FC2ブログ
2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
相談しない女
2009/03/17(Tue)

何かに迷った時、何かを決断する時、自分以外の人と話し相談することはありますか?

特にプライベートなことで人生の岐路にたたされた時、家族や友人・知人など

自分以外の人の意見を求めたことはありますか?



私の答えはNO

私の状況を見るに見かねて声をかけてもらったことはあっても

自分から相談を持ちかける行為をした記憶がない。

遠く記憶を遡って、かなり幼い頃まで思い出してもやはりそういう記憶は出てこない。

もちろん、仕事上での相談は同僚や上司、後輩たちにもじゃんじゃんするのだが

ことプライベートについては誰に対しても事後報告になることが多い。

相対的に見て正しいであろう道はあり、自分の置かれている状況を

客観的に外から教えてもらうことができたとしても

最終的に自分の望む道、選択肢は自分にしかわからないし決めようがない。

そういう意識がかなり根深く自分の中に浸透しているからなのだろう。


幼稚園からの帰り道、たあいないことで友達と喧嘩なんぞをして

目を真っ赤にして迎えにきた母親の元に歩み寄るとさっそく見咎められた。

放任主義の父親と違い何かと過干渉気味な母親のこと、喧嘩をしたなんて知れば

やれ誰としたのかとか、理由はなんだとうるさく聞いてくるのは幼いながら心得いたので


『うん、ゴミが入ったんでこすり過ぎた』


しらっと言ってのけると母親からは「早く目を洗って!あんまりこするんじゃないよ」と一言。

なぁんだ、いつもなんでも子供のことは見通しているような口ぶりでも、しょせんこんなものか。

大人なんて、たいしたことないね....それが幼い私の正直な感想だった。

当たり前と言っては当たり前。親と言えども子供の心の中をすべて見通すなんて無理なこと。

が、幼い子供にとっては親と言うのは全能のように錯覚しているものだったりする。

その全能だという虚像が4-5歳で崩れてしまったのが、早かったのか遅かったのか。


その時にすでに自分の問題は自分で解決するものだという意識が芽生えたような気がする。

父親からはもっと以前、2-3歳の頃よりより「言いたい事があれば自分で稼いでから言え」と

言われ続けてきたのでその効果もあったのかもしれないが。

まぁ、同じように育てられた弟の方にはそういう傾向はとんとみられないのだから

私自身の生来の気質によるものも大きいのだろうけど。


泣くこともできなければ、頼って相談することもできない。

泣きたがりで甘えたがりなくせに、天の邪鬼な可愛げのない野良猫のできあがりだ。


この記事のURL | ひとりごと | CM(20) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 秘密のコメントさま -
了解いたしました~♪
楽しみにしておりますね☆
2009/04/09 23:55  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/09 17:56  | | #[ 編集] ▲ top
- パイパン大好きさま -
体調が思わしくないご様子、いかがですか?
季節の変わり目はいろいろと身体に無理がきますので
くれぐれもご自愛くださいませ~m(__)m
コメントや関連記事はどの過去記事にいただいてもうれしいものです~♪
まずは早く体調が復活されますようお祈りいたしますね~☆
2009/03/27 21:42  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 私も、スーパー遅コメですみませんm(__)m -
チョッと体調を崩していて、、スーパー遅コメで申し訳ないですm(__)m
熟桃さんのエントリーと寄せられたコメントを拝見して、私には何やらモヤモヤしたものがありまして・・・、 
今は上手くコメント出来ないのですが、改めて弊ブログにて(何時になるかは定かではないのですが)書いてみたいと思っています。
2009/03/27 16:49  | URL | パイパン大好き #xwn29P.U[ 編集] ▲ top
- まこさま -
優しく心強いラブレターコメントありがとうございます~m(__)m

