FC2ブログ
2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オプション 2
2009/01/26(Mon)

赤味を通り越し、白く毛羽立ちあちこち熱を持ったまま硬く腫れ上がったお尻をかばうように

俯せでぐったりと横たわる私を横目に、愛人C氏はウキウキとご自慢の大きな黒いバッグを漁っていた。

一週間くらいの出張にでも使えそうなその大きなバッグは、ドラエモンのポケットのように

C氏にとってありとあらゆる責め道具が入っているかのようだった。


オプション 1


ヌンチャクのような金属製のパイプを手にベッドに戻ってきたC氏は、私の両足をぐいと広げ

その間に陣取ると、そのパイプをどんどんつなげていく。

その両端には革製の足かせが鎖でつながれており、私の足をめいっぱい広げなおすと

足首に足かせをくくりつけ、金属製パイプをふくらはぎの上に乗せた。

そのパイプの重みが、自分の下半身の不自由さをまざまざと感じさせる。

両手は自由なまま、それでもアイマスクつけられ視界を奪われる。

カチャカチャと何事か装着する音がすると耳をすませていると

何か硬く太いものが股の間に差し込まれ、ちょうどクリトリスの下あたりにセットされる。

あ、これは電マだ!と思うまもなく、低い振動音を立てて力強い振動がクリを直撃する。


「あぁっ!...くぅっ!....」


その鋭い刺激から逃れようと腰をあげようにも、両足をめいっぱい広げられているため

たいして動くこともできずにジタバタしてしまう。

そんな私を翻弄するように、C氏が私の反応を見ながら一番直撃する場所を探り当て

グリグリとこすり上げ、私に大きな悲鳴のような嬌声を上げさせる。

唯一自由な両手で枕代わりの大きなクッションを掴み、その刺激に耐えていると

腫れ上がったお尻の谷間に冷たい液体が伝っていく感覚に、情けない声を出してしまう。

しとどに濡らされたアナルにぐにぐにとした指の感触を感じ、背中が反り返り

自分から電マにクリを押し付けることになり、また悲鳴をあげる。

執拗な指責めでだらしなく口を開け始めた私のアナルは難なくC氏の指を飲みこんでしまった。

つい先日、彼氏君にもさんざん責められてすっかり慣れてしまったのかもしれない。

中をえぐり広げるように指を回転されて、その度に水面に顔をだした魚のように大きく口を開ける。

クリトリスに与えられ続けた強い刺激のせいか、その容赦ない動きが快感となって背筋を這い

不自由な下半身を自らうごめかせてしまう。

中を責める指が2本までは分かっていたが、その後はただもう声をあげカラダをくねらせるだけ。

頭の中が白くなりかけた時、中の指がぐぐっと大きくなり嬌声ではない悲鳴をあげる。


「あぁぁっ!む、無理!それ、それはむりぃっ!」


私の悲鳴に中の指がすいと引かれ、またぐぐっと奥まで入ってくる。


「もう少しで全部入りそうなんだけどな」


全部?なにが全部?

半分朦朧とした頭で考えるが思いつかない。

そうこうしていると、また中の指がぐぐっと太く大きくなる。

急に指を増やされたという感じではない。

途中からディルドやバイブに換えられたとも思えない。


フィストできそうなんだけど」


あぁ!やっぱり。

私が電マの刺激に惚けているうちに、ゆっくりと指を増やしていたのかっ!

広げるように回転させながら前後に動かし、中を柔らかく蕩けさせながら2本を3本

3本を4本と増やしていき、とうとう5本とも中に入れていたなんて。

アナルフィストを目論むなんて....


そんなオプション頼んでないし!


こぶしの一番太いところまでいれらるまで気がつかなかった自分のアナルを半分恨みながら

それでもさすがにフィストは無理と諦めたC氏にさんざん時間をかけられて嬲られたあと

氏のジュニアが楽々ずるりと奥まで進入し、いつもならゆっくりと始まるストロークが

最初からトップギアで暴れても、もうすべての刺激が気持ちよさにしかならない。


自由だった両手も押さえつけられ、後ろからがんがんと攻められながら

いつかC氏のオプションを受け入れてしまいそうな、そんな予感がした。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
コメント
- のりかさま -
あぁ、わかります、流血。
とてもデリケートな場所ですし、少しの無理でも切れやすい場所ですものね。

とにかく焦らずあわてずゆっくり根気良く時間をかけて愛撫することみたいです。
体調や気分でも変わりますが、うまくぴたっとくるととっても奥深い快感が味わえるかも☆
のりかさんも楽しめると良いですね~♪
2009/02/01 20:17  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
す、凄過ぎ・・・
指5本は 愛人たちの訓練のたまものですね。
私は 後ろは全くだめで 何度も過去彼達が 試そうとしても流血で終了・・・
しかし、今年あたり 少しづつヤラレるようで・・・
いつかは熟桃さんのように(*^^*)
2009/01/31 23:55  | URL | のりか #-[ 編集] ▲ top
- 月猫さま -
平安時代の雅なたたずまい、素敵ですね~☆
うちの彼氏君との週1(あるかないか^^;)のメール交信は
互いに3行くらいなので平安時代の和歌のようですが(^^;

