FC2ブログ
2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
余韻のゆくえ
2008/09/20(Sat)

前回の記事と真逆なアプローチで書かれている葉月さんの記事ふたつ

【デートが完結するのはいつ?】【女は余韻を楽しみたい。】

ちょっとアン・ルイスの歌の文句みたいだなぁ、なんて思いながら

この興味深い記事ふたつを拝見させていただき

うちの場合はどうだっけか?と少しばかり考察してみた。



しっぽりと濡れるような逢瀬の時間が過ぎゆき、きぬぎぬの別れの後

扇に一句したためて愛する女性に渡すかどうか。

平安王朝文化華やかかりし頃ならば、公家や殿上人のたしなみとして

逢瀬の後には必ず使い人を通し、きぬぎぬの文を送っただろう。

早く送れば送るほど相手に対する愛情が深いとされ、そういう気遣いができない男は

無風流とみなされ嫌われてしまったとか。


 道すがら 我のみつらく ながむれど
            月は別れも しらずがほなる
                          
                            「玉葉集」飛鳥井雅有



 逢ひ見ての 後の心に くらぶれば
            むかしは物を おもはざりけり
 
                            「百人一首」権中納言敦忠




世のご婦人方はこのようにきぬぎぬの文ならぬ心のこもった逢瀬あとのメールを望み

その中に殿方の心をみ、過ぎた逢瀬の余韻を反芻しながら幸せを感じるものらしい。



さて、世知辛い現世に生きるうちのメンバーとの場合はどうだろう。


かつての愛人、A氏の場合は逢瀬の後に特にメールなどもなかったが

1週間後くらいで逢瀬時に撮影した画像を数枚ピックアップしてはメールに添付してきた。

「画像を見るとまた逢いたくなるね」と言うのがお決まりのセリフ。

たぶん、画像を送ってくることでA氏にとっての逢瀬が完了するのだろう。


愛人B君との間には逢瀬後のメールはほとんどない。

最初の頃は礼儀の一環として逢瀬翌日にメール交わしていたが

気分的には逢瀬後にお互い別々の路線に向かって歩き始めた時に逢瀬が完結。

次にメールする時は次回の逢瀬について気持ちは移行している。


愛人C氏は必ず逢瀬帰りの電車の中からメールしてくる。

「(最寄)駅についたよ。今日は楽しかった。ありがとう」

せっかくもらっていても私の方が逢瀬疲れで爆睡してしまい

返事が翌日になることも。

私の中ではラブホから出た瞬間にその逢瀬は完了しているから。


新愛人氏へは逢瀬翌日に私の方から儀礼的な文章でメールを送る。

氏からも慌てたように「楽しかったメール」の返信が帰ってくる。

が、気持ち的にはこちらもバイバイと言った瞬間に完了だ。


愛人たちとの逢瀬に限っていえば、どの相手とも逢っている時間だけが勝負

互いにあまり余韻を必要としていないようだ。

もちろん付き合いの浅い愛人にはビジネス上のお礼状のような

きぬぎぬのメールを出すこともあるが、それも互いの呼吸がわかってくると

自然と省略されてゆき、次の逢瀬予定を調整するメールにすり替る。

その中で前回(すでに過去扱い)の逢瀬内容の反省をしたりもするが

すでに心は次の逢瀬に飛んでいて余韻とはほど遠い。

私がここに書いている逢瀬記事も余韻を反芻するというよりは

数ある愛人との逢瀬記録を整理したいという気持ちから発生したもの。

無粋なこと甚だしい。



一方、彼氏君の場合たいがい逢瀬の後は深夜にうちの部屋から帰っていくのだが

案外そそっかしい彼を案じる私のリクエストに応じて

家に着いた段階で『家に着いたメール』をもらうことになっている。

最近は「家に着いたよ。今日はご馳走さま。ありがとう」の定例文のほかに

「今日はすごく良かった。なんだか燃えたよ」なんてお世辞も言えるようになった。

私も現金なもので、どんなに遅い時間のメールでも彼には速攻で返信する。

そのメールを翌日も読み返し、ちょっとにやけてみたり。

といってもその余韻も長くて1日くらいしか持たないが。



私の切り替えの早い脳は愛人たちには余韻ぶつ切りの男性脳。

彼氏君にはやや余韻がリフレインする女性脳。

どちらにせよ風流にはほど遠い。


この記事のURL | ひとりごと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 葉月さま -
あははは、そんな儀礼的でも良いって...(^^;

