FC2ブログ
2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
女子欠乏症
2010/02/02(Tue)

いくつになっても女性の中には『女の子』が棲んでいる。

男が少年の心を忘れないように

女の心の中には少女の心が息づいている.....



なんて言う話もあるけれど、私の中には存在しない。

日々の生活に追われ、すっかり磨り減ってしまった....のではない。

最初から『女の子』は存在しないのだ。

別に親のお腹から成人した状態で生まれた訳でなし

赤子として生まれ、幼児、児童と人並みに徐々に育っていった。

性別はXX、第二次性徴期にはこれまた人並み程度に胸もふくらんだ。

間違いなく性別は女だけれど『女の子』ではなかった。

そう、ただの子供、トランスジェンダーな子供だった。


小学生時代、まさにリアルなガールズ・トークが始まると

やれやれと言う気分で頭はほとんど上の空。

早く校庭でドッチボールやガンバコがしたくて目はうつろ。

「女の子ってこういうの好きだもんねぇ♪」という同級生のセリフに

心の中で、いや私はべつに....といつもつぶやく。

キラキラしたものにも興味はあったが

カラスが光るものに惹かれるようなもの。

特に女性的なものが好きな訳でもなく

男性的なものだけが好きだという訳でもない。

推理小説でも、スーパーカーでも、着せ替え人形でも、改造人間でも。

自分が気に入ったものが好き、というだけ。


日本人なら....だろうとか、女の子ならこうだろうとか

そういう枠組みに嵌められるのが鬱陶しくて

共感する意識を共有するように迫られるのも疎ましくて

変わり者扱いでけっこう、私のことは放っておいてねと願っていた。

『女の子』が『女の子』同士で盛上がっているのは微笑ましく眺めるけど

一緒に盛上がろうよと手を引かれるのは...丁重にご辞退していた。

とにかく、一刻も早くこの居心地の悪い「女子」と呼ばれる世界から

脱出したかった子供時代。

そんな変わり者で自身の好奇心優先な子供が大きくなり、女になった。

私のレジュメには子供時代はあっても『女の子』時代はない。


ハイティーン(十代後半)から精神的に女になって三十年近く。

今は女である自分にとても満足している。

私が違和感を持ったのは『女の子』であって『女』ではない。

なんの枠にも囚われず、自らの性を謳歌する女。

母の顔も、妻の顔も持たない、ただひたすらな女。

と言っても感性はどこかXYに近いかもしれないが。


心の中のどこを覗いても、こんな女の私の中に『女の子』は存在しない。

ただお仕置き系スパンキング行為に耽る時だけ、『子供』の私が顔をだす。

男でも女でもない『生意気で悪戯好きな子供』が息をひそめて

理性の鎧の中から開放されるのを待ちわびている。

それはけして『女の子』の顔は持っていない。


いや、女どころか人でもない『性悪な野良猫』だったっけ。



この記事のURL | ひとりごと | CM(12) | TB(0) | ▲ top
コメント
- みの りかさま -
女の子の連れションですね~(^^;
確かに一緒にトイレも「女の子」ならではのコミニュケーションですよね。
いつか終わるから...という認識、なかなか達観していていいですね~
私は元来気が短いので「とっとと終わってくれ!」と思ってましたよ(^^;

「女の子」なんて表現していますが、子犬の群れに強制収容された
野良猫だったのかもしれませんね~(^^;
2010/02/09 22:50  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- わかります~ -
私も一人が好きだったので。勿論『トイレは一人で』派です。何故一緒に行かなくてはいけないのか、意味がわからなかったですね。個室に二人で入る訳でもないのに。
しかし私は、こういう事はこの時期だけの独特の『くせ』みたいなもんだと何故か認識していて、「いつか終わるからとりあえず付き合っとこう」と思っていました。
苦痛ではあまりなくて年中行事?的なもんかな、と達観していました。(何様・・・)
2010/02/09 12:41  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
- みの りかさま -
いえいえ、本来「女子」は女学生的な意味合いが正しいのだと思いますが
最近は「女子力」のような使い方が一般化しているようですので。
たぶん、「女性的な」や「女性の魅力」みたいな意味合いかな、と。

仰る通り女子=同性同士で群れるのが楽しいというのであれば
やはりいっさいそういうことが楽しいと思ったことはないですね。
早くこの半強制的な集団生活から開放されたいと願っていました(^^;
また一人でいること=問題あり...という認識が面倒でしたし。
たぶん、御しがたい子供だったでしょうね~(^^;
2010/02/08 01:26  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- そうなんだ~ -
私の感覚では「女子」=小学校~高校までの女の子ですね。またその中でも「女の子」=小学校までの女子です。だから、女子=小学校までは女の子。中学生~高校生までは女子と区分けしております。
私の場合は「女子」=同性同士で群れるのが意味なく楽しい時期、だと認識しています。「女子」=女性らしさの発想はなかったですね。・・・変わってるのかな??
2010/02/07 22:40  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
- みの りかさま -
この時期、体調を崩される方多いですよね。
具合が悪いのにお仕事の助っ人、お疲れさまでございます~m(__)m
やっぱり経験者のサポートは心強いものですから
頼りにされてしまうのでしょうね~(*o*)
オープン時はなかなか大変でしょうが
できるだけ御身大切になさってくださいね。

今回、ちょっと私の表現があいまいだったせいで
わかりにくくなってしまったかもしれません。
「女子」=女性らしさ という認識の方が一般的ですよね。
私の感覚では「女子」はあくまでも「女の子」なんですよ(^^;
そういう意味では私の中には「女子」は存在しないんです。

で、女性らしさは...どうでしょう?(^^;
「女」であることは謳歌しておりますが
ほとんど「女性らしさ」も意識していないですね~
生活が仕事中心と言うこともあって性差に関係なく
自分らしさが一番かなと思っております♪