『まこちゃん、聞いて~~』うーん、かわいくっていいですね~♪私の場合(飲みトモのヤローども相手の場合^^;)『おいこら、まこ!聞けよ、こら!』なんてからんじゃうかも(^^;
一人で立っているように見えるのは、かっこいい訳でもなんでもなく一人で立たざる得ない、下手に誰かに頼ってしまったら共倒れまたは下敷きにしてしまいそうだから。まさに怪獣が東京タワーをなぎ倒すようなイメージかも(^^;
ここまで書いて、普通女性が相談をするときは『わーん、話を聞いてぇ』ってなるんだ!って気がつきました(^^;そんなことすら思いつかないっていうのも変ですね。

まこさんの最新記事の『アンテナ』『チューニング』とても興味深く拝見させていただきました。私もどこか感じ取らなくていいものを感じとってしまうタイプかもしれません。
この人にはどんな言葉でどんなニュアンスで話をすれば傷つけないかな、ということをどこか頭のすみで考えながらいつも話をしているのも、ちょっと気をぬくと人を傷つけてしまうという恐怖感があるからかもしれません。私に柔軟性を感じていただけるとしたらこの恐怖感ゆえかもしれませんねぇ。

まこさんからいただいた命題『柔らかさの裏側』、まずは私のもつ『柔らかさ』とは何だろうというところから考察してみますね~♪
2009/03/24 22:48  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- スーパー遅コメですみません^^; -
遅コメですみません。
とても幼稚な気持ちで、それをコメントで表すことにためらい書いては消しを繰り返したのですが、やっぱり書きます!!(笑)
熟桃さんに一度しかお会いしたことないし(でも、わたしにとってこの一度は大きいです)、ネット上のお付き合いだけでほんの一部しか知らないわたしが言っても、ただのセンチメンタルになってしまうのを承知の上で。
わたしじゃ頼りにならなくてあり得ない発想だけど、もし熟桃さんが『まこちゃん、聞いて~~』と泣きついてきたとしても、わたしは熟桃さんのことが好き。
それは、熟桃さんの『そこ』だけが好きなんじゃないから。
確かに、熟桃さんが一人で立っている姿はかっこ良くて憧れます。
わたしのようなトホホな女からしたら、それはそれは素敵です。
だけど、熟桃さんはそれだけじゃない『柔らかさ』も感じます(これは、裏を返せば毒かも!?)、そこにシンパシーを感じ、わたしは何度も力をもらいました。
それが、わたしにとっての熟桃さんの魅力だからです。

レスに困るようなラブレターになっちゃっいました^^;
でも、コメントされる方やこちらを訪れる多くの人もそんなふうに感じているんじゃないかなって思うのです。

『柔らかさ』の裏を返せば毒!?うまく説明できるかわからないけど、今度一緒に考察してみてくださいな^^

2009/03/24 19:30  | URL | まこ #C/VgCf6Q[ 編集] ▲ top
- みの りかさま -
いやいや、今まで幾度となく傷つけてしまった実績がありますからね~(^^;
この感覚は…たぶん毒性の強くない人にはとてもわかりづらい(想像しづらい)ものなのかなぁと思いますし。人の心の奥底はその本人ですら判りかねるものじゃないかと思っています。そんな面倒なものを自分以外の人に判って欲しいと思うこと自体もともと無謀なことなんじゃないかとも。
みの りかさんも裏葉月の読者さんなんですね♪あのお二人(葉月さんと蔵人さん)の対照的な感じは、とてもうまい組み合わせだなぁと常々思っています。

みの りかさんが仰るように「猛毒を抱えてる自分」に戸惑いはありますが、とりあえず普段は何重にも重ねたベールでその猛毒を隠し通すことに専念している状況ですね。
ハサミをカチカチいわせながら…に笑ってしまいました。ついバルタン星人のミーティングを想像してしまって。互いの毒性の発散の場になるのか、それとも毒にあたりあって全滅してしまうのか…興味深いですねぇ。
2009/03/24 00:00  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- すごいなぁ -
相手を傷つけずに自分の思っていることをちゃんと伝えられる熟桃さんはすごいなぁと思いました。
私は相手を傷つけるか、分からない奴には分かって欲しくない、という態度を取ってしまうので会話が成り立たないんですよね。。。大人にならないとなぁ
残念なことだけど、葉月さんより蔵人さんの方が熟桃さんの言ってることが分かるのではないでしょうか。たぶん。(裏葉月みてます)
熟桃さんは「たいした人」の存在よりも「猛毒を抱えてる自分」に戸惑っているのでは?
でも広い世の中には自分が「ガリバー」や「シザーハンズ」だと思っている人々がたくさんいると思いますよ。一遍そういう人達を集めて体験談を語り合えたら楽しいでしょうね。ハサミをカチカチいわせながら・・・