月猫さんも媚薬好きですか~♪
うちはもっぱら相方のB君が用意してくれちゃうんですが
私自身はガラナリキッドが結構お気に入りです。
サプリのセント・ジョーンズワースとセットにすると効果があるようです。
詳しくは月猫さんのブログへお邪魔してコメントさせていただきますね☆

ぜひご一緒にラテン系で人生を楽しみましょう♪
2009/01/30 10:51  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 以前はそうだったんですよ~ -
なんと言いますか、
ラテン系な熟桃さまがうらやましい。
私を表現するとしたら、
平安時代の月を愛でるといった感じかしら。
38歳くらいまでは本当に奔放だったんですけれど。

ところで、
快楽を探求する姿勢は私もおなじでして、
媚薬のところに興味がありますの。

私も何種類か常に準備しておりますが、
時々、
たぶん、血流が良くなりすぎるのでしょうね、
頭皮までピリピリすることもございました。

ちなみにお勧めはございますか?
私は根がやらしいので、
いま一つ効果が。
リキッド系が好きですが。

どちらで調達しているのかなんて、
教えて下さったら嬉しい^^

うふふ。
私も今年はラテン系を目指そうかなあ。
2009/01/29 03:56  | URL | 月猫 #1ztOey/c[ 編集] ▲ top
- Touruさま -
はい、確かに記事にしてみるとちょっと刺激的な感じですが
やってることはアナルへの指責めの延長って感じでした。
たぶん、あの時は私の体調も良かったのかもしれません。
アナルは体調や気分、相手や環境にもの凄く影響されますので。

私が事前に腸内を洗浄していくのは、一重に自分のためです~♪
余計な気を回さずに、またプレイ中に腸内洗浄などに時間を取られる
こともなく、時間いっぱいたっぷり楽しむためですから☆

それにこれでもわたくし、アナルエッチ歴20数年ですしね(^^;
ひとつ間違えば取り返しのつかない事故につながるプレイ(フィスト)ですので
お相手の方とよくよくご相談、合意の上ゆっくりとゆっくりとお楽しみください。
2009/01/27 10:29  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 月猫さま -
あらあら(^^;
初コメントありがとうございます~m(__)m
蓋をされていた自我とは、ご自分の望みってことでしょうか?
隷属嗜好の月猫さんが、隷属嗜好のない私の記事で
刺激されてしまうというのも興味深い話ですね~(^^;

それぞれの置かれている立場や事情もあるでしょうけど
人生は一度キリ、人様に迷惑を(あまり^^;)かけない範囲で
オトナの楽しみを満喫するのも、悪くないんじゃないかなぁ、と
私のような貪欲な女は思ってしまいます~♪

またぜひお時間のある時にでも、遊びにいらしてくださいませ~m(__)m
お待ちしております~☆
2009/01/27 10:21  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 刺激的… -
アナルフィストって、
刺激的ですね。
本当にはいるものなんですね。
試して見たくなってしまいました…

アナルに、何か入れる前には、
いつも二度くらいは、あらかじめ浣腸していますが…
熟桃さんは自宅で済ませているのですよね。
熟女のたしなみっていうところですか~

この後の展開に期待してしまいますね。
2009/01/27 03:07  | URL | Touru #-[ 編集] ▲ top
- もうだめです(泣 -
少し前に拝見して
わたしは隷属したいMですが 中途半端な経験しかなく、自我に蓋をしていました。でも、熟桃さんのblogを読んでいたら……

蓋を開けてしまいそうな日々です(>_<)
2009/01/27 02:09  | URL | 月猫 #-[ 編集] ▲ top
- 伊良 街生さま -
さっそくのコメントありがとうございます~m(__)m

あえて自由になる余地を残してM側の自主性を促すシチュエイション
お好きなSさん、多そうですね~(^^;

今回のC氏の責めは、責めは責めでも快楽責めですですしね。
ぎゃあぎゃあ叫びながらも、貪欲な欲望の口を大きく開けて
貪っていたのは私の方かもしれません。
その上、「ほらほら、気持ちいいんだろ?」って聞かれても
「別に」ってそっぽ向いて応える生来の天の邪鬼ですので(^^;

アナルの中の感触、確かに独特かもしれませんね。
私もちょっと訳ありで男性のアナルフィストを経験したことがあります。
と言っても比較対象になる余所様のヴァギナのには
指を突っ込んだことはありませんが(^^;
2009/01/26 10:06  | URL | 熟桃 #-[ 編集] ▲ top
-  -
熟桃 様

おはよう御座います

僕の大好きなシチュエーションです

ある程度自由度を残しておいての、責め、、、

M子ちゃんが自分の意志で責めを受ける、、、

アナルフィストは未経験ですが、アナルの独特の感触は大好きです
2009/01/26 08:38  | URL | 伊良 街生 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/502-94e691fe

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。