そういえば、うちの彼氏君がきちんと家に着いたメールをくれるようになったのは
出会ってから4年目くらいでしたよ~それまでは逢ってから1-2週間音沙汰無しもザラでしたから。
終電ぎりぎりにうちの部屋を出て行くんだからエチケットとして着いたらメールするようにと躾をして
ようやく最近ちゃんとできるようになったって感じです~(^^;
はじめは儀礼的なものであっても、だんだんと心から行動される場合もあるでしょうから
それもひとつの手かもしれませんね~

こういう気遣いって『プレゼント』みたいだなって思います。
大好きな人から思いもかけぬプレゼントをもらうのはうれしいものですが
そうでもない人からもらう「お中元」や「お歳暮」は下手にもらうと
こちらもお返ししなくちゃならなくなるので面倒だなぁと。
それならいっそ儀礼的なやりとりは廃止しちゃいましょう的な気分かもしれません。
あ、もちろん大好きな人とまだ気心のわからない相手は別ですが。

彼氏君とのラブラブ、思わぬ落とし穴が待っていそうで少々怖いですね~(^^;
2008/09/20 22:59  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 儀礼的でもいいと思うんですよ! -
こんにちはー。
記事の紹介ありがとうございました。

あのね、儀礼的であっても定型文であっても、出せない男(朴念仁)もいるんですよ。最低限の大人としてのマナーだと思うんですけどねぇ。他人ならそれをするんでしょうけど、妙に他人とも言い切れない関係なので「言わなくてもわかってるよね」的な雰囲気が漂ってるところが納得できないんです。(って口調は怒ってますけどそんなに怒ってはいないんですけどね。)

本当は、自然な気持ちでそういうメールを欲しいけど、できないんだったら「ルール化」するしかないのかなぁ?デートの当日か遅くても翌日までにメールを必ずすることっていうのをお約束にしちゃうの。

それもなんだか虚しいですけどね…。(^_^;)

熟桃さんとこは、なんだかんだ言ってても、彼氏さんとはラブラブなやりとりをやってるじゃないですかぁ。
2008/09/20 17:17  | URL | 葉月 #NmRVQg7I[ 編集] ▲ top
- Touruさま -
えぇ、まさに私の中では明確に線引きされてしまっています。
元をただせばスタートラインは一緒の4人なんですけどね~(^^;

私も儀礼的な意味でフォローをすることはできますが
それはあくまでも儀礼的またはビジネスライク。
接待を受けた翌日にお礼メールを業者に出すような気持ちですね~
最初の頃はお互いまだ気心もしれておりませんし、こういう関係でも
そういう気遣いがあった方がいいのかなとも思います。
それもできない相手だと、例え余韻を求めない関係だとしても
「この無礼者め!」と思ってしまうかも(^^;
つくづく我儘な性質な野良猫です~♪
2008/09/20 10:26  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 心がこもっているか… -
彼氏と愛人の違いが、これだけ明確であれば熟桃さんの中では、結論がでているのでしょう。
確かに男は出してしまうと、余韻は、ないです。出したときに考えるのは、次の一発!ってことでしょうね。どういうアプローチをしようかって、それは、その日のうちに、行われるかもしれないし1ヶ月後かもしれないけれど。でも、フォローは大事だと思います。フォローするかしないかは、気持ちが相手に入っているかどうか、だから、相手に対して多少なりとも恋愛感情があった場合には、必ず、終わった後、すぐにメールしていますっていうか、メールでお互いを確認したいっていう気持ちになりますね。僕の場合、彼女からもすぐにメールは返ってきます。どちらが先にメールしているかっていうと、僕のほうかな。僕が彼女を好きっていう度合いと、彼女が僕を好きって思っている度合いを較べたときに、僕のほうが勝っているっていうことなのかもしれませんね。ビジネスライクにいかないところが、恋愛の不思議な、かつ、面白いところなんじゃないかな。
もっとも、その昔、はるか昔、共同生活者とのレスになる前のこと、共同生活者に終わった後にメールしていたかというと、それは、なかったね。携帯がないころだったから(汗)でも、電話したかというと、それもなかったな。だから、レスになってしまったのかもしれませんね。思い起こしてみて、ちょっと、びっくりしましたね。
男性脳と女性脳っていうように、簡単に割り切れるものでもないんじゃないかな。
2008/09/20 02:17  | URL | Touru #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/451-52c57878

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。