FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真夜中過ぎの情事
2010/05/30(Sun)

深夜のチェックイン。

年の離れた男女が重そうな旅行バックを抱えロビーにたたずむ。

フロントから渡されたカードキーを手に、エレベーターに乗り込む二人。

カードに記された高層階に着くと、ドアに差し込み中に入った。



部屋奥に広がる大きめの窓から、スカイツリーの光が入るダブルルーム。

重そうな旅行バックには旅行用の荷物など、ひとつも入っていない。

どちらのバッグの中も、いかがわしい玩具でいっぱいだ。

その中身をベッドサイドのテーブルと、ダブルシーツの上にバラバラと広げ

ひとつひとつ、いつでも使えるようにセットし並べていく。

革の拘束具、革のパドル、アイマスク、さまざまな大きさのバイブ類。

ベッドヘッドやサイドテーブルにきちんと用意すると、女がバスルームに消えた。

男は二つのグラスにアルコールを注ぐ。

グラスの中にはアルコール以外に男が用意したものも入れられた。

女がバスローブ姿で戻ってくると、男が窓辺のテーブルへ手招きした。

男から手渡されたグラスを一息に煽り、ソファーにくつろぐ女。

女と交代に男がタオルを手にバスルームに向かう。

アルコールとそれ以外がゆっくりとカラダに染み込む感覚を楽しむように

女がふぅ...とため息をついた。

カーテンは開け放なたれ、ほのかに光るツリーが部屋を照らしている。

若い牡に食い散らかされる己が姿を思い浮かべ、女の口の端がくっとあがる。

静かな夜がすぐに獣の夜になることを女は知っていた。


夜は更け、獣たちの時間がはじまる。



この記事のURL | 逢瀬 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- バタフライさま -
焦らしてしまってすみません~m(__)m
ここから先は下世話な色事話になってしまうので、今回はここまでで(^^;

その代わり近日中に同じく愛人B君からみでもう少し刺激的な逢瀬記事を
書く予定ですので、もうしばらくお待ち下さいませ~m(__)m
2010/06/03 12:37  | URL | 熟桃 #nEx7PFYA[ 編集] ▲ top
- お願いします! -
焦らさないで・・・

 獣たちの 淫宴 早く 聞かせてくださいっ!


だって 熟桃さん うま過ぎるんだもんっwv-10
2010/06/02 13:14  | URL | バタフライ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://peach1999.blog84.fc2.com/tb.php/647-327c69de

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。