たぶん子供の頃から変わらずこんな意識だったので
かなり変わった子供だったかもしれません~(^^;
2010/02/05 11:47  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- ゴホゴホ -
v-4001/31から大風邪をひいてしまいました。。。その上急遽友人が新規オープンさせたコンビニに経験者だということで2月だけヘルプにはいることになり、これから11時から慣らしでシフトに入らなければいけません。風邪が治ってないのに~v-388

私は熟桃さんがジ氏欠乏症だとは思っていませんよ。
ただ子供のころから精神が大人だったのだと思うのです。
何故なら私も熟桃さんの記事について自分の子供の時を思い返してみるとそうだったからなのですv-405でも私の場合はそれに気づいてなかったという・・・・今考えるとかなりイタイ女の子だったのではないかと。。。。v-406
2010/02/05 09:53  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
- のりかさま -
そうなんですよ~(^^;<「女の子」というものが存在せずに「女」

うーん...変わり者ではありますが、カッコ良くはなさそうです~(^^;
あまりに「女」であることに貪欲ですから。
ある意味、宇宙人が「女」に乗り移って「女」を生きることを
愉しんでいる...そんな感じかもしれませんね~(^^;
2010/02/03 14:10  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
なるほど 「女の子」というものが存在せず「女」

カッコイイ!

はて、自分はどうだろう?
ここへ訪れる皆さんが このテーマで考えさせられたでしょう。
すでにここの段階で ありがとうを言いたい。
考えた事なかったもんなぁ~・・・

私は 常に120%女祭り全開です(笑)
 
2010/02/03 12:18  | URL | のりか #-[ 編集] ▲ top
- Sarahさま -
身に余るお褒めの言葉、かたじけなく存じ上げます~m(__)m

あぁ、そうでしたよね♪
Sarahさんも既成枠にとらわれるのを良しとしない方でしたよね。

確かに今は生物学的な「女」を謳歌させていただいておりますが
そこには「女子」も「女の子」も存在しないんです(^^;
私の場合、「女」を楽しむのに必ずしも「女の子」は必要ないのかも。

代わりに「反抗的で悪戯好きな子供」が巣食っていますから~(^^;
2010/02/03 02:07  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- あぁ とっても共鳴! -
熟桃さん、
こんばんは。

いつも 「うんうん」って拝読してるけど
今回のこの言の葉も とっても共鳴!

> 日本人なら....だろうとか、女の子ならこうだろうとか
> そういう枠組みに嵌められるのが鬱陶しくて
> 共感する意識を共有するように迫られるのも疎ましくて

特にこのあたり
やっぱり 全くおんなじように感じながら ずっときました。

もともと両親とも 既存の枠に嵌んない人たちだったので
自由にのびのびと育てられました。
そのおかげか
既にこうあるべき みたいなカテゴライズされた事柄を
外から無言の圧力で強要されるような不快な感触があると
すぐに感じ取る Sarah 的嗅覚が見事に発達。
それに、若い頃は今よりも 如才なくやり過ごす ってことが苦手だったので
かなりおてんばなコだと みられていたようです。
分類するなら かなーり男子気質だと想うから。。
(友人たちからは 変わった子だと想われてたようでもあるけれど)

ねぇ ところで“女子欠乏症”の “女子” っていったい何なんでしょうねぇ。。。
生物学的には女子ってこと それを楽しんでるのなら もうそれで十分じゃないの?
なぁんて 素朴に想うことからして、
「あんた 生意気なコね 女子欠乏ジャン!」って声が 何処からとも無く とんできたりしてね (苦笑)


わたしは 熟桃さんの 聡明さと 細やかな気配りが出来るところ
とーっても好きだし じゅーーーーーぶん 女子欠乏症 なんかじゃないと想うんだけどな。。。 :-)

2010/02/03 00:28  | URL | Sarah #RTPFDUqo[ 編集] ▲ top
- バタフライさま -
女性らしいとのお言葉痛み入ります~m(__)m
女性らしさがあるかどうか、自分ではよくわかりませんが
女であることを楽しんでいる自覚はあります~♪

ただ「女の子」や「乙女心」はほんとに皆無なんですよ~(^^;
これは照れ隠しでもなんでもなくって...ただないんです。
いやーん♪な気持ちも、きゃぁ!きれい☆も、あぁんん、かわいぃ☆もありません。
うぉ!めちゃおもしろそう!や、すっげぇ、楽しい!はあります(^^;
ただ、これも複数で共有しようという意識もほとんどありません。
たまたま飲み友(男)と飲んだ時に話題にするくらいですね~(^^;

たぶんこういう意識のせいで、いっさいの羞恥プレイに反応しないのだなぁと
改めて再認識したところです~(^^;
2010/02/03 00:01  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- そうなんですね? -
お見かけしたわけでは 無いのでよく解りませんが
まこさんへのプレゼントや 色んなコメントから 熟桃さんから女性らしさを感じているのですが?・・・
(照れ隠しじゃ ないのでしょうか?)

バタフライもドッジボール等 スポーツ大好きで いつの時代でも今と一番変化が著しいのは私 と言うくらい 少年のような女の子でしたから(下級生の女子から バレンタインにチョコたくさん頂きました) 普通になっただけでも 一番変わった風に見られていますよ

ねちねちしたガールズトークは 今でも好きじゃないけど 好きな人の話や エロ話には乗り出しちゃいますね

女の子じゃなくても 良いじゃないですかね
素敵な『メス野良猫』の 自由奔放ぶりが大好きですe-266

いっぱい お話聞きたいですも~~~んv-10



2010/02/02 17:58  | URL | バタフライ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/620-231de831

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。