FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初逢瀬2010
2010/02/12(Fri)

先月末に逢うはずだったのが、互いの仕事に都合で二度ほど延期となり

ようやく彼氏君との姫始めの運びとなった。

愛人諸氏とのコトは済んでいたが、やはり彼との初逢瀬がないと

なんとなく年が明けた気がしない。


待ち合わせたのは大きな赤い提灯がぶらさがった門の前。

木枯らし吹く中、出張帰りの大きなバッグを手に彼が立っていた。



まだ宵の口だと言うのに、すでにシャター商店街な土産物店の路地を抜け境内へ。

一月遅れの参拝を済ませ、北風に凍えたカラダを暖めるべく程近いラブホへ入った。

彼とホテルなんて珍しいこと、コンパクトな作りの部屋でうろうろとしてしまう。

気を回すことはないとは思うが、愛人諸氏と過ごすようにパタパタと

あまり効率よく動くのもどうかと思い、少々間が悪いくらいの所作でコートを掛けた。

彼をバスルームに送ると、ようやく落ち着いた気分で部屋内をチェック。

携帯をマナーモードに切り替え、エアコンを調整しタオルとガウンを用意する。

湯気を背に出てきた彼にタオルを渡し、背中からガウンを着せかける。

下着姿、右手にタオルを持ち彼の横をすり抜けようとすると、肩をつかまれキスされた。

少し湿った暖かいカラダに包まれ、木枯らしに冷え切ったカラダがほっと緩む。

このまま彼に任せているとベッドに押し倒されそうになると、やんわりと肩の手をはずし

足元に落としたタオルを手にバスルームに入った。


バスルームを出ると部屋はすっかり暖まり、ベッドの上にほほ杖をついた彼がいた。

濡れた毛先をタオルで挟むように乾かしながらベッドに近づくと

そのまま腕を引かれ彼の腕の中に。

先ほどの続きのような口付けを受けながら、手はお互いのカラダを這うようにうごめく。

胸の先のチェリーをきつく摘まれ、うめき声が合わせた口元からこぼれる。

下へ下へと伸ばした手が、すっかり元気いっぱいな彼の分身を捉えゆっくりと握りしめる。

今度は彼の口から甘いうめき声がこぼれた。

そのままカラダを下に移し、その分身に濡れた舌を添わせる。

下から幹を舐め上げ、槍先に口付けする。

一度唇を離し、舌でたっぷりと唇を湿らすともう一度槍先に吸い付いた。

すぐに咥えたりなどしない、じっくりと焦らしぬるぬると湿らせてからだ。

左手で幹を上下に愛撫しながら、頭の部分だけくるくると閉じた唇で撫で回す。

焦れたように腰がうごめくのを感じ、濡れた半開きの唇でずるりと飲み込む。

後はいつものように私の気が済むまでなぶり続けるのだ。

そのつもりでいたはずが、くるりと体勢を反され彼の顔が私のあそこの下へ。

苦手な69に持ち込まれてしまい調子が狂う。

逃げる腰を捉まれ念入りな愛撫に気が散ってしまい、ついつい彼から口を離してしまう。

何度も気を取り直しては咥えるのだが、どうしても気が入らずとうとう逃げるように

彼の上を降りて仰向けにベッドに手をついた。

追いかけるように彼が私のカラダをひっくり返し腰を抱えると、ずぶりと彼自身を突き立てる。

長い悲鳴のような声が口からこぼれ、その圧迫感にうめき声をあげる。

いつもの自室の情事と違い、声を抑える必要のない状況にいつになく大きな声があふれ出て

自制が利かずまだ残っている理性がはらはらとするが、どうにもならない。

それに刺激されてか声をあげるたびに鋭い平手が右、左と尻に降ってくる。

叩かれるたびに自分の中が収縮し、その刺激にまたうめき声をあげてしまう。

エンドレスな刺激に残っていた理性も消え、痛みと快感を貪ることだけで頭がいっぱいになる。


「痛い!いや!あぁ!..ごめんなさい!..いぃ!気持ちいい!あ...あぁ!」


とりとめのない言葉とあえぎ声が口からでるが、まるで遠くで聞こえるようだ。

あまりの激しい動きにつぶれた腰を掴み、また私のカラダを反すと

今度は割った両足を抱えて彼が押し入ってきた。

右手で私のクリトリスを責めながら、ゆっくりと腰を前後に進めた。

カラダを前傾させると、かぶさるように唇を重ねてくる。


カラダの中も、心の中も彼でいっぱいだ。

ようやく私の年も明けたようだ。




この記事のURL | 逢瀬 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
コメント
- のりかさま -
共感していただいてありがとうございます~m(__)m
私ものりかさんの記事をつい自分に置換えて読んでいたりして(^^;
