁ。

母ちゃんの時もM女のときも「肝っ玉」(笑)
自分で書いてて、納得しちゃった(爆)

2008/08/08 07:00  | URL | なつこ #I5FBvI8g[ 編集] ▲ top
- MはSより、わがままかな。 -
なんとなく、Mって、Sよりも、わがままなような気がします。
こういうように縛って欲しいとか、露骨ではないけれど、ソフトにいわれることがあります。要求に応じたときは、それこそ、あふれるくらいの濡れ方で、自分から腰を振って、喜んでくれます。
そういう姿を見ると、Mの好みに合わせるというのは、結構、Sにとっては重要なことだし、それにもまして、大事なのは、Sの自尊心を傷つけないように、あたかもSが自分からそうしたいと考えたかのように、Mの要求するスタイルで縛ったり責めたり、させる………MがSにそのようにさせるということ………ことではないかな、と最近思うのです。
だから、本当に君臨しているのは熟桃さんで、Sのつもりでスパンキングしている愛人のみなさんは、熟桃さんの手のひらの上で、踊らされているだけなのかもしれませんね。

そんな気がします。

2008/08/07 22:57  | URL | Touru #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/424-10438aea

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。