2009/03/23 15:43  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
- 葉月さま -
あらあら(^^;
また蔵人さんとの共通点がありましたか。
お会いしてみたときそれほど毒性を感じませんでしたが上手に隠されていたんですね。
あの時はそういう話題が出なかったので蔵人さんの心のうちはわかりませんが結果をある程度意識して口にした言葉ではなく、極普通のふと思った気持ちや心情を口にすることで大事な人や憎からず思っている人たちが傷つくさまを見るのは気持ちが消耗するものですからね。
フーテンの寅さんじゃありませんが「それを言っちゃあ、おしまいよ」なんでしょうね。

それにしても葉月さんはチャレンジャーですねぇ。
壁を叩き壊して中に入り込みましたか(^^; 今度また蔵人さんとお会いする機会があったら葉月さんが潜り込まれたゾーンはどのくらいの深度なのかこっそり伺ってみたいですね。
私自身も「たいした」人の擬似体験のイメージがスパンキング行為なんだと最近常々思うようになってます。膝の上では口汚く相手を罵ることも悪態をつくことできるわけですから~(^^; 猛毒を小さな子供に戻って薄めた形で出すことができるということですね。まぁ、あれはあくまでもロールプレイだからこそ、なんですが。

マングースのような「たいした」男性が現れるのは…いつのことやら、ですね(^^;
2009/03/22 23:47  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- ごめん。まだ引っ張る。 -
私って、そもそも人のことはどうでもいいタイプなんですけど、なんかこの話は引っかかるなぁって思ってて、それがどうしてなのかよくわからなかったんですよね。

でも、熟桃ちゃんのコメント読んで、引っかかる理由がわかりました。
あのねー、熟桃ちゃんと同じようなことを蔵人さんも言ってたことがあるんですよ。詳しくは…、ここで書くことじゃないので書きませんけれども、「どうせ僕は女性を幸せにはできないから」みたいなことをぬかしやがるので、「バカヤロー!それじゃアタシが幸せになるか不幸になるか、やってみやがれ!」ってタンカを切っちゃったんです。サイトのどこにも書いてないことですけど。(あ、これ大告白です)

自分で自分に壁を作っておいて、「誰も僕を理解してくれないから」みたいなことを言うのはおかしいと思ったし、「僕はこれでいいんですよ」なんて言いながらもその状態に満足しているようにも見えない。アッタマ来たのでハンマー持ってその壁をぶち破りにかかりました。非力な私には完全に壁を壊すことは無理だったけど、ほんのちょっとの隙間から、スルスルッと中にもぐり込みました。

壁の中はねぇ、毒だらけだったですよ。
でもその毒は、私には合ってたみたいで、痺れながらも今はその毒がないと元気に生きていけないって感じになってます。
(こういう話はプラちゃんならきっとわかってくれるんじゃないかなぁって思うんですけど…。)

蓼食う虫も好き好きって言うじゃないですか。
絶対に熟桃ちゃんの毒でも飲み込んじゃう人、もしくはさらなる猛毒を持ってる人がいますって!

