FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 中の一
2007/09/28(Fri)


半分勢いで決めてしまった実技面接の日程、土日に他の応募者との面接を

入れてしまったため前日に最終確認が取れず当日を迎えた。

当日の朝、取り急ぎ最終確認のメールを入れる。

が、午前中いっぱい待っても返事がない。

さて、どうしたものか。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 四の巻 「ウール」 上

この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 四の巻 「ウール」 上
2007/09/28(Fri)


実技面接四人目と初めて逢ったのは、二人目の候補者「パパ」と三人目の候補者

「ガチムチ氏」との逢瀬が期せずしてダブルヘッダーになってしまった週末明け

早々のことだった。


      注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 まとめ
2007/07/29(Sun)


ようやく夏休みの宿題、愛人欠員募集の実技面接 参の巻【絶倫】記事がUP終了。

ここで簡単に絶倫ガチムチ氏(通称)のプロフ紹介。


■48歳(2007年5月現在) 170x66 独身 都内在住 車あり

職業 : 出版関係総務経理

嗜好 : ハード・スパンキング好きなスパンカー

スパンキング・テクニック : Good

得意技 : 陵辱系ハード・エッチ ハード・ハンドスパンキング など

特典 : もの凄いタフな体力、半永久的で貪られるような責め系エッチが
      もれなくついてきます。


こちらも一見ごく普通の柔和な感じの中年男性だが、年齢を見事に裏切る

ハード・スパンキング好き(ただし平手嗜好)なスパンカー。

スパンキング自体は経験値の低さから、あまりテクニックを感じられず淡々としたもの。

が、生来のパワーと言うかワイルドさで、終始平手のみでお尻を毛羽立つくらいに

真っ赤に染めて腫れ上がらせる力あり。ただしS濃度は低め。

実は趣味は音楽や絵画など芸術家肌で今はほとんどスポーツらしきことをしていない

物静かなタイプ、なのに恐ろしいほどの体力を保持する絶倫ミドルエイジ。

最後に年齢詐称を告白してくれたのはご愛敬&驚愕でした。

けっしてダブルヘッダーの二人目にしてはいけないタイプです(^^;


★ガチムチ氏との実技面接(お試しプレイ)詳細はこちら★
  注) 文中に出てくる『杏(仮)』は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
面接 参の巻 「絶倫」 中の三
面接 参の巻 「絶倫」 中の四
面接 参の巻 「絶倫」 中の五
面接 参の巻 「絶倫」 中の六
面接 参の巻 「絶倫」 下
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 下
2007/07/29(Sun)


シャワーからあがったガチムチ氏は、先にコンビニで調達したサンドイッチを

食べたり、私が持ってきたオモチャを弄ってみたりと元気いっぱい。

私はと言うと、昨日の昼からほとんど何も口にしていないのに食欲はゼロ。

シャワーを浴びるのもおっくうで貪られたままのカラダをベッドに横たえていた。

さすがに二日続けての実技面接、それも思った以上のハード・スパンキングに

傾向はまるで違うとはいえ、陵辱系のエッチ続きでさすがの私もへとへと。

「これ、使ってみようか?」

ぼんやりした頭で振り返ると、興味津々な表情でアナルバイブを握っている

ガチムチ氏と目があった。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
面接 参の巻 「絶倫」 中の三
面接 参の巻 「絶倫」 中の四
面接 参の巻 「絶倫」 中の五
面接 参の巻 「絶倫」 中の六
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 中の六
2007/07/29(Sun)


ほとんど何も話さず、まるで人形を扱うかのようにガチムチ氏は

私のカラダを好きなように犯していく。

今度は上から叩きつけるように、すりこぎのように太いシフトレバーを

ぐいぐいとねじ込みえぐるように責め立てた。

絶え間ない責めに私のあげる声も掠れ気味になってくる。

時折り思い出したかのように乳房を掴み、大きめの乳首をぐりぐりとつまむ。

ぐちゅぐちゅと音を立てている場所からぬめりをすくって敏感に尖っている

クリトリスを指でなぞり上げるように刺激して、私に甲高い声を上げさせた。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
面接 参の巻 「絶倫」 中の三
面接 参の巻 「絶倫」 中の四
面接 参の巻 「絶倫」 中の五
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 中の五
2007/07/29(Sun)


ガチムチ氏のずりさげられたトランクスから現れたのは

大きな頭を持った太いすりこぎだった。

パパのモノが横にえらの張ったコブラだとすると、ガチムチ氏の息子は

均等に丸く大きなシフトレバーのトップ部分ようだ。

パパほど長さはないが、もしかしたら太さの平均はこちらの方が

まさっているかもしれない。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
面接 参の巻 「絶倫」 中の三
面接 参の巻 「絶倫」 中の四
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 中の四
2007/07/29(Sun)


覆い被さってきたガチムチ氏のキスがどんどん熱を帯びて行くのと同時に

遠慮がちだった愛撫がだんだんと大胆になっていく。

右胸を少し強めに掴まれて、思わず抵抗するように手で押しかえそうとすると

その右手を取られて頭の上で押さえつけられた。

「あっ…あぅ..ん..」

ちょっと驚いて離した唇から抵抗したのとは裏腹に甘い声がもれてしまう。

その喘ぎ声にそそのかされて、ガチムチ氏の左手がすでにとろけかかった

私の熱いアソコへ太い指を滑り込ませ敏感な部分をぐにぐにと責め立てた。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
面接 参の巻 「絶倫」 中の三
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 中の三
2007/07/29(Sun)


「いっ!いったぁぁっ..!」

私のあげる大きな悲鳴も気にせずバッチン、バッチンと叩き続けるガチムチ氏。

痛みで頭が少々混乱しながらも、なかなか根性ある人だなと思う。

強く叩く人、しつこく叩く人、いろいろあるがやはり私の悲鳴や泣き言に

多少なりとも左右されて、叩くスピードや強弱を変えてみたり

お説教じみた言葉をかけてみたりするのだが、彼はあまり動じないようだ。

と言うより、夢中になってしまっているのかもしれない。

なぜなら、たまに降ってくる言葉はずっと同じ「お仕置きだ!」だけだから。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 中の二
2007/07/28(Sat)


ガチムチ氏のがっちりした膝の上でバタバタと暴れたため

すでに少しズレ上がってしまったタイトスカートを

大きな厚みのある手でめくりあげられ

まだ自分が着衣のままであったと、その時改めて意識した。

いくら薄い生地とはいえスカートの上からこんなにも

ダメージのあるスパンキングとなると…これはちょっとヤバイかも。

そんな悠長なことを痛みと寝不足でやや朦朧となっていた頭で考えていると

お尻の真ん中にもの凄くキツイ一発が降ってきた。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
面接 参の巻 「絶倫」 中の一
2007/07/27(Fri)


今回のガチムチ系の彼と実技面接のアポを取るまで一週間足らずだったが

お互いお仕置き系スパンキングマニアなこともあり、嗜好のすり合わせも

スムースで他の候補者数十人の中でも特にメールのやりとりを心待ちにする

メンバーの一人だった。

彼のとても穏やかで優しい文章とリンクするように、カフェからホテルまでの

道筋でも、常に私を気遣い自分が車道側になるように歩いてくれる。

この見た目はちょっとガテン系な紳士と一緒に入ったのはSMルームもある

こじんまりとしたホテルだった。


     注) 文中の「杏(仮)」は私こと熟桃の募集時のHNです。

面接 参の巻 「絶倫」 上
この記事のURL | 実技面接(愛人募集)2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。