FC2ブログ
2006 07 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Mother Port
2009/06/15(Mon)

女は港、男は船。


船は荒波にもまれて航海を終えると、暖かい灯を目指して港へ帰る。

港、港に女あり、短期逗留の港もあれば母港もある。

なぁんて良く言う話だが、うちの場合は....



華やかなオフ会の翌日、なんとなく昨日の余韻を引きずって

ベッドの上でごろごろと過ごしていた。

突然鳴った携帯にちょっとびっくりしながらメールを開くと彼氏君からのメッセージ。


「今日は実家?それとも部屋にいるの?」


いつもの「うちの部屋に遊びに行きたい」メッセージだ。

本当はちょっとのんびりしたい気分だったが、これを逃すと次ぎがいつになるかわからない。

せっかくのチャンスは逃す手はないと、部屋を見渡し準備に必要な時間をすぐさま割り出し返信した。


「部屋だよ、今起きたとこ。仕事中?」


リネンをひっぺがし新しいシーツを取り出しベッドの上を整える。

宴でいただいたプレゼントでいっぱいになったテーブルの上を片付けているところへ

今から遊びにいっていい?とのメールが着信する。

掃除機を片手にOKのメールを打つと早々に掃除を済ませバスルームに飛び込んだ。


.....なんて毎度こんな感じで始まる彼との逢瀬。

一見、私が彼を迎え入れる『港』のように見えるかもしれないが....実は逆。

珍しく昼過ぎから夜にかけてゆっくりと過ごす時間の中で、グラス片手に

時に彼に寄り添い、または彼の腕の中で丸くなる猫のように喉ならしながら

彼の低く静かに響く声を聞く。


「(自分の)見えないところはいいんだよ。今(私が)ここにいるんだから。」

「(余所で)なにかあっても俺のとこに戻ってくれればいいと、そう思うんだ。」



そんなセリフを酔いにまかせ、ぽつりぽつりと口にする彼を眺めながら

まるで私の行動を見透かしているようだ...といつも思う。

が、それはあくまで彼の恋愛論であり現実に即して話している訳ではない......たぶんね。

去るものは追わない主義で執着心の薄い彼の、せいいっぱいの愛情表現......かもしれない。


女は港、男は船。


だけど、海原を彷徨う女船だっているのだ。

【港嗜好】な男がいたって、別に不思議はないだろう。


今のところ、さしずめ彼が私のマザーポートなのは間違いない。


この記事のURL | 逢瀬 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 秘密のコメントさま -
トラブルが解消して何よりです~♪
急ですとびっくりしてしまいますよね~(^^;

新しい趣味を開拓されたようで楽しまれていますね☆
私もキラキラしているものはけっこう好きです♪
作品の掲載、楽しみにしております~
2009/06/19 20:56  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 笹の葉 -
あははは、女船友の会って(^^;
さしずめ「兄弟舟」ならぬ「姉妹船」とか歌っちゃいそうですね~♪

港嗜好の男性って、ある意味自分にゆるぎない自信があるんでしょうね~
「帰ってくる場所はしょせん俺のとこ」っていう自信と
「帰って来なければ、それはそれでよし」という自信というか。

たまぁに、その自信を揺るがせてやろうか....なんて思ったりします~♪
2009/06/19 20:47  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/19 16:36  | | #[ 編集] ▲ top
- うらやましいです! -
世の男性がみーんな港嗜好だったら天国です♪(大バカな発言ですが)
女船友の会作りましょう~!!熟桃さん会長で是非!
常時遠洋漁業中より
2009/06/19 10:59  | URL | 笹の葉 #-[ 編集] ▲ top
- のりかさま -
確かに私の本質を思っている以上に理解しているのかも・・・・しれませんね~(^^;
が、さすがに現実に起こっていることはご存知ないとは思いますが。
それでも、そういうことも含めて「想定内」だという余裕はなんとも、ね(^^;

結局、その通りに帰港してしまう訳ですから釈迦の手の平の上かも~(^^;
2009/06/17 01:50  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- まこさま -
『ぽんぽん船』なんだかまこさんぽくって可愛いですね。のどかな感じが素敵です~♪
私も大海原までは出ていかず、良さそうな港をあちこちうろつくフィーダー船ってとこかも(^^;

彼が私を港にせずに放牧しておくのは、ある種の自信のあらわれかもしれませんね~
どうせここに帰ってくるんだろ?みたいな(^^;
それはそれでちょっと癪に障るような、首の辺りがくすぐったいような気もします~(^^;
2009/06/17 01:39  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
う~ん 深イイ話ですね。
けど、いつも思いますが 熟桃さんの彼 鋭いお方で・・・

何となく解っていて言っているような、
でも
知らずして いつも熟桃さんを理解しているからこそ こういう台詞が出てくるとも。

いずれにしても 絶妙な関係を保っていらっしゃるv-238

そしてもうひとつ、絶妙なルーチンが 二人の関係を円滑にしているのもv-426
2009/06/16 20:06  | URL | のりか #-[ 編集] ▲ top
-  -
女を港にしないで、思う存分航海させてくれる男のほうが、上等なんじゃないかと、思う今日この頃です。

特に、熟桃さんのような好奇心旺盛な女性には^^

わたしも港になるつもりはないのですが、かといって大海原に出て行くこともなく、港内をうろつく『ぽんぽん船』^^;
2009/06/16 10:37  | URL | まこ #C/VgCf6Q[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/557-6a8aabab

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。