早く「たいした」方がみつかることを、心からお祈りしています。
余計なお世話なのは重々承知のうえで、暴言失礼しました。
2009/03/22 19:47  | URL | 葉月 #NmRVQg7I[ 編集] ▲ top
- 葉月さま -
丁寧なコメントありがとうございます。
葉月さんも大きな決断をご自分でなさってきたんですね。元祖「相談しない女」だったんですね。たぶん葉月さんの人柄で素敵な人脈がひろがりそれが「相談する女」に変わっていかれたんですねぇ。

ちょっと順番が後先になってしまいますが、母とのエピソードはあぁいう書き方をしておりますが私にとってある意味プラスなできごとだったと思います。親といえども、成人といえども完璧ではなく「普通の人間」であるとまぁ早めに認識できた訳ですから。なかなか度胸のあるタイプで破天荒なうちの親父殿をうまく牛耳っていた人ですが、理詰めで話をされるのをとても嫌がる人で、人情・感情ありきな母でしたのでまさに相談する相手としては不向きなタイプでした(^^;
「大人なんて、たいしたことないね」を裏返せば「子供だからって、大人に頼る訳にはいかねーな」という気持ちにつながっていったように思います。老若男女、誰もが自分の足で立つしかないねという感覚でしょうか。この「たいしたこと」って言うのは自分を数十倍も凌駕する、あらゆる面でかなわないというパーフェクトイメージですので、そんな理想妄想的なイメージで人様を計る自体無理な気もします(^^;

意見交換という意味では仕事上ではもう弱みどころか、なんでもぶっちゃけ話をしてしまうタイプです。手の内ほとんどさらけ出して、私の持ってるカードはこれだけどどう思う?なんて社内社外誰にでも意見を求めて歩きます。それで少しでも事態が好転するなら、また自分以外の組織や人に利害が発生する話でなら特にそうですね~
また、友人たちと「今回の給付金制度についてどう思う?」やら「これからのxx業界の方向性について」なんて話なら喧々囂々とグラス片手に意見交換したりします。

ただ、自分の極プライベートな話になるとまず自分の心情を吐露するところから始まるのが問題なんです。弱みを見せるということにもなりますが、それより自分の内包している猛毒が表面に現れてしまうことですね。それは、ほとんどの場合相手の方を驚かせ失望させ傷つけてしまうもののようですので。それは倫理観であったり人生観であったり心理的なことも含まれるんですが、今までの経験上ついサーモスタットを外しかけて口にした場合、相手の顔が硬直し青ざめていくのを何度か目にしました。もちろん意識的に相手を傷つけるつもりもなく、自然と口にした言葉が相手にとって凶器になってしまったようです。
また無意識だとしても相手を傷つけたことによって自分も傷つきますので、とてもじゃないですが相談どころではなくなります(^^;あむさんのコメレスに「ガリバー」と例えてみましたがもしかしたら「シザースハンド」状態かもしれません。この両手でぎゅっと抱きしめたら相手はザクザク傷だらけ血だらけになってしまい、自分もびっくりみたいな。

誰でも多少なりとも毒を持っているのかもしれませんが、どうも私のは毒性が強いようです。実は自分ではどこからが相手にとって毒になるか、計りかねているところもあるのでそれをコントロールしつつ意見交換するなら、自分だけで消化する方が自分にとっても負担が少ないのかもしれません。

葉月さんのBBSでのお言葉ですが「一歩引いて空気を読むような姿」はそういうとこからきているのかもしれませんね~(^^; このブログ自体にも私の毒が薄く漂ってスパイスになっているかもしれません。これでも懸命に隠しているつもりなんですが(^^;

人様に対して「たいしたことない」と言い切ってしまうのはとっても不遜な感じですが、知性や理性、人間性や包容力ではなく「私の毒性に耐えられる」「毒を毒と感じない」という判断基準で考えると、やはりなかなか「たいした」方は見つからず、当分は「泣かない&相談しない女」は続くようです(^^;
2009/03/22 15:50  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 遅コメで失礼します -
こんばんは。

私もねー、相談しない女だったんですよね。
「できちゃった」の時でさえ、相手の男(今の夫くん)に相談もしないで勝手に生むことを決めちゃったくらいですからね。
サイトを始めたばかりの頃、熟桃ちゃんとまったく同じ「私は相談しない女だ」っていうような日記を書いた記憶があります。