カラダと心が満タンになる感じ、格別ですね~☆
2010/02/16 09:53  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
カラダの中も、心の中も彼でいっぱいだ

これ、凄い解る~!!!!!
解る 解る 解る~v-352
2010/02/15 20:26  | URL | のりか #-[ 編集] ▲ top
- 秘密のコメントさま -
おぉ、一年ぶりの解禁ですかぁ☆
ぜひ素敵なお話をお聞かせくださいませ~♪
それにしても、世界は狭いものですね~(^^;
2010/02/14 19:20  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/14 08:59  | | #[ 編集] ▲ top
- 千都さま -
確かに「逢瀬」という響きは儚さを感じる素敵な言葉ですよね♪
ただし私の場合は少々生々しいニュアンスも混じってしまうのですが(^^;

彼との時間は惚れた弱みもあってかなり甘めとなってしまいます。
その分、愛人諸氏とのスパイシーな時間が必要なのかもしれませんね~(^^;

2010/02/13 15:03  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
-  -
逢瀬って 素敵な言葉ですよね。
この時間を大事にしている熟桃さんの気持ちが伝わってくるような。

充電後の活躍も楽しみにしています♪
2010/02/13 11:58  | URL | 千都 #ReOT891Y[ 編集] ▲ top
- Sarahさま -
はい、ありがとうございます~m(__)m

おかげさまでようやく年が明けた気分です。
前倒しでバレンタインも済ませちゃいました(^^;
取りあえず「彼氏エキス」は充電しましたので
また外歩きに出ようかと思います~☆
2010/02/13 11:04  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- バタフライさま -
ちょっとエロ風味過多でしたでしょうか?
自分ではそんなに気まぐれとは思わずに行動していましたが
端から見れば充分気ままなんでしょうね~(^^;
基本マイペースなんですがその首根っこを押える気概が欲しい...
と相手に対して望んでしまうんです~(^^;

ようやく年も明けましたのでいろいろと活動を再開しようかと思います☆
2010/02/13 10:53  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- 祝♪ -
熟桃さん、
こんばんは。

そっか そっか
よかったねぇ~♪

誰よりもいっとう大切な人との大切なとき
心身ともに満たされて
ますます円熟味を増されたであろう妖艶な熟桃さんに
乾杯♪
2010/02/13 00:19  | URL | Sarah #RTPFDUqo[ 編集] ▲ top
- いや~~ん♪ -
『ようこそ 熟桃ワールドへ』ですよ~

野良猫ちゃんが 抱き寄せられると スルリと腕を掻い潜り お風呂場に消え 
次に フラリと現れたかと思えば 身を翻して 股間で戯れて  飼い主?が構い始めたら 調子が狂うと プイと余所向きながらも 最後はやっぱりですよねぇ~

彼氏さまにだけ見せる本音ラインの駆引き?やら 色んな場面の描写が 本当に大人です 官能的ですよ~

ようやく 年が明けたからには 後は存分に ペース配分しながら 『野良ちゃんの軒並み気まぐれ散歩』しちゃって下さいね  ご報告を 官能小説を読む態勢で お待ちしております
2010/02/12 18:05  | URL | バタフライ #-[ 編集] ▲ top
- みの りかさま -
少々刺激が強かったでしょうか?(^^;
お戻りになってからゆっくり読んでくださいませ~m(__)m
2010/02/12 14:17  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- よかったですね[s:18242] -
初めてケータイで見た文面がこれで…
回りに隠しながらみましたちゃんと読めてないので帰ってからPCでいつものようにゆっくりみますね
2010/02/12 13:21  | URL | みの りか #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/622-629e24d6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。