でも、その後、人に相談をしなければならないほどの出来事が、いくつかありました。大きく記憶に残ってるのは2つ。1つはサイトを閉鎖するかどうかって事件が起きた時、もう1つは昨年のことですけど今の仕事のことでした。

相談しないはずの私が、信頼している人に意見を聞きまくりましたね。考えてみれば、それ以前のことって相談なんてしなくても自分で答えが導き出せることだったんですよね。コトは重大でも冷静に考えれば答えは決まってるっていうようなこと。

でも、どちらにするかの選択を本当に困ってしまった時って、人の意見を聞きたいと思うものなんです。誰かに決断してもらいたいと思ったわけではなく、経験者の話を聞くとか、自分と違う人の意見を聞いて視野を広げたかったんです。そのうえで結論を出したかった。

相談した相手の方は、本当に親身になって考えてくれました。みなさんの意見はとても参考になったし、ありがたいものでした。闇雲に相談していたのではなく、「この人の意見を聞いてみたい」って思った人に話を聞いてもらったんですよね。ネット上の日記のコメントのやりとり程度の軽いおしゃべりではなく、深い話ができたことも、とてもよかったと思っています。

「相談」って、誰かに決断してもらうってことではないですよね?
話を聞いてもらって、そのことについてのその人なりの意見をもらう、ってことだと思うんです。自分がピンチになった時に、その弱さを見せられる相手にじゃないと相談はできないですし、さらにその相手のことを信頼していて、自分にとって有効なアドバイスをくれる人だということを認めていないとできません。

エントリーの中に、熟桃ちゃんのお母様に対する当時の気持ちのことが書かれていますが、「大人なんて大したことないね」っていう気持ちが、今の熟桃ちゃんの中にも周囲の人に対してあるんじゃないでしょうか。少し前の「泣かない女」の時と同じようなことになっちゃうけど、自分の弱みを見せられない、見せられる相手がいないっていうことが、「相談できない」「涙を見せられない」っていうことになっているんじゃないかと思いました。

経験者ぶってエラソーな言い方になってしまうかもしれませんけど、これまた「癖」みたいなもので、自分の弱みって見せ慣れてしまうと(笑)そんなに恥ずかしくないし、相手に自分の弱さを認めてもらうと凄く楽になれたりします。熟桃ちゃんも自分で「泣きたがりの甘えたがりのくせに」と書いているように、本当はそれをわかってるんだと思う。たまたまそれをできる相手が今までいなかっただけなんだと思います。

大人って、確かに大したことない人も多いけど、そうそう捨てたもんじゃないって私は思うんですけどね。
2009/03/21 01:10  | URL | 葉月 #NmRVQg7I[ 編集] ▲ top
- あむさま -
あはは、そういえばそんなこともありましたね。
私はあれは私に対して心の扉を少しあけてくれてるんだなぁなんて
勝手に思ってましたよ~♪とっても可愛かったし☆

そういえば「相談しないこと」に関しては私もあまり我慢は感じませんでした。
ただ「なぜ相談してくれないのか?」と詰め寄る相手に戸惑うことは多かったですが(^^;
相手が私にとって「小人さん」ではなく「巨人」に見えればそれも可能なのかもしれませんが。

いやぁ、ガリバーが小人の国で暴れたら大変なことになりますから(^^;
まさに怪獣ですよね~(^^;
2009/03/20 18:06  | URL | 熟桃 #-[ 編集] ▲ top
- みの りかさま -
あらら、ちょっとヘビーな経験をなさったんですね(^^;
そうそう、悪気がないどころかとっても子供思いの素敵な親御さんですが
もうちょっとスマートに対応してくれたら....なんて思ってしまうんですよね(^^;
こんなところも似ているのかも♪
私自身は子育ての経験がないので、親たちの苦労を知りませんので
言いたいことを言ってるのかもしれせんね~(^^;

件のサイト、お気に召していただけたようで良かったです~☆
2009/03/20 17:36  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- のりかさま -
そうでしたよね。
のりかさんはとっても大きな決断をご自分でなされたのでしたよね。
そう、相談しても心配されるだけでなくその方たちの不安まで
背負い込まなければならなくなったりして....それもシンドかったり。

大変な決断でも自分で決めたことなら腹をくくれるものですものね。
それでも、やはりのりかさんはアッパレだなって思いますよ!
その潔さはほんとに憧れます♪
2009/03/20 17:19  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- どうなんでしょう? -
熟桃さんからいただいたコメレスについて1日考えてみましたが、う~ん、よくわからない^^;
でも、我慢して相談してこなかった訳ではないので、そんな綺麗な名前のものでは…(汗)。
涙に関しては、最近は人前でもよく泣くようになっちゃいました。
お酒入ると特に。あ、熟桃さんの袖でもめそめそ泣いたことあるじゃないですかm(_ _)m

ガリバーですか。
たいていの人の場合、自分がガリバーだって気がつかないで暴れるんだと思う。
それをしない、できないとおっしゃる、それこそ熟桃さんの美学に見えます。
2009/03/20 09:50  | URL | あむ #kPOYZH2U[ 編集] ▲ top
- 似てる -
私が「親に頼らない」と思ったのは、小1、2年の頃に近所の年上のお姉ちゃんに名前の事で変なあだ名を付けられ、つい親の前で泣いてしまったら、なんと母親がそのこの家に怒鳴り込んでいきました。その子の玄関先で怒ってる母親を隣で見ながら「なんでこんなことに・・近所でのあたしの立場はどうなるんだろ・・・」と思いながら、「この親はいい人だけど、激しやすいので些細な事では今度からは絶対相談するまい・・・!」と決意したのでした。
たぶんお互いに小さいのにとても大人な子供だったんじゃないでしょうか?
子供は大人が信じられないくらいクールだったり、ウソを見抜いてたりします。
今は
子供っぽい母親らしいです。。。何故??
あ、素敵なサイト教えてくれてありがとう♪
2009/03/19 13:06  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
-  -
解るような気がする。

私も そう・・・

子宮ガンの手術も 発見されたその時に 自分で子宮ごと摘出を決め 手術申し込みをしてきた・・・丁度1年前。

夫や親には 相談したところで現実は何も変わらず、かえって心配される方が面倒 自分で決め進まなくてはならないと 普通に、自然に思っていた。

思考というのは 全てにおいて 何か共通のものがあるのかもしれませんね。
2009/03/19 11:04  | URL | のりか #-[ 編集] ▲ top
- あむさま -
あむさんの美学、素敵です。
あむさんの場合、泣くことも相談するこもできるけどポリシーに反するからしないって
スタンスに見えるんですが、どうでしょう?
特別な人だけにこっそり見せてあげるご褒美のようなもの...みたいな(^^;

私の場合、かっこ悪いっていうのも無きにしも非ずなんですが
できないっていうのが本音かもしれませんね~(^^;
自分がサーモスタットを外して、泣いたり頼ったりしたら相手は必ず共倒れになるか、
壊れてしまう。そんな確信が心の中に巣くっているような気がします。

たまに自分が小人の国に迷い込んだガリバーのようだなと思うことがあります。
自分が思いっきり抱きしめたら小人たちは死んでしまう。
だからいつもおっかなびっくりそっと触れることしかできない....みたいな。

もの凄い猛毒をお腹の中に抱えているので、普段は中途半端に「イイ人」を
演じている、仮面を被っているのかもしれないなぁ...とかも(^^;
それでも近しい人たちは私の隠しても滲み出てしまう毒性に
ちゃんと気づいているようですけども(^^;
2009/03/18 23:04  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
私も自分のことについて人に相談しません。
やはり子供の頃から人前で泣くのはかっこわるい、人に頼るのもかっこわるい、って思っていたんだろうと。
そのことはそれでいいのだけど。

相手がいることに関しても、相手とすらあまり話し合わないなぁ。
だって自分の中で結論出ちゃうから。
熟桃さんよりかわいげのない女もおりますのでご安心ください(違w)。
2009/03/18 20:57  | URL | あむ #kPOYZH2U[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/519-9d5b3de4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。